■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



麺屋武蔵 青山


今は終わりではない。これは終わりの始まりですらない。しかしあるいは、始まりの終わりかもしれない。


ということで、3軒伺った内の2軒目はこちらのお店。

musashiseizan2.jpg

『麺屋武蔵 青山』


9月23日で閉店とのことだったのですが、偶然にも最終日に伺うことができました。

14時15分着。待ちは店内に3名ほど。


こちらのお店には以前1度来ているのですが、青山の土地に似合うおっしゃれーな佇まいに魅了されたものです。

閉店の理由は定かではありませんが、このお店ほど青山に似つかわしいラーメン屋はなかったなぁ、と今では思います。


券売機にて購入したのは『味玉ら~麺(830円)』

若くスタイリッシュな風合いの男性スタッフが揃っている。

そのくせ接客や威勢は上々なのだから、小憎らしい。

そんなスタッフの方に食券を提出。

好みは『こってり』で。


端っこの席に座ってしばらく。

見えない位置で、『ぅおい!せぃ!せぃ!』という湯切りの声が聞こえる。

麺屋武蔵の中では抑え気味の掛け声。しかし、その声に終わっていくものへの名残惜しさを感じる。


これが麺屋武蔵青山、有終のら~麺だっ!

musashiseizan.jpg

この器欲しいぜ!


ではいただきまーす!!


まずはスープから!

ズッと飲み込むと、こってり仕様での武蔵らしい香りの強い油がくる。

油のパンチ力はかなりのもの。

スープそのものとの相性は悪くはないものの、ちょっと力強すぎる感はありました。


そのスープ自体はというと、ちょっとしょっぱめな気はしましたが、かなり良いダシの味わいがある。

秋刀魚の煮干し、羅臼昆布、鶏がらを使用しているというそのスープ。

素材力を感じさせる上品な味わいは確かに美味しいものでした。


しかし、この前に食べたものが滅法美味しかったものなだけに、その差は歴然としていたのも確か。

時代は変容している。より一層美味しいものが現れてくる世界。

この世界で生き残るというのはなんと過酷なことか。


麺!

musashiseizan3.jpg

よく分からないかもしれませんが、中太平打ち麺です。

モッチリ、シコシコといった歯応え。

『麺屋吉左右』のものよりも、幾分歯応えが好みなものでした。


トッピング。

musashiseizan4.jpg

これがべらぼうに美味しかった!

味玉はやや濃いめの味付け。

良い醤油感で味わいもまったり濃厚。美味い。


肩ロースのチャーシューも同様。

見事な醤油感。柔らかさ。おつまみにしたら最高のご馳走だと思う。


食べ進めていくと、一回だけ柚子の風味が!?

終盤にたった一度の清涼感。その隠し味、最後の最後でしてやられました。


総評:★★★☆


かなりハイエンドで上品なラーメンでした。

行列店の『麺屋武蔵 新宿店』に比べてもまったく遜色ない味わいで美味しかった。


麺屋武蔵 青山は閉店のようですが、次は9番目の麺屋武蔵を出店する模様。

革新を売りにしている麺屋武蔵グループ。

終わりは始まり。次の一手を楽しみにしています。


スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。