■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



家系総本山 吉村家


kikuya.jpg


『菊や』がヤヴァいって思っている方々。

ぜひこちらのサイトをご覧いただきたい。

『菊やのアイスクリームラーメンを食べて、
色々と話を聞かせてもらった。』


『寄食の館』の方が実際に食べたそうで。


・・・・・行こうかな・・・・・。



・・・さて、そんな寄食よりも前に、こちらへ伺って参りました。


yoshimuraya2.jpg


『家系総本山 吉村家』


横浜には何度も足繁く通いましたが、こちらに伺うのは4度目。

・・・多い??

今回は撮影をしたく来店いたしました。


22時5分着。待ちは15名程。

この時間でもさすがに並びますね。


こちらのお店はまず食券を購入するシステム。

僕は『ラーメン(590円)』を購入。

たった10円で600円ですが、590円ってすっごく安く感じますね~。

入口には様々なトッピングのお品書きがありましたが、

えらいことになってますな・・・。

『くずし玉子』や『くずしブタ』(だったかな?)は1円(!?)など色々なトッピングがあり、多くが20円、40円、70円とか微妙なお値段。

総本山、相当なアウトローっぷり。


さて、こちらのお店は定数総入れ替え制なので、お客さんが数名一気に入る。

席に座り、厨房を眺めると、凄い光景。


1ロット、14杯作ってる・・・。


ラーメン屋の中でも同時に作る数はこのお店が一番多いんじゃないでしょうか?


その中で、スタッフのオペレーションがすごい。

特に家系特有の『好みを聞く』担当の人がすごい。

14杯すべての『お好み』を尋ね覚えるのだ。

それをラーメン製作担当の人に伝えていく。

『お好み』はシンプルなコールなだけに間違いも起こりやすいでしょう。

そんな中、好みに関しては、間違えることはなかった(出し間違えはあったけど)。

僕は『普通』にしました。

そして出てきたラーメンがこれっ!

yoshimuraya.jpg


スープの色、濃っ!!


ではいただきまーす!!


まずはそのスープから!

・・・あれ??

思ったよりもマイルド??


以前戴いた時はかなり醤油ダレが濃く、インパクトがあった。

僕の舌が過去の過激ラーメンによって麻痺してしまったのか・・・?と思ったけれども・・・そんなことはないと思えた。

トンコツスープは標準な味わいなだけに、やはり醤油ダレが少ない。

ま~、14杯同時に作っていればブレない方がおかしいってもんですしね。


麺は家系おなじみ『酒井製麺』

『おぉ~これこれ。』といった安心の味わい。

ツルツルシコシコっと。


そして、チャーシューはさすがのインパクト!

炭火焼きを施したような、香り高い出来。

とはいえ、肉の出来がちょっと固くて歯につまる感じ。

もう少しホロッとした柔らかさがあったら素晴らしいチャーシューでした。


総評:★★★☆


このお値段で確かな味とボリューム。

調味料の豊富さも圧巻の一言。


家系というと、かなりひとつに括られてしまう派閥ですが、総本山のラーメンが一番家系から突出して特殊ですね。

しっかり満足感を与えてくれるのは流石といったところです。





あ、この日『すげぇねずみの国』に行ってきました。

DSCN1033.jpg



ということで、最後まで行列を体験しましたね。

もはや『行列フェチ』といっても過言じゃない。

行列を見ると、並びたくなっちゃうみたいな。


・・・そりゃねーな。

スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。