■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラーメン二郎 府中店


9月26日は大安!!

という26日は『ジロー』Day!!

このジローの日に催しを行っている店舗は2店舗。


『府中店』『上野毛店』


今回は初訪問の府中へGO!GO!


仕事場の後輩による運転のもと、府中街道をひた走る。

この日にために集まった人々は5名。なんとも大所帯での訪問である。


11時頃にはニンニク板ですでに6名の待ちを確認。

すでにファーストロットを逃してしまったものの、11時20分頃着。

待ちは15名程。


11時30分に開店し、ゆるゆると店内に入っていく人々。

しばらくして、全貌が見れるようになる。

厨房では店主と女性スタッフが2名。

女性スタッフはまさに補助的な役割を果たしているだけに留まり、麺茹で、スープ作り、トッピングやコール受けは店主自らが全てを取り仕切っている。

手術用のゴム手袋をし、キリッとした表情で仕事をする様は職人を思わせますね。期待が高まるってもんです。

店内の光景を眺めてから、券売機にて『ブタ入り(750円)』を購入。

そしてこの日はジローDayということもあり、特別トッピング!

今回は『ホウレンソウのゴマ和え』ということで、二郎らしからぬ、緑黄色野菜がトッピングされるっ!!

期待しながら待つこと50分。コールタイム。

店主が『小の方、ニンニク入れますか~?』と問われたので、『ヤサイマシマシニンニクアブラ、ホウレンソウで。』と長文で応える。

するってーとでてきたのがこれ!

jirofutyu.jpg


いや~・・・イイ盛りっぷりですねぇぇ!!


ではいただきまーす!!


まずはヤサイからっ!

濃厚なアブラに絡まったキャベツ多めのヤサイ。

一番最後の配膳だったためか、少しクタッとしてヒンヤリしていたのは惜しかったものの、文句を言わせぬ豪快な盛りで嬉しくなる。

今回特別トッイングのホウレンソウは実に薄味で、ただゴマと和えただけなのかもしれませんが、スープが濃厚なものだから、極力味付けは抑えたのでしょう。


スープ!

初めてのショウガ香るスープに驚く!

我の強い香りだから、賛否両論あるかと思いますが、個性的という意味では良いものかと思います。

それにしても、スープに忍ばされたツブツブのニンニクが辛いこと!

ビリビリと舌に刺激を与えてくる。なかなか見た目以上に凶暴なスープでした。


麺!

こいつも実に個性的!!

平打ちの太い麺。この太さは直系の中でも群を抜いて太いでしょう。

最終配膳だったため、かなり軟らかくなっていたのが惜しかった。

多くの人がカタメをコールしていましたが、確かにこの麺はカタメで食べた方が醍醐味を味わえるでしょう。


ブタ!

こいっつは・・・でかくて、固かった!

野猿街道店ばりの大きさのものもありましたが、モグモグが止まらないタイプのパサブタで残念。

脂身が欲しいというわけではないのですが、もう少し食べやすく処理できれば良いのになぁ~というのが正直なところです。


あとはビリッとビリビリッと刺激的な味わいを楽しんで一気に完食!!


総評:★★★☆


職人気質溢れた店主でとても好感触なお店でした。

しかし、大方の作業を一人でこなしているため、提供時間に時間がかかったのが難でしたね。

僕みたいにコールする物量が多いと余計に時間をくう。

トッピングくらいは助手にまかせてもいいのでは?と思いましたが、それはお店それぞれの方針ということで。


これからも一本気なラーメンを作っていってほしいものです。


スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。