■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



大勝軒 神奈川新町


10月の終わりはここ!

taisyouken-koyasu2.jpg



『大勝軒 神奈川新町』


東池袋大勝軒の系譜は攻めても攻めてもキリがないものですが、攻めておきたい系譜でもあるわけで。

行ける距離にあるなら仕事前に行っちゃえっ!

ってことで伺ってみました。


京浜急行線、神奈川新町駅下車徒歩3分。

14時着。待ちは4名。


大勝軒の系列店で待ちを体験したのは久しぶり。

ランチタイムも過ぎているのだから、この並びは人気がある証拠ですかね。


券売機にて『特製もりそば(680円)』を購入。

お店のスタッフが食券を回収し、『お好みは?』と尋ねてくる。

今回は無難に『普通で。』と伝えてしばらく待つ待つ。


数分で店内入店。

スタッフは総勢4名。みなそれぞれの仕事をテキパキとこなし、応対もしっかりしている。

店内を眺めると、東池袋大勝軒で修行していた頃の写真がある中、10月1日より原材料高騰のため値上げしたという注意書きが。

そうか、この前は650円だったものな・・・。

ガソリンがどんどん値上げしているご時世。

こういった飲食店にも打撃がくるんですねぇ。

ラーメンで30円高くなってしまうのだから、消費者にとってもかなりの痛手です。


さて、こちらのお店で目に付いた点は、水切りをしっかりやっているということですね。

ざるで水洗いした後、テボできっちり水切りをする。

あたり前のようですが、これをしていない店舗、けっこうあるんです。

だから最後には必ず水溜りができる。

このお店は水切りを怠らないから、この点は高評価ですね。


そして、もりそばは時間がかかりながらも、出てきたのがこれだっ!!

taisyouken-koyasu.jpg


うん、大勝軒だっ!


ではいただきまーす!!


スープ!

ふぅむ、これぞ大勝軒のつけだれといった味わい。

しょっぱいなと若干思う程の醤油だれ。それを香り豊かなトンコツスープが緩和し、魚介ダシで風味と深みのある味に肉付ける。

この味は今までの大勝軒の中でも、かなり本家に近い味わい。


具材も申し分ない。メンマは若干しょっぱかったものの、実に柔らかく良い味。

チャーシューは『池袋大勝軒 十五夜』のチャーシュー程の上品な美味しさではなかったけども、ほんのり炙られたかのような、まさに焼豚といえる出来の良い品。

ゆで卵はゆで卵だけども。


その中で麺は少し柔らかめすぎて残念。

麺自体の出来は、正しく本家を彷彿される玉子入り中太麺で、この麺のクセが好きな人にはたまらない出来でしょう。

水切りもきっちり成されていたから水溜りもできていなかった。

量も申し分なく、スープ割りも別容器で出してくれたし、満足して店を後にできました。


総評:★★★☆


神奈川新町の国道15号沿いはラーメン激戦区ゆえに、育まれたお店だと思います。

近くに『めん創 桜花』という強豪店があるだけに、たとえ大勝軒というネームバリューがあろうと、美味しくなければ並び得ない立地。

多くのサラリーマンがこのお店で無我夢中に食べている様を眺めると、これからも良いお店であり続けられるのではないか、と思わせるお店でした。


スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。