■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



蓮爾 登戸店


休みっていうのは、あっちゅう間。(あっちゅうま!)


そんな時もグッとラーメンを喰らう!!


今回はこちらに伺いました。


hasumi2.jpg


『蓮爾 登戸店』


蓮爾とは『はすみ』と読むそうで、『旧ラーメン二郎町田店』だったそうです。

なんで町田なんだろ?と思いましたが、どうやら、町田にあった二郎がこちらに移転し、名前を『蓮爾』としたそうで。


その『蓮爾』を目指し、南武線登戸駅で下車するも、


道に迷う・・・・・。


10分くらい登戸周辺をうろついてしまいました。

小田急の『向ヶ丘遊園』駅を過ぎ、世田谷通りの登戸交差点に出たら見えたーっ!

18時30分。店外に6名。

中に3席あったので、実質9名。

その列にサクッと入り、しばらく待つ。

するとらしきものが見える。

hasumi5.jpg


まるで公衆電話のような形状の券売機。

お金を入れ自分が食べたいラーメンの番号を押し、発券。

僕は『小エビラーメン豚入り(950円)』を購入。

すると、藤田まこと似の助手(?)の方が『どうぞー』と言い、食券を渡す。


後続の若人たちも、食券を渡していたけど、その際、『麺増しでー』と言っていました。

どうやら、こちらのお店はサービスで『麺増し』ができるようですね。


店内は静謐と呼んでもいいくらい、静か。

食べ終わったお客さんが『ごちそうさま』と言っても、基本シカト

たまに『あしたー』という言葉と、『お客さま、空いてる席どうぞ。』などと必要最低限ギリギリの言葉しかない。


20分程経ち、そんな奇妙なほど寡黙な店内に座ることができる。

マスク姿の藤田まこと氏に『トッピングは?』と聞かれたので、『野菜マシマシニンニクアブラで』といつもの言葉を返す。

そして出てきたのが、こーれだっ!

hasumi.jpg



イーイ盛りっぷりだっ!!!

でも・・・・・


アブラないよー!?


藤田さーん!忘れたー!?


と思ったものの、止めておく。

これも運命。


ではいただきますっっ!!


まずはこんもり盛られた野菜からっ!

モヤシ率99%くらいのもやしっこ。

少々土臭い。柔らかい仕上がりだけど、この土臭さは僕はイマイチ。

カラメ推奨ですね。


スープ!

ぶふぉうっ!!

エビィィィィィィィイ!!!!


エビさんの自己主張激しすぎますっ!

いや、エビ入りを頼んだのは確かですが、びっくりするエビ味。

食べ進めていくと気にならなくなりましたが、ファーストインパクトは凄いです。

でも、+200円分と考えるとちょっと高いかなぁ、と。

投入されていたニンニクは、ガツガツ食べている時はあまり気になりませんでしたが、最後ら辺になると、『スパーキン!』をかましてきます。

ド辛いツブツブにお気をつけください。


スープ自体は非乳化タイプの醤油をたてたライトな仕上がり。

飲みやすいなかなか美味しいスープです。


で、なんといってもここはやっぱり麺なんですよ!!

ここの麺はマジ凄いっ!!

『うどんに成り損ねた麺』と形容した方がよいですね。

ぶっといです。

そんでもって、ボソボソでボキボキです。

ブツブツ切れる食感は本当に失敗したうどんのよう。


でもそこがイイっっ!!

この麺は『二郎』好きにはたまらん麺ですねー。


そして野菜に隠れて見えなかったブタもすんごい!

hasumi6.jpg


テキトーと言わんばかりに、大きめにブッタ切ったブタがたっぷり!

これがまた・・・・・・

( ゚◇゚)ノウマーイ

程よくカネシが効いた絶妙な味付け。

惜しむらくは、少し脂身が少なかったことでしょうか。


総評:★★★★


個性かくもあらん!

という感じです。

あの麺には正直、シビれました。


あの麺を『つけ麺』で食べたらどーなるんだ??

久しぶりに再訪しても良いかなと思えるお店でした。


そういえば隣に座った方が『ヤサイニンニクアブラ』とコールしていましたが、盛りっぷりも僕とほぼ同等で、しっかりドローっとしたアブラがかかっていました。


・・・・・・ドチクショー!!!


スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。