■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



六角家 本店


横浜市内に凄いお店ができたそうな。

その名も『仁鍛』

『東池袋大勝軒』の山岸一雄御大最後のお弟子さん、かつ『六厘舎』で修行、『次念序』の二代目店主だった方が新店をオープン。

これは話題性抜群。すぐさま行列を成すお店となりましょう。

そうなる前にいち早く訪れておこう、と思ったわけです。


東急東横線白楽駅が最寄駅。

16時40分着。大丸ピーコックの道路越しにかのお店はありました。

DSCN1951.jpg


なん・・・だと・・・?


定休が火曜じゃないのかい・・・?


7時頃に終了じゃないのかい・・・・・?


もうスープ切れだっていうのかい・・・・・・・・?


まー、凄いっすね。

店内に明かりは点いていたので、おそらく営業はしていたのでしょう。

次はもっと早めに訪れたいと思います・・・・・。


ということで、足取り重く、近くで良さげなお店を探す。

何気に、白楽(六角橋)周辺はラーメン激戦区。

代替店には困らないほど、有名店が数多くあります。


思案した挙句、訪れたのはこちら!

rokakuya2.jpg


『六角家 本店』


家系の超有力店ですね。

rokakuya3.jpg


券売機が路面にあったので、撮影してみました。

やっぱり、券売機の写真があった方がお店の情報として伝わりやすいでしょうかね。


購入したのは『中ラーメン(750円)+キャベチャー(100円)』

食券を持って入店。

こちらのお店は前後(?)に出入口があるので、お客さんの入れ替わりが早い。

満席状態だったお客さんが一気に消え、一気に増えていく。

なんというか、ファストフードなラーメン屋さんですね。


食券をスタッフの方に渡し、好みは『ふつうで。』と伝える。

しばらく待っていると、これが出てきた。

rokakuya4.jpg


キャベチャー。

『六角家』といえばキャベチャーですよ~。

ラーメンが出来るまでにつまみで戴く。

うん、ちょっとしょっぱいけど、美味しい。


そうして、だらーっと待っていたら出てきたのがこれっ!

rokakuya.jpg


家系の雄!


ではいただきまーす!!


六角家はレンゲがないので、麺から!

家系御用達の『酒井製麺』。

普遍的な美味さ。

モッチリとした食感、クミクミした歯応え。

これぞ、家系の真骨頂。


それに絡むスープは、

・・・うーん・・・ちょっと薄い・・・かなぁ?

コクが弱い、というか味がはっきりしていない印象。

自分の好みに調節できるのが家系の醍醐味ではありますが、ベースとなる部分が少し弱い気がしました。

それは、マイルドとも言えるし、誰もが食べやすいとも言える。

家系の『ふつう』コールのラーメンとしてはこれこそがベーシックと言えるかもしれません。


トッピングの海苔は言わずもがな、素晴らしい風味を伴い、旨味を増幅してくれる。

チャーシューは2枚。かなりパサッとしていたのが残念でしたが、肉らしさを感じる味わいはよかったです。


最後に具材がなくなった丼を持ち上げ、グッグッとスープを飲む。

ん~、美味い。

普通に、美味い。


総評:★★☆


ラーメンショップの基盤がここに。

という印象です。

正直、どの部分も突き抜けているところは感じれませんでした。

でも、誰もが気軽に入れて普通に美味いラーメンを食べる行為ができるお店ですね。


あ、そういえば以前『六角家のカップメン』を食べましたけど、

味、全然違いますよ。

カップメンも美味かったけど。



スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。