■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



せたが屋 京急鶴見店 (3)


早くも3回目の訪問!

前回売り切れで食べ損なったラーメンを食べに訪れました。

setagaya3-2.jpg


『せたが屋 京急鶴見店』


到着したのは21時。このくらいの時間になると待ち客もほとんどいませんね。

入店して右隣にある券売機にて『魚郎らーめん(850円)+麺大盛(100円)』を購入。

食券を渡すと、接客係のスタッフに、『ニンニクはお入れしますか?』と問われる。

むぅ・・・二郎インスパイア系を提供するお店は数多くありますが、せたが屋はイレギュラーなコールをされた場合、どう切り返すのだろう?

『ヤサイニンニク』とか言われたらどう返すのだろう??

そういうお客も幾許か、いると思う。

そういった場合の対処はどうしているのか。

マニュアルがありそうで気になるところ。


しかし、僕は空気を読む人間。

ただ、『お願いします。』と返事をし、食券を渡す。


小心者ですみません。


その後、満席のため数分待つことになりましたが、空いた席にササッと座る。


もう大将である前島さんはいらっしゃらいませんでしたが、開店して1ヶ月近くなっているだけに、もはや京急鶴見店として軌道に乗っている頃合いでしょう。


着席した後は、厨房を眺める。

オープンしたてだからというのもあるかもしれませんが、スタッフがとても多いですね!

調理場に店主を含め7名。誘導係のスタッフ1名。

広めな調理場とはいえ、7名もいればごちゃごちゃ感がでてくる。

前回も記しましたが、スタッフの大半がアジア系の方々なので、コミュニケーションに難がある部分が多々見受けられたりする。

まぁ、この人数から続々と淘汰されていくかとは思いますが、お客としてきた身としては美味しいラーメンを気分良く食べることができればよいだけです。


そんな中、スタッフ総出で作り上げたといえそうな手順を踏んで出てきたラーメンがこれだっ!

setagaya3-0.jpg


これが魚郎である!!


ではいただきまーす!!


まずはスープから戴きましょう。

たくさんの背脂が浮いたスープを掬いズッと飲んでみると、


あぁ・・・せたが屋だ・・・、と。


せたが屋の特徴である魚介ダシがここでも濃厚に味わえる。

二郎度は皆無と言っていいでしょう。

一口目の魚介ダシの風味は相変わらずパンチがある。

しかし、その後は一気に萎んでいく。

あれよあれよと普通のラーメンにしか感じてこない。

背脂が多いだけに、熱さは保たれているものの、感動はどんどん奪われていく。


麺!

一般的なツルツルな平打ち麺。

正直なところ、多くのラーメン店が凌ぎを削っている昨今、普通すぎてつまらない。

しかも、僕は麺大盛にしたのに、まったく大盛感がなかった。

これは普段大食をしているから、というせいもあるのでしょうが、通常225グラムの量だと謳う『魚郎らーめん』の大盛ならば、300グラム近くはあってもおかしくないはず。

300グラムといえば、『ラーメン二郎』の小くらいの量には至るはずなのに!

と勝手に憤ってみたものの、まぁここはせたが屋さんなので、場所が違えば仕様も違う、ということでしょう。


トッピングされていたのはチャーシューとモヤシ!

モヤシは思っていたよりも多目でしたね。

最後まで蔓延っていただけに、それなりに満足。

チャーシューは、チャーシューです。

4枚入りだから、中々にお得感はありましょうか。


特に卓上にある調味料を使うこともなく、一気に完食!

滞在時間は20分ほど。

ラーメン屋って、こんなに短時間で食べれるものだったのですね。


総評:★★☆


『魚郎汁なしらーめん』が未食なので一概には言えませんが、

せたが屋は『らーめん(ちぢれ麺)』だ!

と思いました。


『らーめん』が一番オリジナリティを発揮できているし、間違いがないと思います。

これからどのような方向性を築いていくのか分かりませんが、期間を空けてまた訪れてみようとは思っています。


スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する


せたが屋 魚郎らーめん&魚郎汁無しソバ 駐車場無 JR鶴見駅東口より徒歩1分 ・住所 横浜市鶴見区鶴見中央1-30-22 ・電話 045-502-6589 ・時間 11:00~23:00 ・定休 無休 ◎食べたもの◎ 魚郎らーめん(850円)+魚郎汁無しソバ(850円) 前記事【とみ田】...  
date: 2008/03/20 (Thu)

[ 湘南ラーメン食べ歩記 ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。