■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



横浜西口 大勝軒


6月が始まっちゃいましたねー・・・・。


最近ごぶさたしている『2次元音楽レビュー』ですが、別ブログで評することにしました。

このブログでは『グルメ系』で一本化しようと思います。

グルメ系といっても、ほとんどラーメンの記事ばかりですが・・・。

どちらも合わせて閲覧していただけたら嬉しい限りです。

another world of bandneet
http://bandneet2.blog107.fc2.com/

では、本編をどぞー。



以前、『横浜の大勝軒を食べっぞ!』と息巻いたものの、ありえない行列によって、避けてしまいましたが、この度、遂に行ってまいりました!

yokohamataisyouken3.jpg


『横浜西口 大勝軒』


平日の17時だというのに、まさかに8名待ち。

えー・・・・


おいおい・・・

よせよっ・・・!



という気持ちながらも、並んでみる。

とりあえず、食券はすぐに買えました。

購入したのは『合い盛り(中)(740円)』

横浜店だけなのかは分かりませんが、『もりそば』『あつもり』を同時に食べれる、なんだか一挙両得なメニュー。

狭いコの字型の待合イスで待つこと10分。店員の方に食券を渡すと、『お好みは?』と聞かれたので、『麺固めで』とだけ返すことに。

程なくして、カウンターに通され、待つ間は調理場を眺める。

調理場のスタッフは6名。案内役も合わせれば7名だから、なかなか多いスタッフの数。

それぞれに分担があるようで、人員配置はしっかりしている様子。


なのだけど・・・・・


なんだか雰囲気がよろしくない。

『店長』と呼ばれていたスープ担当の方が如何せんイライラしている様子。

スタッフの方にイラついているのか、お客にイラついているのか、スープの出来にイラついているのか知りませんが、負のオーラ出しまくり。

それが伝播して、スタッフの方々も幾分緊迫感。

緊張感を持って仕事をするのは良いのですが、客としては、負のオーラ放出されている雰囲気で食事はあまりしたくないなー、と。

多国籍・老若男女がいる職場だとうまくいかないことは多々あると思いますが、それを表面化してほしくはないですね。


さて、カウンターに座ってから10数分経ち、出てきたのはこれだよっ!

yokohamataisyouken2.jpg


むぅ・・・

麺多・・・・・


ただでさえ麺多いのだからお腹の空きっぷりにまかせて中盛りを選んだのは、ちと失敗。


とにかくいただきますっ!


まずは『あつもり』の方をスープにつけて、ズルー!


・・・・・・・

あれ?

スープ弱くない?


大勝軒独特の動物系の味わいも、節の味わいもマイルドと言えば聞こえはよいのですが、味のパンチが弱い。

『東池袋大勝軒』で戴いたときは、外にまでスープの香りがプンプンしていたのに、こちらのは食べている端からその匂いが弱い。

玉子麺の硫黄臭を拭えず、むしろその匂いと合間って、若干不快感。


チャーシューは本店で食べたものと負けず劣らずの良い出来映えでしたが、ゆで卵はそのまんま、『ゆで卵』。


総評:★☆


本店とは場所も、作る人も違うし様々な条件で違うのだから、味が違ってくるのは当然だとは思いますが、どちらが良かった?と問われた時に、完全に軍配を返されてしまうのはどうかと思います。

『どちらも甲乙つけ難し!』となるのが、一番の評価だと思うのです。

横浜大勝軒はすべての面において、本店より劣っている気がしちゃいました。

今、無くなってしまったものと比較するのは芳しくないと思いますが、『大勝軒』という名を受けている以上、『大勝軒』の味に感銘を受けた人達をがっかりさせてはいけないのではないか?と思います。

横浜店は立地が抜群に良いのですから、その重責はさらに重いはずです。

僕はこれで3回目の来店でしたが、よっぽどの機会がない限りもう行かないでしょう。


お店に対しては、足を運ばないことを後悔させてほしいな、と妙なエールを送ります。


そういえば、飾ってあった写真に載っている山岸さんとおそらく横浜店の店主。あの店主は一度も見たことがないのですが、いついるのでしょうか?

そこが気がかりではありますね。


スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。