■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



中華そば ふくもり


新宿を堪能したら、お腹空いてきた。

2時間しか経ってないのに。




ということで、新宿駅のJR路線図とにらめっこ。

携帯を使ってなるべく近くで行きたいお店を検索。


むむむ・・・・・、


そうだ、ここへ行こう!ということで訪れたのはこちら。

fukumori2.jpg


『中華そば ふくもり』


こちらのお店は駒澤大学駅から徒歩10数分。

かの有名な『環七通り』のラーメン屋さん。

2006年12月オープンというまだまだ新店なお店です。


『せたが屋』の姉妹店らしいのですが、『せたが屋』と近すぎじゃね・・・?

お互いのお客を取り合う構図だと思うのですが、そこは、競合する精神でしょうか?

如何せん『ラーメン戦争』激戦区であった環七通りですからね。

敵が強ければ強いほどワクワクする、というようなDB精神なのかも。


さて、到着した時分は19時40分。待ちはなく店内に数名ほど。

こちらのお店はお座敷もあるのですね。

子連れのファミリーが多く見受けられました。

接客を担当するおばさんも屈託がなく、『いつもありがとうね~』などと、フレンドリー。

新店だというのに、すでに老舗の風格を持っていますね。


僕は入店して右手にある券売機にて『肉つけぶと(950円)』を購入。

おばさんに食券を渡し、4名掛けれる席に座る。

厨房内が確認できなかったので、しばらく大画面アクオスでバーローの活躍を眺め待つことに。


青山剛昌による『名探偵コナン』の終わらせ方についての考察をしていたら出てきたのがこれっさ!

fukumori.jpg


強麺なさいよー!


ではいただきまーす!!


まずは通っぽく麺から戴いてみちゃったり!

麺単体では流石に味はあるけれど、素っ気がない。

やっぱりつけだれと絡み合ってこそ映えるというもの。

ということで、つけだれをつけつけ、啜る!


んむ~ぅ!

ニ ボ シ !


一口目は凄い煮干しの風味がきますね。

しかし、嫌な感じはしない。

むしろ、昔懐かしい『おふくろの味』というのを想起させる。

いつの間にかスープの考察に変わっていますが、このスープ、煮干しとひとくくりで表現はできない。

一口目は確かに煮干しの風味で一杯だった。

けれど、だんだんと和なダシが顔を覗かせてくる。

昆布によるふくよかなまろみ。甘みもある。若干の酸味もある。

中々にインパクトがあり、美味しいスープだ。

しかし、如何せん、温い。

麺を3回ほどつけたら、もうヌルい。

やはり、つけめんはこの温さが難点なんだよなぁ。

そういうもの、といえばそうなんですが、ね。


さて、麺!

極太の四角い麺。

この強いコシがある麺は『麺バカ息子』の麺に通じるものがある。

しかし、こちらの方が強力だ。

なんというか、弾力がより強い。

モッチモチの麺は実に食べ応えはある。

しかし、ちょっと物足りないか・・・な?

僕の基準値がイカれているだけかも知れませんが。


トッピングのブタ!

ザックリとした一口大のブタバラ。

『ラーメン二郎』鶴見店に通じるものはありますね。

こちらの方が優しい味わいでしたが。

肉そのものを美味しくいただこうという主旨のもと作られている。


スープ割りもして、ため息。

ほぅぅ~・・・明日も仕事だぁ・・・。などというお慰みにはこういった温かいスープが一番ほっとしますね。


総評:★★☆


ちょいっと値段が高いと思いました。

スープに使っている材料を考えると、それ相応の料金かもしれませんが、消費者はそんなことを慮ることはしません。

良質なクオリティを体現しながらも、安いお店があるのだからそれと比べてしまう、というのが正味な話です。


しかし、サービスマインドは良いと思いますし、確かな美味さもある。

近くにあったら通いたいお店ですね。

車を持っていない僕は環七を巡ることもできないので・・・。


あ、路上駐車しちゃいけないんだわ。



さて、お店を後にし、もう一軒!

と思ったけども、これ以上訪れてもちょっと美味しくは食べれないかな、と判断したので止めときました。

その代わり、店構えを撮ってみました。

DSCN1381.jpg


DSCN1382.jpg


DSCN1383.jpg


DSCN1385.jpg


DSCN1386.jpg


DSCN1387.jpg


DSCN1388.jpg


DSCN1390.jpg



驚くことに、まだあるんだぜ・・・?

っつーか、乱立するにも程があるってもんでしょーに。

スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。