■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店 (2)


ひばりヶ丘って、いっぱいあるんですね。


さて、今回訪れたのは東京都西東京市にあるこちら。

jirohibari2-2.jpg


『ラーメン二郎 ひばりヶ丘駅前店』


前回は18時ちょうどに到着したので、並びも少なかったのですが、この日は19時頃の着で20名近くの並び。

これはかなり待つかなぁ~と思いながら、店内を覗くと、店主の動きの機敏さに驚く。

ひとつひとつの動作のスピードがとても速く、『バッ!バッ!』という効果音が聞こえてきそうな勢い。

『八、いきましょう!』という声が聞こえてきただけに、お客さんの回転も早い。

ものの20分ほどで入店できる運びに。

店内入って左側にある券売機にて『大ラーメン豚入り(800円)』を購入。

ちょうど湯切りが見える目の前に席が空いたので、そこに食券を置く。

厨房を眺めると、店主の動きの速さがつぶさに見て取れる。


前回訪れた時は、店主の動作に目がいったものです。

カネシ入りのキッチンポットにレードルを下まで入れ、カツン!と音をさせたり、

スープを回し入れるような、なめらかな手の動き~。

その動作ひとつひとつが『魅せるなぁ~』と思わせるものでした。


今回はスピード重視のようで、グルエースを投入するするにも、麺をスープに投入するにも、『速っ!』と思う仕事ぶり。

そんな倍速モードでも、目の前で行われる湯切りに魅入らされる。

『上手いなぁ~』と素人の感想が口から出てしまいました。


そして、コールタイム!

店主より、『大ブタの方~、ニンニクは~?』と柔らかい笑顔と言葉で問いかけてくる。

僕は『ヤサイマシマシニンニクアブラで。』と応える。


そして、これだ!

jirohibari2-0.jpg


豪快な脂だっ!


ではいただきまーす!!


まずはドロドロの背脂がしっかり載ったヤサイから。

・・・実に甘い。

ヤサイの甘みもさることながら、脂の甘み、スープの甘み、それらが混然一体となって、えも言われぬ旨味を堪能する。


ヤサイのすぐ下に忍ばれたブタに箸がぶつかる。

これも程よい脂身、味付け。

やや薄味寄りのブタが5枚。非常に安定している美味さが感じられる。


スープからはみだす程盛ってくれた麺。

以前伺った時に比べ、細くなったと思う。

よりラーメンらしくなった、というか、ズルルッ!と啜れる感覚が増した。

小麦粉の値段が上がって以来、余儀なく変更したのだろうか。

それでも、これだけの量を盛って頂けたのだからありがたいことです。


スープ!

トンコツの乳化具合が非常によろしい、抜群の美味さ。

グルの量がかなり多めだったため、唇や舌がビリビリくるのは致し方なし。


跳ね飛びそうになる多量の麺と格闘しながらも、一気に完食!

丼を高台に載せ、『ごちそうさま。』というと、店主は笑顔で『ありがとうございます!』と言ってくれました。

笑顔の眩しさが『ラーメン二郎 京急川崎店』に負けない輝きを持っていますね。


総評:★★★★


気になったのは、厨房内に貼ってあった『立川店OPEN!』の見取り図。

すでに看板も掲げてあるようで、近々オープンの予感もしますが・・・。


立川・・・・・・また、遠いなぁ・・・。


スポンサーサイト








通りすがりの名無し // URL
ネット上でいろいろと言われてますが・・・頑張ってください(`・ω・´)ノシ
date:2008/03/27 (Thu) #-

[ edit ]






管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。