■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラーメン二郎 神田神保町店 (5)


"ラーメン王"武内伸さん、心よりご冥福をお祈り致します。


人生は短く、儚い。


ならばせめて心に留まるものを作る努力はしたいと思った。

食事の1食でも記憶の片隅に残せるようにしよう。

果敢ない生き方を、やめよう。


今回も、ここだ。

jirokanda5-2.jpg

『ラーメン二郎 神田神保町店』


神保町周辺の街並みは赴きがあっていい街だ。

古本屋が立ち並び、楽器屋がそこかしこに点在し、食事の美味しいお店がある。

この街をゆっくり散策する。実に贅沢で豊かな時間の過ごし方だと思う。


『神田神保町店』に到着したのは、13時25分。待ちは10数名ほど。

終了間際ともなるとさすがに客足が少なくなってくる。

待つ時間は今までで最短の30分だった。


入店し、衝撃を受ける。

jirokanda5-3_convert_20080718035409.jpg

いつの間にか『ラーメン二郎 大宮店』のポスターが完成していたようだ。

"さいたまヴァージン――
  この夏、初体験"



とはまた、期間限定ポスターを作ったものだな、と思う。

しかも、ここまで鮮明に店主の顔が写し出されているのも珍しい。


とにかく、8月24日は『彩の国』で祭りだな。


さて、未来のことは未来の自分に任せよう。

今回訪れたのは、神保町だ。

『ラーメン(650円)』を購入。


厨房を眺めると、店主はもの凄い汗をかきつつ作業をしていた。


確かに、連日猛暑が続く中、とりわけこの日は盛夏。

心身ともに疲労困憊という感じであったが、店主の芸術は変わらずだ。

巧みな麺上げを終え、それぞれのコールを捌く。

僕は、『ヤサイだけ、お願いします。』とのたまう。

店主は、『はい、やさい~・・・ニンニクは、なし~・・・。』

という変わらぬトーンで作り上げていく。


jirokanda5-0.jpg

ほんとうに、サービスで増やしてくれたと思える、ありがたい増量だ。

ヤサイに関しては、助手の方の手腕も称えるべきであろう。

モヤシとキャベツが程よいバランスで成り立っている。


jirokanda5-4.jpg

jirokanda5-5.jpg

jirokanda5-6.jpg

正直に申し上げて、前回の方が美味しく感じた。

しかしながら、ずば抜けて美味しいラーメンであった。

CP(Cost Performance)値の高さは揺るぎようのない位置にある。


細かいことではあるが、ブタは味付けの塩辛さ(しょっぱさ)を若干感じ、パサつき気味ではあった。

麺は、やや風味が飛んでいるように思えた。

スープは変わらず、バランスの良い味わいだった。


これは前回のに比べて、である。

これが近所のラーメン屋で出てきたら、感動のあまり、『あなたの腕、美事。』とか本気で言ってしまうだろう。


総評:★★★☆


いつか個人的に最高のラーメンを食べることができたら、うざったいくらいの賞賛をこのブログで綴ろうと思う。

誰かに賛同を頂きたいというやましい気もあるが、何より自分が食べたものの最高点を記録しておきたい。

自分は確かにここにいたんだぞ、という記録。

それは未来の自分の、価値あるものだろうから。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。