■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラーメン二郎 京成大久保店 (2)


祝!復活!!


ということで、久方ぶりに訪れてみました、千葉県!


秋晴れの中、訪れたお店はこちら!

jiroookubo2-2.jpg

『ラーメン二郎 京成大久保店』


11時50分着。店内待ち2名。


券売機にて『大ブタ(850円)』を購入。

こちらは見本写真付きで親切ですね。

(実際目の当たりにすると違うとは思いますが)


先に待っていた方が、連席を希望されていたようなので、1名だけ空いていた席を譲ってくれる。

ありがたいことにすぐさま着席。


9月10日に新装開店をした店舗。

新しいというけれど、以前訪れた時(2007年5月28日)と雰囲気はあまり変わっていない気がしました。


違ったのは、奥様がいないこと。

この日は店主と男性スタッフの2名体制。

1年と数ヶ月、店主はどのように暮らしていたのか。

久しぶりに会った店主は時折『ラーメン生郎』店主ばりの遠い目をする。


・・・色々あったんだろうなぁ・・・としみじみ思う。


そんな中、1ロット4杯のラーメン、もしくはつけ麺が出来上がっていく。

店内は学生さんがひしめき合い、談笑に花が咲く。

『ラーメン二郎』らしくない、ラーメン屋さんらしい状況に微笑ましくなる。


そうこうしていると、野菜まで盛った状態に。

助手の方が、『ニンニク入れますか?』という言葉。

『お願いします。あとヤサイとアブラも。』

と松戸形式で応えます。


店主は、しれっとした面持ちで液状油を回しかけ、ヤサイをちょびっと足します。

そして、出た!

jiroookubo2-0.jpg

お久しぶり!大きくなりましたね!!


ではいただきまーす!!


まずは、ヤサイからいきましょう!

最初に盛られたヤサイが結構高め。

ちょっとモヤシ特有の臭いが気になる仕上がり。

やや冷め気味でもあったので、こういう仕様ならばカラメ推奨かもしれません。


並々張られたスープを!

jiroookubo2-3.jpg


贅沢なまでに多めなスープですね。

みりんの風味が強め。基本的な油の量も多めかと思います。

そのため、かなりマイルドで甘い。

ちょっと飽きやすいタイプだと思いますが、想像していたものよりも断然美味しいものに思えました。

豚骨のコクもしっかり感じられますし、全体的にはバランスがとれている。

前回の記憶はもうほとんど朧ではありますが、良い印象でした。


スープに沈むブタ!

jiroookubo2-4.jpg

筋がありながらも、柔らかいブタですね。

味付けも薄味で程よい仕上がり。

1つだけもの凄く醤油色に染まったものがありましたが、それはツナ感覚でヤサイと共に美味しく戴きました。

ボリュームもなかなか。

歯に詰まる感覚が残念なところではありますが。


麺!

jiroookubo2-5.jpg

情報では柔らかいという話を聞いていましたが、思っていたよりもしっかりした歯応えが。

『ラーメン二郎 京急川崎店』のデフォルトよりは柔らかくないかな、と思います。

全体的にちぢれたやや短めの平打ち麺。

感動を呼び起こすものではありませんでしたが、不満は感じませんでした。

量も結構ある方だと思います。


最終的にキツかったのは、ニンニク。

相変わらず大盤振る舞いしてくれますね。

個人的には微量のニンニクで楽しめるのですが、終盤では絡まりまくるニンニクでビリビリ。

食後の己が非常に気になる感じに仕上げてくれました。


総評:★★★


前回訪れたのは、2007年5月28日。

さしたる変容はなし!!

まさに復活といえるでしょう。


もう一度つけ麺を食べには来たいですね~。

注文している方のを見たら、結構美味しそうでした。


久しぶりに訪れた京成大久保ですが、変わってないですね~。

お隣のホワイト餃子は閉店されていましたが、

DSCN3333.jpg

PEACEは今でも営業中!


訪れた時が木曜だったので、定休だったのが残念。

相変わらず、

okubo.jpg

↑は展示してるのかな~?



スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。