■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラーメン二郎 高田馬場店


田町・品川・目黒・新宿・池袋・・・・・

山手線上って良いお店多すぎだよなぁ。



ってことで久しぶりに高田馬場にやってきました。

まー、例によって『ラーメン二郎』のために来たといっても過言ではないのですよ。


以前伺った時は、このブログが再始動した頃、初のラーメンレビューがこの『ラーメン二郎 高田馬場店』でした。

今となっては、屈強なラーメン狂となってしまったので、あの頃の印象と比較してどんな面持ちになるのか?

そんな自分的比較を楽しみに訪れました。


到着は19時ちょい過ぎ。

時間的に混んでいるかなぁー?と思ったものの、満席とはいえ、待ちはなくすぐに食券を購入。

今更ながら、高田馬場の券売機はややこしい。

ミニラーメンは分かるけれども、俗にいう『小ラーメン』に関してブタが『中盛・大盛・特盛』とあって、どれが『小ブタラーメン』に該当するのか分かりづらい。

僕はつい中盛を購入。

しかし、注意書きをよく読むと、中盛は二郎でいう『小ラーメン』だと!?

いかーん!!

ということで、店主(?)に『ブタ、大盛にしてほしいんですが。』と尋ねると、『じゃー、食券の上に100円置いてください。』と言うので、その通りに。

なんとか『小ブタラーメン』をいただけるようだ。

ちなみに都合750円。


そして、相変わらず豪胆な作業でラーメンを作っていく。

程なくして、助手の方が『ニンニク入れますか?』と遠くから問いかける。『僕ですか?』と問い返す。頷きを返されたので、『ヤサイマシマシニンニクアブラでー!』と言うと、もりっもりっとトッピングをし、最後にザバーとスープを捨て、出てきたのがこれこれっ!

jirotakada.jpg


高田馬場店でしかお目にかかれない、『くずしブタ』がイイですね。


では、いただきまーす!!


まずはヤサイ!

うん、前にいただいた『歌舞伎町店』に比べ、少し柔らかめに茹でられていて僕の好み。いーですね。


スープ!


甘ぁーいっ!!


美味しいけれど、甘さが強いスープ。情報ではサツマイモをスープに入れているということなので、その甘さが際立っているのでしょうか。

トンコツや醤油の味よりも、野菜の味が出ているスープだと思います。


麺!

『ラーメン二郎』の各店舗の中で『高田馬場店』の麺が、中間的なボソボソ感と太さを体現しているな、と思いました。

僕的には『蓮爾』の極太ボソボソ麺に感動してしまったので、もっと太くてボソボソ感があった方が『二郎』のラーメンとしては好きなのですが、この『高田馬場店』の麺は『二郎』の麺としても文句の付けようのない上出来なもの。美味しいです。


ブター!

さっすがくずしブタ。脂身トロトロで旨味がジュッと出てくる。

程よい味付けで、これは美味しい。


そして食べ進めると分かってくるのは、


クドい!!


ということ。

スープは甘いし、ブタも脂タップリだから確かに美味しいのだけれど、少し飽きがきます。

量は二郎としては標準的なのですが、高田馬場店独特の味に危うくオイタをしそうになりました。


総評:★★★☆


『甘みは旨味』と言いますから、甘くて美味しいのだけど、個人的にですが、甘みの過度を超えてクドくなってしまった気がします。

ラーメンそのものは美味しいんだけどなぁ。

なんだかもったいない気がしました。


もったいないといえば、なぜ高田馬場店はほぼ毎回スープを捨てるのでしょう?

ある意味、名物化になっているとも言えますが、床がギトギトになっているだろうし、スープがもったいないと思うのだけど・・・

ハッ!?

もしかして表層の油を捨てることによって、あのラーメンは完成されるというのかっ!?

つまりあのスープを捨てる工程も重要な要素だと・・・・?


・・・なわけないですよね。


トッピングで増された分溢れてしまうスープを捨てているだけでしょう。



そういえば、隣の男子がコールの際、『アブラ、ニンニクマシマシで。』と言って出てきたラーメンが凶悪なものだったと追記して今回は締めたいと思います。


jirotakada2.jpg

スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。