■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



麺恋処 いそじ


友人のライヴを観に、代々木に訪れました。

せーっかく代々木に来たのだから、美味しいもの食べなきゃ!

ということで、訪れたのはこちら。

isoji2.jpg


『麺恋処 いそじ』


そうだね、ラーメンだね。

(いつもと行動原理が一緒)


こちらのお店、今年の7月2日にオープンしたての新店で、評判が良いので訪れてみました。

情報によると、『代々木ゼミナール』の角を左折。直進した右側とあったものの・・・・・


代ゼミ多すぎ!!!


さすが総本山。代ゼミの多さはハンパないぜ!


ってことで、ちょっと迷いながらも辿り着いたのは18時15分。

待ちはなし。店内には3名という評判のわりに閑散とした様相。

券売機にて、『○得つけめん(880円)』を購入・・・・・・

のはずが、間違えて『○得中華そば』のボタンを押してしまう!

お店の方に『つけめんにしてもらえますか?あと中盛で~。』と言って事無きを得たものの、こういったミスは恥ずかしいものですね。


さて、自家製麺を謳うこちらのお店。

中盛りにすると無料で315g。お得ですね。

作業の途中、お店の方が『ゆずは入れてもよろしいでしょうか?』と問うてきたので、僕は『はい。』と応える。

ゆずを使うお店は大抵何も言わず、基本設定のように入れてくるので、こういった配慮は好印象です。


程なくして、出てきたのはこれた!

isoji.jpg


キレイな『つけめん』ですねっ!


ではいただきまーす!!


まずは麺のみで!

んむぅ、ツルツルのモチモチ中太麺。

やや固めな歯応えで小麦の香りはあまりしない。


それをスープに浸してズルゥゥー!!!


(*゚∀゚)*ウマヒ!


・・・・・んだけど、これどっかで食べたことある味だな。


あぁ、『頑者』のつけ麺にけっこう近いな、と。

ネギの味が強いし、ゆずの香りもするから違うといえば違うのですが、全体像として近似感があります。

少ーしだけピリッと辛いのも似ている気がしました。


チャーシューは美味しいのだけど、冷蔵庫特有の匂いが出ちゃっていまいした。冷えたチャーシューはなんだかがっかりしちゃうんですよね。

ナルトは付け添いのわりに肉厚で意外にも美味しい。

ゆで卵は普通。

メンマは特徴はあまりないけども、優しい味で安心して食べれる上出来なもの。


315gペローリといただいて、スープ割りもしっかりいただきました。


総評:★★★☆


なんというか、今時流行のつけ麺といった感じでした。

つけ麺を食べさせるお店としてはアドバンテージが高いと思います。

これから先、いろいろなグルメ雑誌で取り上げられそうなお店だとは思いますが、僕がいつもラーメン屋に求めてしまう、インパクトはないというのが正直なところです。

僕が訪れた時はたまたまお客さんが少なかったのかもしれませんが、ネームバリューがないだけに、よっぽどのラーメン好きでないと訪れにくいでしょう。

一般人が並ぶレベルにするには、欠点があったとしてもそれを凌駕する特徴が必要でしょう。まだスタートを切ったばかりですが、より斜め上の高みを目指してがんばってほしいと思います。


あ、あと気になったのは、夏場なのにトレーナーを着込んでエアコンも扇風機も使用していないのはどうしてなのでしょう?

っていうか、エアコンも扇風機もなかったなぁ。

店員さんはサウナ状態でもがんばるという気概を見せたいのかもしれませんが、お客としてはせめて店内は快適であってほしいと思います。


スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。