■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



こうかいぼう


休みって、ほんっとに素晴らしいもんですね~。


今回は門前仲町へ、評判の良い『こうかいぼう』に訪れてみました。

知らない街に訪れると気分が高揚します。

通り道には『富岡八幡宮』もありました。

そこにも立ち寄ったので、それは後日、記してみようと思います。


『こうかいぼう』には13時5分着。待ちは店外に6名。

店内に4名座れるイスがあったので、実質10名待ち。


情報によると、回転率が悪いという話でしたが、意外とスルスルお客さんが去っていったので、15分くらいで中に入ることができました。

ひっきりなしに動き回る奥さんにメニューを渡され、僕は『らーめん大盛(700円)』を注文。

しばらくして、カウンター席が空いたので奥さんにうやうやしく通される。

厨房を眺めると、手術明けという店主が一生懸命にらーめんを作っていました。

それにしても、お二方、よく動くわー。

がんばってる感が溢れている!


そんな中、程なくして届いたのがこっちら!


koukaibou.jpg


メンマでっか!


ではいただきまーす!!


まずはスープ!

ん・・・むぅ。実に優しい味である。

店内に貼られた文句にも『「最初は優しすぎるかもしれませんが食べているうちに深みに気づいて頂けるハズ』と書かれてあり、『味噌汁のように毎日食べられるラーメン』を目指しているともいう。

なるほど、確かにそういった趣のラーメンかと思います。

僕の記憶の中では『青葉』のスープに近いものを感じました。

女性に好まれそうな流行のスープだと思います。


麺は大盛りにしたためか、麺の量とスープのバランスがあまり良くありませんでした。

普通盛りだったら丁度良い量だとは思いますが、大盛りにしたら、それに見合うスープの量もほしいな、というのが正直なところです。

麺自体は今話題のサイタマー、丸富製麺の中太たまご麺。

柔い口当たりだったので、もう少しカタメに仕上げた方が美味しくいただけるかな、と思いました。


トッピング!

肩ロースのチャーシューはお肉の旨味がとても良くでている!

程よい食べ応え、味付け、ラーメンのチャーシューとして文句の付けようのない出来。

メンマは大きくて味付けも良い。

けど、食べにくいという難はあるかもしれませんね。


総評:★★★☆


ラーメンそのものは、些細な気になる点があるものの、良い出来だと思います。

とはいえ、かような行列店になる味だったか、と問われるとそこまで絶賛する部分があるわけでもない。

こちらの行列の所以は、クチコミによるものであり、評価を伸ばしているのは、接客の良さです。

僕が滞在したのは数十分程ですが、その間でも、常連っぽい人には店主自ら作業を中断し挨拶に行くし、腰の低い奥さんの丁寧な接客も見てとれました。

もう少しラーメンを作る作業に没頭できるようにした方が良いのでは?と思いましたが、このお店のスタンスとして『接客』を相当重きに置いているのでしょう。

作業効率を考えるなら、券売機を置いたり、水をセルフサービスにした方が良い。

2人で回しているのならば、余計にそうすべきところですが、そうしないで得られるものがある。

それが確かに反映されているのだから、素晴らしいことです。

江東区には『麺屋吉左右』もありますが、こちらも随分と評判が良い。

今多くの人が評価しているのは、こうした『接客』に重点を置いたお店なのかもしれませんね。


接客が良くあるべきというのは、飲食店として当たり前のことだと思いますが、ね。


koukaibou2.jpg


スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。