■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラーメン二郎 目黒店 (4)


やぁっっっと行ったよ、直系!

jiromeguro4-2.jpg


ということで、今年の直系2店舗目は、『ラーメン二郎 目黒店』です。

2008年は『三田本店』から始まり、『ラーメン二郎』系譜の歴史を順番通りに巡っていこうかな、と思ったわけですが、目黒店に来るまでに大分時が経ってしまいました。

その間に本当の2号店(ラーメン生郎)などの亜流・インスパイア系を訪れてみたわけですが、やはりどれもしっくりこないもの。

確かな暖簾分けをされたものでないと、納得できない身体になってしまったのでしょうか。


さて、今回は22時に仕事を終え、急いで目黒に訪れ、早歩きで山手通りを目指す。


それにしても、寒いッッ!!!


ここにきて一段の冷え込みに寒さを堪えながらの来訪となりました。


23時5分着。待ち11名。

この時間でこれほどの待ち、さすがです。


ゆるゆると消化される行列。

20分ほどで券売機前まで辿り着く。

券売機にて『大ラーメン豚入り(700円)』を購入。


1000円入れたら50円玉6枚返ってくる。


やはり目黒店は基本設定が安くて良い。

営業時間も昼の部12時~16時、夜の部18時~24時と『ラーメン二郎』の直系ではかなりの長時間営業。

臨時休業も少ない方だし、素晴らしいですね。


券売機の周辺にはたくさんのプリクラ写真がありますが、カップル率が高い。

この日もカップルで訪れているお客さんが何組かいました。

だから何だ、という話ですが、ラーメン二郎の中でも親しみやすいお店なのでしょうか、ね。


さて、25分を超えた頃、席が空き、座ろうと思ったら更にその奥の人も席を立ち、僕は補助席に座ることに。

目黒店の補助席って厨房内が見やすいというのは良いのですが、如何せん荷物置きがないのがつらい。

仕方なく隣の席の荷物置きを使わせてもらい、バッグを置く。

・・・・・そういえば、店主も助手の方もトイレに行きたくなったらどうするんだろ・・・?

補助席で食べている人に、『すいません、どいてください。』といって通してもらうんだろうか・・・?

謎だ。


そんな不安を余所に、もよおす雰囲気のない、厨房内の2人は黙々と作業をこなす。

助手の方が随分若い方になっていた。

大学生なのだろうか。きっと二郎ファンが高じてバイトをしているのだろう。


店主の動きを見てみると、一つ目黒店ならではの光景があった。

目黒店は麺を投入した後に、スープを注ぐのだ。

そのため、カエシとスープの層が出来て、上は味がなく下はしょっぱいという仕組みになる。


・・・・・だめじゃん!?


ともかく、そんな杞憂を抱えながら助手の方より、『大ブタのお客様、ニンニク入れますか?』
という言葉を戴く。

僕は、『野菜ニンニクアブラで。』と返答。

一段低いところからズザザーと出されたのがこれだっ!

jiromeguro4.jpg


器、大きいね!


ではいただきまーす!!


まずは野菜から!

本当に程よくボイルされた野菜。

クタクタではなく、シャキシャキでもなく。

良い塩梅の状態である。

以前より、幾分多くなったかな?と思わせるも、そこは目黒二郎。

そんな大それた増量は致しておりません。

しかし、常連なのか、人によっては大盛になっていたりするんですよね~。

僕も4回くらいの来店で不定期に来るんじゃ覚えられるわけないかぁ~。


そして多量の麺!

実に見事な極太平打ち麺。

若干柔らかいか?と思うも、小麦の素晴らしい香りと食感。

やはり目黒の麺は美味しい。

基本にして最高の二郎の麺を体現していると思います。


ブタ!

今回はハズレと言わざるを得ないでしょう。

パサッと固く、若干しょっぱい。

悪くないといえば、確かにそうなんですが、直系他店舗の美味いものを知ってしまうと、評価は落ちてしまいます。

整然としていない切り方は、二郎らしくて良いのですが、コマ切れみたいなのが多かったのでちょっと残念でした。


スープは実に飲みやすいライトな仕上がりでしたね。

若干カエシの混ぜが悪かったか、突発的に濃くなることがありましたが、全体的にはしっかり基本に忠実な『ラーメン二郎』のスープでした。


量は、多いです・・・か、ね?

正直、スープまで飲み干してしまいそうな勢いでしたが、苦しくはならなかった。

程よい満足感を得て帰路につきました。


総評:★★★☆


やはり、目黒店は麺ですね。

麺は抜群に美味しいです。

そして、天地返しは必須です。

下の方は『カラカラ』になっています。

服を汚さないように気をつけましょう。



そういえば、荷物置きに置いといたバッグを取り出そうとしたら、雑誌が床に落ちたんです。

拾おうとしたら、『コミックチャージ』。『ラーメン王子』の第一話の部分が開いていてちょっと苦笑い。


やっぱり、言っておけばよかったかな?


『うまラッッッ!!!!』


スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。