■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店 (2)


休みになると新宿に訪れている気がする。

そしていつも雨が降っている気がする。



そんな中、訪れたお店はこちら。

jirokotaki2-2.jpg


『ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店』


2度目の訪問ですが、すっごく久しぶり。

自分のブログを遡ってみたら、5月31日の記事

この時、『ラーメン二郎 京成大久保店』にも行ったんだなぁ~・・・としみじみ。


前回訪れた時のブログを見て少し驚く。

この時の『ブタ入りラーメン』は700円かぁ・・・。


3月25日、18時45分着。待ちはなく店内に8名ほど。

券売機にて食券を購にゅ・・・う?


って、今日から値上げ!?


しかも、『大盛り豚入りラーメン』950円!?


・・・・・いや、さすがに高すぎやしませんか・・・?


ラーメンが100円値上がり、ブタが50円値上がり・・・?

他のメニューの値段を忘れてしまったので、はっきりとしたことは言えませんが、どれかが1200円になっていましたね。

そして、券売機の右隅にある『大二郎』が1000円ポッキリになっていました。


なんだか、『ラーメン二郎』じゃないみたいだ・・・。


コの字型になっているカウンターの一角に座り、食券を提出。

すると、スタッフの方から『トッピングは?』と尋ねられる。

そうか、ここは先行オーダーなのか!

慌てるも、いつも通りのコール、『ヤサイマシマシニンニクアブラで。』と応えると、

『・・・ヤサイ、マシ?でニンニクアブラ?』と確認。

『・・・はい。』と応答。


そうして、しばらく厨房を眺める。

・・・・・・なんだか、ずっとしゃべっている・・・・・・。

とても楽しそうだ。

行っている作業よりも、スタッフ同士の会話が気になってしまう。

いつの間にか、作業を目で追うのを止めていました。


10分もかかってはいないと思いますが、先にいた2人分のオーダーが提供される。

そうか、ここはお客さんの入りに合わせてラーメンを作っているから、1ロットで作る量はまちまちなのか。

と思いはしましたが、如何せん、待ち時間が長い気がする。

入店してから15分で2杯しか出ていない。

着席してから待つ時間が長いと、待たされている気がしちゃうものです。


ヤキモキした気持ちで待つこと、20分。スタッフの方が食券に書かれたコール内容を確認しつつ、提供されたのがこれっだ!

jirokotaki2-0.jpg


わーい、らーめん!


ではいただきまーす!!


まずはヤサイから。

前回のような、ゴリッゴリッとする食感はない。

普通に程よくボイルされた野菜さん。

キャベツ率も上がったようで、申し分なし。

量は・・・まぁいいか。


ヤサイを食べ進めれば、麺に当たるのが定石。

グッと掴む麺。

池袋や新代田などのパスタ麺といわれる系譜の代物。

モッチリとしていて、これはこれで良い食感。

こちらのは、やや固めで、ビミョーに太めでしょうか。

四角い麺が目立つだけに、むしろ荻窪の仕様に近いと思いました。


それにしても、味が非常に薄かった。

なぜかといったら、全体を混ぜていなかったから。


ある程度麺を食べ進めたところで、麺を解すようにスープを攪拌(かくはん)。

すると中々塩梅の良い豚骨醤油が浮かび上がる。

スープと一緒に麺を啜ると、『おっ、美味しいじゃん。』という感想が心に湧いた。

オーソドックスな豚骨醤油のスープを体現しているので、あまり賛辞は贈れないけれども、普通に美味しく食べ進められる。


そして、まさしくチャーシューと呼ぶべきブタさん。

うん、うっすい味ですね。

良く言えばブタそのものの個性を表現している、と言えますか。

悪く言えばお店の没個性を表現しているとも思えてしまう。

もっと、ここでしか食べれない美味さを工夫してほしいもの。

熱く滾(たぎ)るようなインパクトがあってこそ訪れたくなると思うのですが・・・。


大盛とはいえ、小滝橋通り店のラーメンは『ラーメン二郎』の中でも少なめなので、難なく完食。

『ラーメン二郎』らしいハードコアさが感じられなかったのは残念です。


総評:★★


普通に美味しいラーメンでしたが、『ラーメン二郎』という看板を掲げていて、あの値段・量・味はちょっと・・・納得がいかないというのが正直なところです。

こちらのお店よりも安くてボリュームもあって味の良いお店があるだけに、もっと頑張ってほしい。


『ラーメン二郎という看板を掲げていればお客さんは入ってくる』ことは確かです。

しかし、一己のラーメン屋(店主)として評判が悪いのは気分良くないはず。

値上げをしたのならば、それ相応のコストパフォーマンスをみせてほしい、というのが個人的な願望です。


スポンサーサイト








// URL
じゃあ 二度と行かなきゃいいじん
date:2008/03/27 (Thu) #-

[ edit ]






管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。