■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラーメン紀行 -京都編- ④


比叡山焼き討ちもせず下山すると、時刻は18時を過ぎていました。

再び一乗寺に訪れ、目指すべきお店へ向かう。


『ラーメン荘 夢を語れ』


『本当に美味しいラーメンベスト30』でも名が挙がっていたこのお店、京都の老舗有名店『天天有』のすぐ隣に構えています。

そんな、京都最高峰の激戦区に突入!!

・・・・・・・

うおぅ!

すっげぇ並んでるっ!!

最初から数えてみると、34人並んでいました。

土曜だからより多いのだとは思いますが、『ラーメン二郎横浜関内店』ばりの並びよう。

客層も近くの学生さんらしき方々が多く、観光客よりも、地元の若者が多く見受けられました。

お隣の『天天有』は19時開店ということで、そちらにはそれほど待ちはいませんでしたが、この二店はラーメン屋の行列の中でも、相当異質な混み方をしていましたね。


最後尾に並び、ゆるゆると消化されていく人波を待ち、食券を買えるタイミングになるまで1時間


どうやらこちらのお店は、先に食券を買い、助手の方に見せるシステムのようで。

僕は、『小豚ラーメン(750円)』

と、

『お持ち帰りブタ』5個。


お持ち帰り用のブタは一つ900円。これ、土・日限定の販売なので、おみやげ用も含め、5つも買っちゃいました。

えへへ。


さて、まずこの『ラーメン荘 夢を語れ』は入店からして違います。

席に着く前に、食券機の反対側にある『おしぼり』を取り、その下にあるレンゲとお箸を取る。お箸は割り箸ではなく、使いまわせる普通のお箸が用意されているエコロジーっぷり。

おしぼり入れの近くには、お店がプッシュしているらしき地元ミュージシャンのチラシ。BGMもおそらく地元ミュージシャンの音が鳴っていました。

席に着くと、二郎系列では珍しい、小柄で若く細身な店主が湯切りをする姿。

カウンター10席の店内、京都で『ニンニク入れますか?』と尋ねている様。


う~ん、なんだか感慨深い。


それにしても、お客さんのコールがなんだか控えめ。

『ニンニク入れますか?』の問いに、『はい』、『いりません』という正当な返答ばかり。

『野菜増し』などの会話になってないカオスな返答をする人は見受けられませんでした。


その所作を眺めていると程なくして、遂に『ニンニク入れますか?』と問われる。

僕は『野菜増し増しニンニクアブラで』と答えになってない応えで返す。


待つこと総計1時間10分。

出てきたのがこれだっ。

yumewokatare3.jpg


あ~・・・・・・

すんげぇ。

やっぱりすげぇや。

もー表面張力状態のスープ。

しっかり盛られた野菜とニンニク。

最高だ。


ではいただきますっ!!

まずは野菜・・・・・

って触った瞬間こぼれたっ!

どぱどぱこぼれるのでやむなくおしぼりで拭く。


気を取り直し野菜。

ん~、茹で加減は二郎的に言えば、若干茹で過ぎでしょうか。

『ジャクジャク』という水分保有量が高い食べ応え。

でも僕はこれくらいが好みなのでお構いなし。


スープ!

こちらのスープはトロリとしたアブラの主張が強い。

アブラとトンコツの旨みがじゅわっと出ています。

甘みが強いスープですね。

そーいえば、このお店は醤油は何を使っているのだろう??

カネシ醤油ではないと思うんだけど・・・。


そんなスープを受け入れる麺!

こちらの麺は本当に素晴らしいですね。

麺に切れ込みが入っており、スープとの絡みが抜群に良い。

二郎系の中太麺。ボソボソ感よりもモチモチ感が強い。

店の奥にあるEBISUの製麺機を見るとなんだか嬉しくなりました。


そして、何より凄いと思ったのはブタ!

こちらのお店はブタの種類に『ウデ』と『バラ』があり、それが2枚ずつ入っている!!

これは、僕にとって革新的というか、コロンブスの卵を見ている心境でした。

ラーメンといえば、チャーシューは一種類のみが通俗的です。

しかし、こちらのお店は2種類!!しかもふたつとも違った個性を発揮!!しかも、うんまいっ!!!


脱帽っす。


いつの間にか出ていたマルジ系御用達の甘じょっぱい『別皿アブラ』も見事。


総評:★★★★☆


京都の人が羨ましい、とちょっと思っちゃいました。

関東には本家とも言える『ラーメン二郎』がたくさんありますが、総合的な面では、こちらのお店に勝てるお店はないかもしれません。

5つも買ったお持ち帰りブタも種類を選べるサービスっぷりも良い。

関東の二郎もお持ち帰りブタ、あればいいのになぁ~。

yumewokatare4.jpg

スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。