■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



和風ラーメン 和鉄


銀座にて色んな意味で素晴らしいお寿司を食べた後、銀座界隈を散策。


いや、ほんと煌びやか。


立ち並ぶブランド店の気合がハンパない。

デザイン性強すぎ。

デザイン性が高いというより、強さを感じるデコレート。


そんな建物を眺めた後、お茶などをしてから、帰ろうと京浜東北線に乗ると、


蒲田止まり。


・・・・・・


こりゃもう蒲田行けってことでしょでしょ?


ということで、総括的な締めを担ったラーメン屋さんがこちら。

watetsu2.jpg


『和風ラーメン 和鉄』


激戦区大田区の有名店のようですが、僕は蒲田の東口に降り立ったのも初めて。

なんだか西口よりも昔ながらの繁華街っぽく、古い飲み屋さんが立ち並ぶ。

そのため、治安が悪そなイメージ。

怒号も聞こえたし、怖かったですね。


少し歩いて行くと、すぐさま見つかり待ちもないので入店。

こちらのお店は大盛りが無料ということなので、券売機にて『中華そば(600円)』を購入し、迷わず『大盛りでー』と言って食券を提出。

特になんら問題もなく出てきたのがこれだっっ!

watetsu.jpg


シンプルだねっ!


ではいただきまーす!!


スープ!

魚介系、特に節系の風味が強い。店名にある『和風』を表すスープ。

トンコツも味わえますが、若干という程度。


麺!

あぅ~、細麺なのはかまわないのだけど、粉っぽいなぁ~。

『ラーメン二郎』でもよく、ボソボソ感とか言いますが、それとは違う粉っぽさなんだよなぁ~。

スープとの相性の問題かもしれません。

ま、贔屓目もあるような気がしてきますが、この麺の仕上がりは微妙だと思いました。

茹で加減がよろしくないのか、湯切りが悪いのか、麺自体の問題なのか分かりませんが、せっかく大盛りにしたのだから、美味しい麺で戴きたかったというのが消費者の意見、勝手な僕の本音です。


トッピング!

メンマの出来はまずまず。とはいえ、この品質くらいのメンマは最近意外とあるので、もっと意外性ある美味しさがほしいところ。

チャーシューは箸で摘んだらすぐに崩れてしまうほど柔らかい。

ブラックペッパーによるスパイシーさと程よい味付けが相まって美味しい。


そして一気に食べ進めペロリと完食~。


総評:★★☆


調べによると、『青葉』を超えるラーメンを目指してラーメン作りをしているそうで。

正直、『青葉』も特筆すべきインパクトがない、普通に美味しかったラーメンなので、それを目指しているというこの『和鉄』も同じ感慨に至っちゃいますね。

普通なラーメン。

とても食べやすいし、値段もお手ごろ、気軽に入れるから近くにある分には選択肢の一つに入るラーメン屋さんだと思います。

ですが、僕は遠方でもいいから、行って、食べて、もう一度行きたくなるラーメン屋を求めています。

そんなお店が実際にあるのです。

何かを目指して超えるという目標は構いませんが、そこから逸脱してこそ真価を問われるのが、ラーメンだとも思うのです。


この先も『青葉』を目指すのか、それとも独自の路線を目指すのか。

もし後者を選択し、その噂を知ることが出来たら、伺おうかと思います。





スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。