■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラーメン紀行 -京都編- ⑥


まったきたよー☆

一乗寺!!


マジ、車すげぇ便利!

僕も運転練習して、車移動できるようにしたいと思いましたね。


さて、再び一乗寺に来訪し、目指したお店はここ!

masutani2.jpg


『中華そば ますたに』

『天天有』『高安』に並ぶ京都では昔からの有名店のようですね。


店外に2・3人の待ちを確認。その後ろについてみると、調理場が見え、作業している姿が丸見え。

調理人の後背から見ているので、超ガン見

まー、見事に大ざっぱですね。

『二郎』を思わせる、大がまから平ザルで掬いだされる目分量の麺。

入れている醤油タレも見事目分量。

そんな所作を見ながら時を過ごすと、店内に案内。お座敷に通される。

座ってからじっくり店内を見渡すと、なんとも家庭的な様相。


なによりもびっくりなのは、従業員数!

調理人を合わせれば7人!

調理人2人はまだ良いとして、洗い場に2人、レジ係に1人、案内係に1人、注文を伝える係1人。


こりゃ多すぎ。


どんなに行列になろうとも、手持ちぶさたな人が出てくるだろう贅沢な人件消費。

家族間の経営なのかなー?と思ったものの、中国人の方と思わしき女性もいたから、雇っているんだろうけど・・・。

なんというか、人が多すぎて空回りしている感はありました。


さて、そんなことを思いながら、『ラーメン 大 (700円)』を注文。

程なくして、出てきたのがこれだ。

masutani.jpg


背脂バリバリィ!!

というのは聞いていましたが、まぁ、そこまでたいした量には思えませんでした。それよりもラーメン鉢に付着した汚れの方が気になりました。

背脂をチャッチャしたのなら、鉢を拭くくらいのことはしようよ。と思いますが、『ラーメン二郎』で慣れている身としては、そんなことは目をつむります。


ではいただきますっ!!

まずはスープ!!


むむむぅ!

辛いっ!!

そんなに辛ーッ!という程ではないのですが、見た目とは裏腹になんだか辛いっ!

何故辛いのかは分からない。けど、第一印象は辛さが目立ちます。

そして、スープの味事態は正統派豚骨醤油の背脂増しってところ。特に特筆すべき美味しさを見出せませんでした。

麺はヤワヤワのドロッとした印象。

町のガテン系御用達といった赴き。


チャーシューもペラッとした一般的なもの。


総評:★★☆


以前食べたことのある和歌山県の『井出商店』に近いかも。と思いました。そちらよりも辛さが目立つ仕上がりでしたが、正直、標準的な味わい。

立地条件からして、地元の大衆食堂として利用されていたお店が、幸運にも有名店になったのだと思います。


さて、次回でラーメン紀行京都編は最終回!

最後は京都府で随一の行列店!!

これをご紹介して関東に戻ってきたいと思います。

ではまた~☆


スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。