■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



らーめん天神下 大喜


御徒町に用事があったので、そのついでに湯島天神下にある『大喜』に行ってきました。

どーしてか、仕事があるというのに、雨。
(僕は雨男なので)

雨降る中、傘もささず、春日通りを行く行く。

天神下交差点の向こうに彼の店はありました。


一時期テレビでも取り上げられ、一躍有名店となったお店。

平日で雨だけれど、13時だし、混んでいるかなー?と思ったけれど、待ちはなし。

店先に券売機があり、どのメニューにしようか模索。

なんだか限定○○食っていうのが多いお店ですね。

日本人は限定モノに弱いからってそんな謳い文句には釣られな・・・

と昼・夜限定30食『とりそば(850円)』を購入。

入店してみると、二人掛け用のイスが3席目の前に。

『二人掛け用のイスってどーなのよ・・・?』と思うものの、3つある席の真ん中に陣取る。


程なくして、威勢のよい中国人らしき女性の方が、

『オマチドウサマー!トリソバデス!!』

と勢いよく目の前に置く。

あまりの勢いに丼半回転。


あぶねー。


とそんなヒヤリとさせた『とりそば』がこれだ。

daiki.gif


おそらく鶏油らしきものがしっかりと浮いています。けれど、お肉は鶏のササミ肉みたいな部分だし、カイワレ大根がトッピングされているしで、見た目ヘルシー。


ではまず、スープ!

スープは鶏の旨みと程よい塩味が『ドンッ』ときます。

鶏の旨みは好みではあるけれど、それは家庭の話であって、こうした外食としては、やっぱりインパクトには欠けますね。

あっさりとしていて、『これぞ塩ラーメン!』という感じで文句つけようがない。

とはいえ、文句はないけど、文句をつけたい気持ちにはなっちゃう。


故に過大評価も過小評価もできません。


総評:★★☆


もっとこいよー!!


感がないのです。

これが塩ラーメンの限界なのでしょうか?

美味いとは思えど、感動的な味わいとまではいかず、『女性でも食べやすいだろうな』という考えなくもよい感想が芽生えてしまいます。

どこかに、すっげぇ感動させる『塩ラーメン』ないかなぁ・・・。

daiki2.gif

スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。