■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



六厘舎 (4)


朝早く目覚め、行こうと思っていました京成大久保。

しかし、いつの間にやら二度寝で30分。

これはちょっと厳しいかな~?と思いながらも列車に乗る。

情報を確認する内に、到着できても仕事までに帰ってこれないと思うに至り。

仕方なく、途中下車。方向転換。


大崎駅に11時10分到着。

大崎といえばこちら!

rokurinsya4-2.jpg

『六厘舎』

平日の開店前だから空いてるかな~・・・と思ったら、


50人の待ち人がっ!?


ちょっ・・・みんな、ここは京成大久保じゃないよ・・・?

リニューアルオープンってわけでもないのに凄まじい並び。

これが超有名店の集客力か。


諦めて『ラーメン二郎 品川店』に行こうかとも思いましたが、せっかくここまで来たのだから待ちましょう。


12席のカウンター総入れ替え制。約20分~30分の間で回転ってところ。

僕は4ロット目。90分待ち。デ○ズニーか!?


事前にご注文。

今回は『中華そば(700円)+大盛り(100円)+海老玉(150円)』を注文。

中華そばもしっかり販売していてくれたのでほっと安堵。


お囃子が微かに聴こえる店内に入り着席。

事前注文のため提供も早い。一気につけめんが提供されていく。

中華そばは後回し。そのロットに中華そばは僕一人しかいなかったので、出遅れ感が。

そして、高ーい高台から突如現れたのがこちらっ!

rokurinsya4-0.jpg

デカーイ!!!


ではいただきまーす!!


むぅ・・・この器マジででけぇぜ・・・。

『ラーメン二郎』で麺マシにでもすれば出てきそうな器。

そんな容器に並々とあるってことは中々の量なんでないの!?


まずはスープから!

rokurinsya4-3.jpg

見た目素晴らしく濃厚。

味も確かに濃厚。

魚介ダシ、特に節系が強く香る。

しかし、『中華蕎麦 とみ田』のような、中華そばでも圧倒されるインパクトは感じませんでした。

この中華そばのスープ、どちらかというと、つけめんのスープ割りみたいに思える仕上がり。

旨味が濃縮されずに拡散してしまっている印象がありました。


麺!

rokurinsya4-4.jpg

池袋大勝軒の系譜を思わせる中太丸麺。

つけめん用よりも若干細い?

それでも太い部類か。

こういったプリッとした麺は茹だったスープに浸っているよりも、冷水でしめられた状態の方が楽しめる気がします。

中華そばに浸る麺は、引き締まっておらず緩んでしまった印象を覚える。

あの独特な麺の風味と歯応えを楽しむにはやはりつけめんが一番かもしれません。


rokurinsya4-5.jpg

rokurinsya4-6.jpg

@型の豚バラチャーシューはちょっとパサつきが気になる。

豚バラの旨味は特筆するまでもなく素晴らしいもの。

旨味を引き出すことは多くのラーメン店が結構なレベルで体現できていますが、食べやすくて食べ応えのあるものを提供できているお店は数少ない。

日本でも屈指の行列店に物申すのも憚られますが、より良いものを作り上げていってほしいところ。


海老玉はまっことエビィィィ!!!

というくらい海老風味。

以前、『本当に美味しいラーメンベスト30』で海老玉の凄さをアピールしていましたが、その過程ほどの感動は正直なところ感じませんでした。

確かに美味しいし、手間暇かかっているのは分かるけれど、こういった変わりダネで圧倒されるものというのは別角度からの刃ともいうべき、驚きと共に味わう鮮烈さが感動を生むと思うのです。

味玉でそんな体験をさせてくれたのは『旧東池袋大勝軒』『上野大勝軒』くらいでしょうか。


中華そば大盛りの量はかなりのものに感じました。

『ラーメン二郎』の中で量の多い店の『小』くらいはある。

分量的には存分に満足致しました。

しかし、やはりつけめんの美味さには敵わないかなぁ、と思ってしまう部分も。


総評:★★★


初めて、ラーメンよりつけめんの方が美味しいかもと思えたお店です。

しかし皆が皆つけめんを食べている中、一人中華そばっていうのもアウトローな感じで妙な優越を感じたり。

ま、僕は家でゆっくりつけめん食べるもんね~!

rokurinsya4-7.jpg


スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。