■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



家二郎 -interlude-


なぜにそこまでの衝動に駆られるか・・・?

夢の具現のため、さ。


ということで、前回に続き、今回も家二郎に挑戦の巻っ!


今回は本格派!


さて、そんな本格的な行動に移る前には、下準備が必要です。

スープとカエシ、肉、野菜などは調理担当のチーフにお任せし、

僕は麺を求めにここに訪れました。
nakadoori.gif


ここ鶴見の、仲通商店街『沖縄区』とも言われ、沖縄出身者や、2世3世の方が多くいらっしゃるようです。

そのため、沖縄料理店や沖縄物産など、沖縄にまつわるものがたくさんあるというのです。

一応、鶴見の観光地みたいです。


っていっても、おだやかーな、正直寂れた普通の商店街でした。

活気に溢れた感じはまったくなく、開いている店の方が少ない印象。


さておき、本題。

ここに何をしに来たのか。

それは、二郎の麺を再現するに、『沖縄そば』が一番近いのではないか?という情報を手に入れたからです。

そして、訪れたのはここ。
littleokinawa.gif


『(株)沖縄物産センター』

この店ですべての沖縄的な食品は手に入るでしょう。

すこぶる便利なお店ですが、この一店舗で事足りてしまうのだから、なんだか物悲しいものはあります。

沖縄独特の珍しい食品が数多くありましたが、そういったものには目もくれず、ただただ『沖縄そば』を求める。

そして発見!

どうやら、1人前用、1キロ、10パック入りと売られていて、

平均化すると1人前120円くらい。

それを16人前購入!!


その後、一応沖縄そばを試してみたくなったので、近くにあったお店に入店。
yardgi.gif


『ヤージ小』

というお店でしょうか?

詳しくお店の名前を調べておかなかったので、断言はできませんが、このお店の『ソーキそば(700円)』を注文。

それがこれだ。
soukisoba.gif


『ソーキ』とはあばら骨スペアリブのことらしく、味付けに『泡盛』を使用することで、その様な名称になるらしいです。

そのお肉がゴロッと4つほど。

お肉は、ホロリと柔らかく煮込まれており、味付けも程よく薄味で美味しい。

スープも鰹と昆布のダシがあっさりとしていて、優しい味。

麺は購入したものといささか違うものであったけれど、平打ち麺でほうとうの細いような印象。ツルツルと食べれるしクセがない分食べやすい。

総じて、夜食に食べたいな、と思いました。


さて、次回では本格派家二郎をレポート!

おっ楽しみに~。

スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。