■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Zoot


蒲田駅西口にある『Zoot』に行ってきました。


蒲田は『ラーメン大 蒲田店』以来の来訪ですが、今回はゆっくりと蒲田駅周辺を散策。

それにしても、飲食店の数が多い!多すぎる!!

なぜこんなにせめぎあわねばならんのか?というくらいの軒の連ね様。

蒲田は『ラーメン激戦区』というわりに、行列店は少ないというのもちょっと納得です。

そんな蒲田の中でもわりと評判の良い『Zoot』

ガラス越しに店内は見渡せるものの、少し重厚な扉にちょっと躊躇。

入店してみると、カフェっぽい作りで、アンビエント・ミュージックが流れているし、照明、配置されているCDラック、フライヤーなどから『おしゃれ』さを演出してる様子。

店主一人きりの様子で、お客さんは3人しかいませんでした。

有名店でお客さん3人ってどんだけ激戦してんだ蒲田!?と思いながらも、食券機にて、『つけ麺+大盛(800円)』を購入。

店主の所作を見ながら待つこと数分。

でてきたのがこれだ。
zoot.gif


最近『つけ麺』をよく食べていますが、今回の『Zoot』のお味はっ!?


うん、普通。


豚骨スープの味わいはすれど、深みがなく、しょっぱいなと感じてしまう部分が多々ありました。

四角ばっている麺はめずらしいなと思うけれども、だからどうした?という感じ。

メンマは柔らかく美味しいし、チャーシューもジューシィなれど、特筆すべき点とまではいきません。

つけ麺という特質上、仕方ないのかもしれませんが、食べ進めていくにつれ、ぬるくなる。鋭さを増していくしょっぱさ。これはちょいと微妙なものですね。


総評:★★


気になる点は、『寸胴の小ささ』です。

スープを煮出している様子がまったくない。


おそらくスープを冷凍してそれを小分けに解凍しているのかもしれません。

現在は冷凍技術も進歩しているから、『冷凍だからマズイ』とは言い切れませんが、目の前で煮出され、作り上げているスープには及ばないと思うのです。

確かに目の前でトンコツやら鶏ガラやらを煮出して、くっさい匂いを発するのは『おしゃれ』な演出を台無しにしてしまうかもしれません。

しかしラーメン屋に求めるのは大抵、『美味しさ』です。

僕はそれに付随して『インパクト』が欲しい。

おしゃれなラーメン屋はいらない、という訳ではないのですが、おしゃれな食事を求めてラーメン屋に訪れることはないと思います。


形より前に中身で勝負せよ!!


と思うのですが、『見た目が9割』とも言いますし、こういうお店を受け入れる人のが多いんだろうなぁ~。

zoot2.gif

スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。