■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラーメン二郎 環七一之江店


夏真っ盛りンドバーグ!


ということで一睡もせず訪れたるは一之江

電車内で転寝していたら、隣のオサーンがいつの間にか真正面に移動していたということをされつつ、到着したのはこちらのお店。

jiroitinoe2.jpg


『ラーメン二郎 環七一之江店』

都営地下鉄新宿線一之江駅で降り、前日に調べておいた地図を参考に、『涼風橋、涼風橋』とその橋を目印にして歩いていたつもりが、涼風橋を確認できないままいつの間にか目的地を視認。

用意した地図には『?』がつきましたが、まぁ目的地には着いたので、早速並んでみることに。


11時5分着、待ちは3名。

開店間もない頃で、ファーストロットの人が食べている時分。

数分で食券を買えるタイミングに。

券売機にて『ぶた5枚入り小ラーメン(650円)』を購入。

こちらのお店は『汁なし』もあるし、『魚粉』無料トッピングもありました。

しばらくすると席が空いたので、着席。店主の所作を眺める。


うわ~、店主めっちゃ汗かいとるわ~・・・・・


調理場の熱気は最高潮。ラーメン屋にはつらい時期ですねぇ。

しかし、店主はどことなく楽しそうにラーメンを作っていく。助手の方も接客慣れしていて良い。

僕は汗がラーメンの中に入らなければいいな、と願いながら出来上がりを待ちました。


程なくして店主が僕に手を差し出し、『ニンニクは?』と問いかけてくる。

僕はいつもの調子で『ヤサイマシマシニンニクアブラで。』と返しちゃう。


そして現れたのがこれだぜ!

jiroitinoe.jpg


やっぱりヤサイマシマシは効かなんですね。


ではいただきまーす!!


まずはヤッサイ!

中々にキャベツの量が多く、歯応えも強い。

ヤサイを食べているという感覚はしっかりある出来映え。


スープ!

んぁ?

ちょっと・・・いやけっこうライトだなぁ。

『ラーメン二郎』系譜の中では薄めな印象ですね。

カネシ感はあるのですが、トンコツが希薄。


ん・・・?

なんだか、節っぽい味がするような・・・。

って、隣の人の魚粉の香りかっ!?

僅かな節の風味楽しむ意外な展開。

このライトなスープと、節を織り混ぜることによって唯一無二の個性派ラーメンとなるのかもしれません。


しかし正直なところ、スープにはもっとパワーのある味わいがほしいかもな、とは思いました。


麺!

モッチリした本店と同系統な中太麺。

茹で加減は程よい。

しかし、食べている最中はあんまり小麦の香りはしませんでした。


・・・なのに食べ終わってからしばらくして、今この記事を書いている時分でも麺の小麦感を想起させています。

店外で待っている時も、一番匂ってきたのは麺の香り。

これは刷り込みってやつでしょうか・・・?

初めての感覚に戸惑い気味です。


ブタ!

端っこが二つあるという美味しい展開。

(ラーメン二郎の端っこブタは大概大きめでお得感あるのです)


一つは少々しょっぱかったものの、その他の味付けは問題ありませんでした。

しかし、若干固さを感じる出来。


ほんと、お店によってブタの出来は千差万別だよなぁ。


そこが『ラーメン二郎』の魅力の一つなんですけどね。


後は、ひたすら食べまくる!

麺の量もたいした量ではなかったから、時間もさほどかからず、苦もなく完食!


総評:★★★


スープで若干評を落とす結果でした。

総合的に見て、抜きに出て優れたところを見つけられなかった、ということもあります。

ですが、特に悪い点はありません。

『ラーメン二郎』としての特性もしっかり具わっているし、文句をつける部分はない。

のですが、もう一度来て食べたいな、とは思えなかったのが正直な感想ですね~。


スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。