■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラーメン二郎 横浜関内店 (7)


4月、新年度だってさ!


ということで、今回訪れたのはこちらなのです。

jirokannai7-2.jpg


『ラーメン二郎 横浜関内店』


なんと、去年の最終日以来訪れておりませんでした。

約3ヶ月ぶり。

でも記事にするのは7回目。行ったのは10回くらい。

ラーメン屋で一番訪れているお店には変わらず。


訪れた時分は、14時15分。昼の部の終了時間は14時30分だからギリギリでした。

待ちは12名ほど。関内店の並びとしてはかなり少なめな方ですかね。


それにしても、お客さんの回転が早い早い。

『ラーメン二郎』直系の中でも最速なんじゃないでしょうか。

12名くらいの並びなのに10分くらいでサイズ確認ですからね。


サイズ確認をされる前に、遠目で券売機を見たら、売切ランプがたくさん灯っている!

さすがにこの時間では豚も切れてしまうだろうと、残念ながらも納得する。

『汁なし』にしようか迷いましたが、今回は『大で。』と述べるに止める。


すると、まだ食券を購入していない状態なのに、続々と席を立つ先客。

これはもしやっ!?

と思い、早めに券売機にて『大ラーメン(650円)』を購入。

しばらく待ち、すぐさま着席。すぐさま、『大の方、ニンニクは?』とのコールタイム。

『ヤサイマシマシニンニクアブラで。』とバカの一つ覚えコールで返答。

並んでから15分で食事にありつけることに。


・・・・・・早ぇ・・・。

そしてこれだっ!

jirokannai7-0.jpg


アブラこってりー!


ではいただきまーす!!


まずはヤサイから!

関内店のアブラは実に独特な風味がある。

バターのようなまろやかさがあるのだ。

そのため、ヤサイを食すにしても、バター炒めとまではいかないが、マイルドでコッテリと柔らかい味わいになる。

スープのコクがヤサイにじわじわと染みてきて、なんとも言えない芳しさも加味されていく。

ヤサイを食べているだけで、『あぁ、やっぱり関内店のラーメンは美味いな。』というのが分かってくる。


しかし、やはりダイレクトに旨味を知りたくなるのは必然。

関内店の『大』の器は大きめなので、スープも容易に掬い取れる。

今回のスープはカネシのコクが前面に引き出されていた。

カネシ醤油の旨味は格別だ。しかし、以前のに比べると若干ライトな感覚。

トンコツスープとの濃厚な絡み方をあまり感じることができなかった。

それでも十分に美味いことは確かであるが。


麺はというと、正直程良い茹で加減とは言い難いか、と。

やはり回転率を考慮するとベストなタイミングでありつけるというのが難しい。

麺そのものの出来は相も変わらず素晴らしい出来なだけに、惜しいもの。

しかし、大ラーメン650円で忌憚のない量は実にありがたいことです。


2枚投入されたブタさん。

jirokannai7-3.jpg


@型チャーシューの良質なブタは今回もブレることなく美味しかった。

薄切りになった、という話でしたが、そんなことはなく中々に肉厚。旨味もジュワッと出る優れもの。

このブタを食べたいがためにこのお店に来ている節もありますね。


自分の思うがままに箸を進めること数分。

いつの間にか、背脂が浮いたスープだけ残っていた。

ちっちゃなブレでとやかく言ってしまう自分ですが、全体で見れば最高ですよ。ここのラーメンは。


総評:★★★★


原材料高騰で、4月から多くの店舗が値上げをしているようですが、とりあえず『ラーメン二郎 横浜関内店』は変更がないみたい。

美味しいラーメンが600円で食べることが難しくなっている現在。

このようなお店が末永く続いていくことを願っております。



スポンサーサイト








// URL
二郎には二度と来ないで下さい
date:2008/04/03 (Thu) #-

[ edit ]

マイコー // URL
未だにマシマシとか言ってる奴が居るんだな。
どんだけ卑屈なんだよ。
date:2008/04/05 (Sat) #53A0b1AQ

[ edit ]

// URL
いつも楽しみに拝見させて頂いております
店関係者以外の批判は、に気にしなくて平気だと思いますが・・


また面白い記事、待っております
date:2008/04/05 (Sat) #-

[ edit ]

//
このコメントは管理人のみ閲覧できます
date:2008/04/10 (Thu) #

[ edit ]

一郎 // URL
二度と行こうとは思いませんでした。
date:2008/07/25 (Fri) #-

[ edit ]






管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。