■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラーメン二郎 池袋東口店 再訪


小岩で美味しいラーメンを食べて、お腹いっぱい♪

そして池袋へ。


『ラーメン二郎 池袋東口店』に行ってきました。


そうです。連食です。


二郎の連食とは正気の沙汰とは思えませんが、僕自身もよく分からず、思い浮かぶままに行動しちゃいました。


さて、池袋に着いたものの、すぐさま二郎はさすがにキツいので、ジュンク堂書店でお買い物をし、ふらふらと池袋を散策。


特に目ぼしいものもなかったから、来ちゃった。

16時30分、待ち4名。

さすがにアイドルタイム。二郎といえど、待ちは少なめ。

松屋的券売機で『ラーメンぶた入り(700円)』を購入。

アジア系のおばさんに食券を渡し、しばらく待つ。

程なくして、席が空いた・・・のですが、コの字型カウンターの一番の晒し者席・・・。

あー、この席で撮影かぁ・・・。

ま、いいや。


厨房はほとんど見えないけども、若いスタッフ2人とアジア系の給仕おばさんが1人。

おばさんのコール伝達が特殊。

『なー、ニンニク。』

『なー、マシマシ、ニンニク。』

と、枕詞に『なー』をつけて抑揚ない声で伝えている。


僕の番になり、おばさんに『トッピングは?』と聞かれたので、『ヤサイマシマシニンニクアブラでオネガイシマース。』と言ったとか言わないとか。

程なくして出たのが、これデース!

jiroikebukuro.jpg


目立つキャベツの緑色!


ではいただきまーす!


まずは尖がった山のようなヤサイ!

青いキャベツは細めに切られており、最後に載せたのでしょう。コントラストが映えて見栄え良しです。

食感はザクッとした程よい歯応えある茹で加減。


スープ!

ん・・・、甘めですね。

みりんの度合いが強いでしょうか。

乳化が強いスープですが、トンコツっぽさは見た目に比べると弱い。

インパクトには欠けるけれど、飲みやすい甘さのスープ。

なんとなく女性にも好まれそうなスープだと思いました。


麺!

『ラーメン二郎 歌舞伎町店』と似た中太丸麺。

店頭に、『歌舞伎町店』のアルバイト募集のポスターがあったため、何らかの関わりがあるのでしょう。

歌舞伎町店の店主が今の池袋店主になったんだっけ??

今度調べておこう。


麺の味は悪くないのですが、二郎の丸麺はあまり好みでしゃないんですよね。

家系のイメージ度が強いからかな?


ブタ!

・・・えっと、どうだったっけ・・・?

そんな風に記憶を模索してしまったくらいの出来。

若干しょっぱめで、二郎の中では小ぶり。

可もなく不可もない、というのが無遠慮で稚拙ですが正直な感想です。


容量は二郎の中では標準的。

でも連食をした僕にとってはいっぱいいっぱい。

どーしてこんなに満腹を超えてまで食べているのか??

自分の行動の不可解さに頭を抱えそうになりながら、お腹に許しを乞いながら、なんとか完食!


総評:★★★


おそらく最も気軽に入れる『ラーメン二郎』のお店でしょう。

店内の雰囲気が実にユルい。

さっさと食え!という待ち人のオーラはありますが、回りは談笑しながら食べているので圧迫感はありません。

総合的にも悪くない出来なので、池袋で遊んだ際に気軽に利用できる店だと思います。

jiroikebukuro2.jpg


さぁ、残る『ラーメン二郎』の未訪地はあと3店舗!!

血湧き肉踊るぜ!!



スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。