■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラーメン二郎 鶴見店


いや~、遂に大型連休が終わってしまいました。

これからはそうそうお出かけもできないでしょう。


いや~、お金使ったなぁ~~~!!


電車代もばかにならないことを知りました。

これからは、少し地味に行動しようかな、と思っています。


さて、今回は『ラーメン二郎 鶴見店』に行ってまいりました。


はい!

また二郎だよっ☆


もう開き直っちゃう。

行くよ~。

これからも。


さて、この『ラーメン二郎 鶴見店』

今まで行った二郎の中でも、とびっきりアクセスが悪い!!

だいたい最寄り駅が『生麦駅』で、歩けば10分以上はかかるし、

坂道が多いのだから、大変です。

車を利用できる人にしか薦められない。


そんな『ラーメン二郎 鶴見店』に隣接するように『大黒屋』があります。

『二郎』の方は並んでいるけど、『大黒屋』のほうは、2・3人と閑散した感じ。

・・・なんだか、虚しくならないのか?と余計な心配をしちゃいました。


待ち人は4人程。道路沿いに違法駐車しているのだから、さぞかし気が急いているのでしょう。ソワソワ落ち着かない感じでした。

僕は『小ブタ(660円)』を購入。

しばらくして、カウンターの角が折れた場所、非常に落ち着かない席に陣取ることに。


それにしても、ここのお店はラーメン作りが特殊ですね。

店主らしき方が麺を茹で、ベースとなるところまで調理していますが、その後交代というように助手の方がスープの量を調整しトッピング。

その間に店主は奥手の冷蔵庫にあるジュースを飲んだり、イスに座って一服したり・・・。

昼間の営業を一時中止というのもあってか、『しんどそう』というイメージ。

『麺香房 暖々』の店主の10分の1も働いてないんじゃ・・・?

と思いましたが、ま、それはそれ。


程なくして、助手の方に、『はい、小ブタの方』と手を差し出される。

僕は『ヤサイニンニクアブラで』とスラ~っと返しました。

(いやー、コールがうまくなったもんだ)

そしてこれだ。
jiroturumi.gif


・・・・・・

知ってた!!

知ってたよ!盛りが少ないことくらい!!

でもよ~・・・

こりゃちょっと寂しいんでないかい??

スープばっかり多くて、中身が少なくないかいっ!?

と思いましたが、ま、これは普通のラーメン屋と比べても、一般的物量と言えるでしょう。


ではいただきますっ!


まずは、スープを一口・・・


「(゚ペ)アリャ?


薄い・・・。

いや、そりゃ脂も多いし、豚骨醤油の味わいはします。

だけど、コクっていえばいいでしょうか?

美味しいラーメン特有の深い味がなく、薄いんです。

薄味っていえば聞こえがいいでしょうが、味が薄いっていう表現だと、ラーメンとして致命的に聴こえます。

そんな感じです。

『ラーメン二郎』として、致命的に味が弱い。

麺は非常に良く出来ているし、チャーシューも少ししょっぱかったけれど、問題なく上出来なものでした。

ただ、量といい味といい、『これが二郎?』と疑わしく思っちゃう気持ちは最後まで拭えませんでした。


総評:★★


『二郎』を食べて初めて、『もう一杯いけるわ』

と思いました。


帰り際に見た国道1号には、たくさんの車が駐車していました。

路注してある車の中には品川ナンバーのものも。

遠方からでも、食べに来る人はいます。

他の系列店と比べてしまうのは、お門違いかもしれませんが、

比べられてしまっても、負けないという心意気は欲しいですね。



jiroturumi2.gif

スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。