■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラーメン二郎 環七新代田店


おまっとさんでした!


久しぶりに『ラーメン二郎』直系に行って参りましたよ!


こちらのお店。

jirosindaita2-2.jpg


『ラーメン二郎 環七新代田店』


夜の部営業のみなのでそうそう来れないお店。

渋谷でふらふらとウインドウショッピングをした後に、京王井の頭線を利用し、こちらに訪れる。

17時40分着。待ちは1名。

思っていたよりも少ない待ち。新代田はあまり並ばないんですかね。

結局、18時になると途端に人が増え、10名ほどの列にはなりました。

18時を数分回った頃、電灯が点き、開店の運び。

券売機近くの雑誌に矢沢の栄ちゃんが載っていて、『完食 ヨロシク!』と書いてあるのに苦笑。

僕は『Wチャーシューメン(850円)+かつおぶし(50円)』を購入。

こちらは『ラーメン二郎』の中でも唯一『大盛』のないお店。

メニュー構成も直系他店と比べてかなり異色な存在ですね。


券売機近くにあるボックスにかつおぶしがあり、それと水を持って席へ。

着席し、食券を見せてかつをぶしを所持していることをアピール。

それからしばらくは厨房の動きを眺める。


気になるのはやはり独特の調理法。

大きな中華鍋に麺を投入し、細長い菜箸でリズミカルにかき回す。

この麺茹でが意外に長い。

他の『ラーメン二郎』は麺がかなり太いわりに、茹で時間は短く感じる。

しかし、この『新代田店』は実にじっくりと茹でる。

スープ作りも同様で、じわ~っという具合に鍋にスープを溜め、少しずつ丼に注いでいく。

なんとも二郎らしからぬ丁寧さ。

麺を茹で始めてから10分を超えた頃に茹で具合を確かめ、丼に投入。

それらをしばらくそっとしておき、次順の麺を中華鍋に投入。

なんとも待たされる感覚を味わうお店だなぁ、と。

程なく、助手の方が、『ニンニクは入れますか?』と尋ねてくる。

僕は『ヤサイニンニクアブラで。』と返す。

そして、店主が盛り付ける。

助手の方がおぼんに丼を載せ、『ヤサイニンニクです。』と言う。

・・・?コール間違えたかな?と思ったけども、どうやら次の人のオーダーを店主に伝えていたようだ。

ややこしいな。

そうして、載せられたおぼんごともらいそうになりましたが、届けられたのがこれだっ!

jirosindaita2-0.jpg


かつおぶしもかけちゃお!

jirosindaita2-3.jpg


すごくキレイな見栄え!


ではいただきまーす!!


まずは頭頂部のかつおぶしと共にヤサイから!

ほぼモヤシで構成されたヤサイでしたが、アブラと微量にかけられたカネシ、そしてかつおぶしが絡まりなんとも言えない旨味が!

うむぅ~・・・なかなかに期待できる美味さじゃないの!

と心の中で呟きながら、食指は麺へ!

DSCN1925.jpg


中太丸麺。

なんだ・・・、この麺は・・・?

まったく二郎らしからぬ麺。

とはいえ、『池袋東口店』や『歌舞伎町店』などのフーズ系と共通する部分でもあるから、二郎の麺ではないとは言い切れない。

その麺の味は・・・美味い。

丸麺を使用している直系各店に比べると、粉っぽさがあり、麺そのものの旨味がしっかりしている。

非常に独特な食感である。

どこにもない、ここにしかない唯一無二の麺と言えるでしょう。


ブタをついばむ。

ほんのりしょっぱめではあるものの、肉の旨味と脂の旨味、とてもバランス良く味わえる。

このチャーシューも他店では味わえない独特の旨味がある。

Wチャーシューではあるが、そこまでの量には感じなかった(あくまで二郎基準)。


さて、スープであるが・・・

DSCN1926.jpg


つい写真に収めたくなってしまうくらいの厚い油である・・・。

このスープの旨味はカネシや豚骨からきているのは間違いない。

スープ自体は非常に出来が良く、濃厚で麺との絡みもすこぶる良い。


それにしたって、この油である。


曖昧3センチはあろうかという極厚の油だというのに、レンゲはない。

言葉通り、油そばを食べているような感覚に陥る。

このお店ではアブラコールは不要。かつ、アブラ少な目にした方が無難でしょう。

具材を全て食べきった後、試しに丼を持ってスープを飲んでみましたが、


・・・殺される。


と思いました。

これほどまでにブ厚い油を飲むのは恐ろしすぎる。


総評:★★★


以前伺った時よりも良い印象を覚えました。

麺とブタはかなり高品質だと思います。

それに今思えば、あの極厚の液状アブラもインパクトがあった。

『ラーメン二郎』の中でも異彩の雰囲気。

ハマる人がいるのもなんとなく分かります。


そういえば、『和風ラーメン』なくなっていましたね。

やっぱり不評だったのかな?
スポンサーサイト








// URL
何度も言いますが 二度と二郎には来ないで下さい

date:2008/04/22 (Tue) #W3FWQxe2

[ edit ]






管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。