■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



蓮爾 登戸店 (3)


もう・・・、雨凄かった。


今回は久しぶりの遠征。

こちらのお店。

hasumi3-2.jpg


『蓮爾 登戸店』


ここの『巻きチャァ』を食べたくて来ちゃいました。


17時40分着。待ちなしのファースト。

花壇(?)の縁に座り、待つ待つ・・・。

18時になっても開かない・・・?

18時10分にオープン!

券売機は変わらぬ番号式。

14番『大ラーメン(800円)』を購入。

その食券を助手の方に提出し、

『すいません、巻きチャァも。』と言うと、

『カウンターにお金置いていただけますか~。』という。

しかも、お釣りは出せないらしく、予め用意しておく必要があったようだ。

財布を調べると、なんとか巻きチャァ代150円はあったので、高台に乗せる。


それからしばらく・・・。


結構時間がかかる。

そりゃ、あの極太麺だものなぁ・・・

などと、考えていると、助手の方がツカツカと奥の厨房から尋ねにきた。

『大ラーメンの方、ニンニク入れますか?』

『ヤサイニンニクで。』

奥へ戻る助手。

横に長いと行って帰ってくるのも少々時間がかかりますね。


そして、待ちに待ったラーメンがこれぇ!

hasumi3-0.jpg

こ・・・こりゃすげぇ!!


ではいただきまーす!!


眼前にとぐろを巻く物体は置いといて、

まずは、ヤサイから!

やはり『蓮爾』のヤサイの盛りは素晴らしくボリューミーだ。

直系の中でもここまで高らかに増してくれるのは数少ない。

程よい茹で加減と、モヤシとキャベツの配分。申し分ない。


そ し て !

これ!

hasumi3-3.jpg

こんな凶悪なまでにデカいブタさんは初めて見た。

hasumi3-4.jpg

デカいだけじゃなくて、厚い!

およそ3cmほどの厚み、巻いてあるのを伸ばせば20cmくらいはあるほどの大物。

そいつをかぶりつく!

むぅ・・・ちょっと、しょっぱいなぁ・・・。

しかし、柔らかさは程よい。ヤサイとの同時攻めで攻略していく。


そうして食べ進めていくにつれ、見えてくるのは、あれだ。

hasumi3-5.jpg

おい・・・、こいつは麺なのかい・・・?

と疑っちゃいますよ。相変わらず。

でも、やっぱりここの麺は唯一無二。

ラーメンと呼べるのかは分かりませんが、ラーメン界の中ではおそらく最も太く、最狂の麺。


でも、好き。


このボソボソっとした食感。スイトンレベルの噛み応え。

オーション100%!美味いっていうか、ハマっちゃう感覚。

後続の人も『麺増し』をする方々が多かった。

みんなこの麺にハマッちゃってるんですかね・・・。


それにしても、この麺だけじゃあ食べるにゃつらい。

スープを!

hasumi3-6.jpg

このスープ!美味い!

どこかのお店と似てるなぁ~と食べてる途中で思っていたら、ハッと思い当たったのが、『ラーメン二郎 八王子野猿街道店2』のスープ。

けっこう、近似していると思いました。

濃厚でバランス型。かなり強い味わいを持っている。

そりゃ、あの麺を受け止めるスープ。

このくらい濃厚なものでないと負けてしまうだろう。


あ、一応正規のブタさんもいました。

hasumi3-7.jpg

細かくなっちゃっていたけど、味付け濃い目で良い品でした。

・・・が、巻きチャァのインパクトがでかすぎましたね。


食べ進めても、あるわあるわ・・・

大ラーメンの麺量、ハンパねぇ。

これを喰らっていけば、顎が鍛えられるかもとかプラス思考。


最後はヤバいくらいにお腹一杯になりました。


ある意味、桃源郷。


総評:★★★★


なんか、一段とレベルアップしたのでは?

と思うほど、凄かった。

あの極太麺に巻きチャァ・・・。

鬼に金棒状態で、最狂かつ最強のラーメンは一段と進化していた。


今、最高にアラクレてる。



スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。