■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラーメン二郎 鶴見店 再々訪


2007年ラストスパート!


今年はいろいろなラーメン屋を食べ歩いてきましたが、これほど『ラーメン二郎』に魅入られるとは思いませんでした。

ということで、巡業です。


今回は3度目の『ラーメン二郎 鶴見店』に訪れました。

12時40分着。待ちはなく店内は14席のイスに2つほどの空席。

初のお昼に鶴二。

券売機にて『小ブタ(660円)』を購入。

席に着き食券を置くと、助手の方が食券をすぐに縦にする。

次のロットで食べられる合図。

しかし、丼の数が7杯を超える様相に。

うーむ、どうやら麺は固めにしておいた方がよかったな、と一人ごちる。


そして、いつものように厨房の所作を眺める。

『ラーメン二郎』全店を制覇し、多くのラーメン屋を巡ってきた2007年。

こうなってくると、ラーメンを作る作業にも色々なスタイルがあることに気付かされます。


『ラーメン二郎 鶴見店』はヤサイのゆで方が特殊ですね。

ヤサイを中型の鍋にこんもり入れ蓋をし、ほぼヤサイの水分で蒸すようにしている。

これが鶴二特有のクタクタヤサイになるんですねぇ。


そして、店主がそれぞれの丼にスープを入れ、少しずつ少しずつ余計(?)なスープやアブラをパッパッと捨てていく。

一つの丼からスープの味を確かめ、平ザルで麺をあげて投入。

再びパッパッと捨てられる微量のスープ。

ブタをトッピング。

そして、コールタイム!

今回は店主自ら、『小・・・ブタの方、ニンニクは?』と問われ、

『ヤサイ大盛り、ニンニクアブラで!』と鶴二仕様のコールを返す。

そして、ゆっくりと出されたのがこれだっ!

turumi3-0.jpg


ヤサイの盛り多くなったなぁ!


ではいただきまーす!!


まずは、ヤサイから!

もっのすごいクッタクタで、実に食べやすい。

キャベツの比率が高く、スープとの絡みが良い。

これはこれでこのお店のオリジナリティがあって良いですね。

量が多くなったといっても、後続のラーメン二郎に比べれば、そんなにたいしたことはないので、一気に麺まで到達。


麺はやはり軟らかめの中太平うち麺。

気付いたのですが、鶴見の麺は他店に比べて短いですね。

作り方は他店と同じだと思いますが、ズルルルー!と啜る感覚の麺がなかったりする。

しかし、小麦が程よく香る良い麺ではありました。


スープ!

ライトなことで知られる鶴見のスープですが、今回はフツウ。

直系店他店と比べると、薄さを覚えるものの、まずまずのラーメン二郎のラーメン。

やはり、二郎専用カネシ醤油は偉大です。

このカエシ醤油が香ることで、『二郎食ってるなぁ~』としみじみ思ってしまいます。


ブタ!

以前よりも大分大きくなったバラのブタカタマリ。

塩辛さをギリギリ感じないほどのしょっぱさ。

もうちょっとでも醤油感があったらしょっぱく感じていました。

この絶妙な仕込みは達人の域。

ブタは直系他店舗には負けない味を持っていますね。


前期ラーメン二郎の中でも古株の鶴見店は小だと量は少なめ。

そのため、二郎好きの方々には『大』をオススメします。

大ブタなら740円。値段を考慮しても、他店舗に引けをとらないものが出てくると思います。


総評:★★★


初期設定が少ない店舗だからこそ、常連になることで量も増してくれるという噂があります。

最初から最大値で提供してくれるお店も良いのですが、通うことで価値が上がってくるラーメン屋というのも良いものだなぁと思いました。



あ、店舗写真撮るの忘れちゃった。

スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。