■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



川崎 大勝軒


テレビつけたら『昇神 角ふじ』のふじ盛りがでていて笑った。


ということで、おいしいとこどりをする角ふじが微妙にインスパイアしている、『池袋大勝軒』。

その直系のお店に伺いました。

kawasakitaisyouken2.jpg

『川崎 大勝軒』

ま、川崎大勝軒と謳っているわけではないのですが、川崎市川崎区にある大勝軒なので、そういう通り名になっているみたい。

県立川崎高校の目の前にあるから、『大勝軒 川崎高校前店』でもいいかも。


今回は、京浜急行線『八丁畷』駅から歩いて来ましたが、八丁畷駅には地図もないので、ちょっと困りました。

コンビニ店員のマダムに聞いたら、第一京浜を越え、道なりをまっすぐで川崎高校前という信号があることを教えてくれる。

来てしまうと、意外と分かりやすい道程でした。


13時20分着。待ちはなく店内に1名。

昼時の長閑な空気が流れる中、券売機にて『もりそば(800円)』を購入。

・・・いつの間にこんなに高くなったのでしょうか?

ってか『あつもり』で20円増しって・・・マジか・・・?


食券を提出し、昼ドラの音を聞きながら時を待つ。

厨房内では3名体制。

店主らしき方と奥様らしき方とお母さんらしき方。

厨房内にはお子さんの小さな絵画も貼ってあり、ファミリーな雰囲気がありますね。

山岸さんとの写真、色紙などを見ると、このお店の奮闘っぷりが思われます。


スープは店主、麺あげは奥様が担当。

しかし、奥様の麺あげは非常にダイナミックですねー。

ざるで麺を洗い、水が滴っているのも構わず器に入れる。

最後に器を傾け、水を切っていましたが、不安要素を感じる仕上げ方はちょっといただけないかなぁ。


とにかく出てきました!

kawasakitaisyouken.jpg

ほんとに久方ぶりーの大勝軒!


ではいただきまーす!


まずはスープ!

kawasakitaisyouken3.jpg

レンゲでズッ!と一口。

・・・・・・・


あまーい!!

んで、からーい!!


これぞ『東池袋大勝軒』って感じのスープですね!

いや、あんまり良い意味じゃないですよ?


砂糖の甘さ、一味の辛さ。これがかなりパンチ効いてる。

東池袋大勝軒らしさを突出したスープ。

正直、このスープでは大人にも子どもにも受け入れ難いものな気がしちゃいます。

大人にしてみたら甘すぎるし、子どもにしてみたら辛すぎる。

ベースとなる動物系の弱さも感じてしまう。


麺はどうでしょう!

kawasakitaisyouken4.jpg

これはとても良い麺だと思います。

ツルツルのモチモチで、味もある美味しい麺。

歯応え、味わい、東池袋大勝軒の麺としてかなりハイレベルな出来だと思いました。

惜しむらくは、やはり溜まってしまっていた水。

その水で麺の持ち味は大して損なわれるものではありませんが、きっちりと水切りをするお店と比べると、心象が変わってきてしまいます。

最後まで妥協のない仕事を成してほしかったなぁ、とは思いました。


トッピング!

kawasakitaisyouken5.jpg

大判の肩ロースチャーシュー。1枚を半分にして2枚投入。

なかなか、素材の持ち味が唸る良い味。

肉感のあるチャーシューは好きですね~。

ゆで卵はそれそのまま。大勝軒らしいと言えますか~。


スープの量が非常に多めなので、スープ割りもせず完食いたしました。


総評:★★


『そばはいい・・・だがつゆがな・・・』

って初期の山岡さんの言葉を思い出しました。

大勝軒クラシックが食べたい時には良いかもしれません。

しかし、山岸さんが開発したつけめんは今や大勝軒の味に固執することなく進化し続けています。

『東池袋大勝軒本店』の閉店間際に食べただけの分際で語るのもあれですが、あの時食べた『特製もりそば』は他の大勝軒系列に類をみない個性・美味しさが確かにありました。


こちらのお店では『味噌つけ麺』という冬季限定(?)のオリジナル作品もあるので、そちらの方が楽しめるのかもしれませんね。


スポンサーサイト








タイチ // URL
なるほどー。甘味と辛味については酸味とのバランスもあいまって大きく好みが分かれるのでしょうねー。私はここのつけだれにすっかりはまっているのですが確かに家族の評判はいまいち。中華そばではこれらの突出がないのでストライクゾーンが拡がるかもしれません。旨味に関しては濃厚アミノ酸攻撃かシャープ&クリアかという2大潮流の中、そのど真ん中を行くようなスープ。複雑さも伴って中途半端に陥っていないのがすごいと思いまーす。
date:2008/10/10 (Fri) #-

[ edit ]

でんか // URL
砂糖の甘味が顕著なのはあまり好みではないので、大勝軒の良さをちゃんとお伝えできない部分があったかと思います。

やはり人それぞれ好みは色々あるもので面白いものですね。

また何かお薦めのお店などがありましたら教えていただければ嬉しいです。
date:2008/10/11 (Sat) #-

[ edit ]

//
このコメントは管理人のみ閲覧できます
date:2008/10/12 (Sun) #

[ edit ]






管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。