■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



てんか 鶴見店


金曜日は朝にすっごい雨降ったけれど、

昼頃にはもう快晴!

そんでもって風つおい!!


そんな金曜のお昼はラーメン!

って何だか自分ルールを作っちゃったようで、

『今日もいこ』と思ってしまうのだからしょうがない。


今回は

『てんか 鶴見店』

元は『つるみ堂』というラーメン店が改名(?)してこのお店になったようで。

何やら二郎風なラーメンを出す、という噂を聞き、春風吹きすさぶ中、ゴー!!

tenka.gif


店外にはたくさんのメニューが貼られているし、様々な注意書きはあるし、いろんな物は置いてあるしで、乱雑しているけれど、外見はなんとなく良い店っぽく見える。

入店すると、少々強持ての店主とおそらく奥さんらしき方二人で切り盛りしていた。

僕はとりあえず、基本っぽい『とろとろ肉そば+大盛り(750円)』を注文。

すると、奥さんが小さめなフライパンで肉を焼き始めた。

ふーん、ここはフライパンで炙るんだぁ・・・と思いながら程なくして、

『にんにくは入れますか?』

と二郎的発言!

店内にある注意書きを見ると、

『野菜増し、ニンニク増し、唐辛子増し無料!』

と謳っている。

こりゃ、完全に二郎をインスパイアしていらっしゃるね。

ということですが、ここは二郎ではないので、

『野菜と、ニンニク入れてください。』

と言ってみる。

そしてこれだ。

tenka2.gif

全然二郎じゃねぇ!!

と思ったものの、いただいてみる。

うん、

二郎じゃねぇ!!

麺は浅草開花楼製、チャーシューは宮崎県産黒豚、スープの醤油は五日市の本丸大豆醤油を使っている、と注意書きにもあるとおり、それぞれがしっかりと個性は発揮している。

特に

この浅草開花楼というのは調べたところによると、老舗の製麺所のようで、『六厘舎』『TETSU』など有名店にも出荷しているようです。

確かにこの麺はすごい!

中太麺では、歯ごたえのモチモチっぷり、噛み締めた時の弾力は今まで食べた麺の中でも相当なもの。

ただ二郎好きな人々には少しツルツルしていて上品さが気にかかるところでしょうか。


とろとろ肉といわれる、黒豚も美味しい。

ただ脂が強いため、胃がもたれそうです。

フライパンで焼かれているから、どうしても家庭的な味わいに。

贅沢を申すなら、やっぱり炭で炙ってほしいところです。


僕的に、如何ともしがたいのが、スープ。

確かに良い醤油を使っているのかな?ということは分かる。

ただ、味付けがしつこい!

鰹節を効かせた味付けが僕には合わないようです。


豚骨と醤油のWスープというのを後で知って、

ほんとかよ!?と思っちゃいましたが、

醤油と鰹節によるパンチが強すぎて、食べていく途中から飽きてくる。


『まだあるのかぁ~・・・』

と思っちゃいました。

総評:★★☆

『永福町大勝軒』のスープ。
『めん創桜花』のチャーシュー。
『ラーメン二郎』の麺と理念。

そのすべて亜流

といった印象でした。


つけ麺もオススメのようですが、

『TETSU』の亜流なんでしょうかね?

多くの有名店からの庇護も受けているようですが、

『ゆるぎない味ひとつ』を目指して頑張ってほしいですね。



スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。