■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラーメン二郎 八王子野猿街道店2 (4)


長文カキコの始まり始まり~。

DSCN2078.jpg


今回は哀愁漂う野猿街道に訪れました。

そう、来たのはここだぜ。

jiroyaen4-2.jpg


『ラーメン二郎 八王子野猿街道店2』


『ラーメン二郎』多摩地区代表取締役なお店。

前回の年末以来、久しぶりの訪問です。


16時25分着。待ち12名。

・・・・・・の中にフェチさん発見っ!!

初めてお見受けしましたが、しおらしく開店を待っていらっしゃいました。

服装もあまり前衛的ではなかったですし。

(しかし、緑の短パンは目立つな。)


16時30分をちょっと過ぎ、カチャリというシャッターを開ける音。

そして、威勢のよい店員さんが、『いらっしゃいませ~!お待たせしました!』と開店を告げる。


『野猿街道店』はカウンターだけでも17席。一度に10杯のラーメンを作り上げることができるから、セカンドロットになる。これは早い。


券売機で購入したのは、大きなパネルの下にさりげなくある『大ブタ(950円)』

事前に、微妙にリニューアルしたセブンイレブンで久しぶりに黒ウーロン茶まで購入してみた。

けど、浄水器の水は汲む。レンゲもとる。


着席をし、厨房を眺める。

何度来ても思うが、野猿街道店は広い。厨房も広い。

でも、突出しているダクトは邪魔そうだ。


2つの大釜に投入される麺。

はんぱねぇ量である。

あれだけの麺量をいっぺんに投入するのは日本でもこのお店くらいなんじゃないでしょうか。


2人がかりでラーメンを作っていく。

湯切りは意外と甘い。湯が入ってもお構いなしといった具合。


ファーストロットのラーメン10杯を作り終え、提供。

フェチさんは『野菜なし』だった。


セカンドロットの製作。

店主がポンと目の前に置く小どんぶり。

気を使っていただいてすみません。


内心ドキドキのコールタイム!

店主より、『大ブタ、ニンニクは?』

『ヤサイマシマシニンニクアブラで!』

jiroyaen4-0.jpg


オッシャキター!!


ではいただきまーす!!


まずはトップのヤサイ!

トッピングの際、ある程度ヤサイを盛り、アブラをかけ、その後ちょっとヤサイを盛ってくれた。

シャキシャキのモヤシ。でも、固い食感はなく、新鮮な風味が鼻腔をくすぐる。

圧巻の量であります。

たまにカネシをかけかけ食べました。

しかし、ヤサイだけを食べ続けているのはマズイ!と思ったわけです。

後半になればなるほど味覚が鈍っていきますから。


ということで、ヤサイをちょっとどかし、スープを拝見。

jiroyaen4-4.jpg


まろやかでコクがある。

という常套句があります。

ラーメン二郎における『まろやか』は寸胴でしこたま煮込まれたスープが該当し、カネシ醤油を含む調味料が『コク』を生んでいるのでしょうか。

僕の持つ筆力では表現が稚拙になってしまうので、あまり追求するのは止めましょう。

『結局、何が言いたいの?』と問われたら、

『うん、うまいんだ。』ってことです。


でも、少し語りたくなるのがコレ!

jiroyaen4-5.jpg


ブタさんの切り口、変わりましたね~。

前回のような荒ぶる塊魂が野猿イズムだと思っていたのですが、随分と整然としたものになっていました。

食事をする人間としては、非常に食べやすいんですけどね。


その味たるや、かくもあらん!


間違っているかもしれませんが、味噌や麹といった発酵食の風味がする。

以前、こんな味だったかな?

とにかく、変わった。

『アイツ・・・、変わっちまったよな。』と言いそうになるくらい。

でも、これは退化ではなく進化した味わい。

『野猿街道店』のラーメンは日々進化していることを確認できたことが喜ばしい。


メーンディッシュ!

jiroyaen4-6.jpg


フフフ・・・

あるぜ、アルゼ!

丼いっっぱいに、メンがあるぜぇぇぇぇ!!!


ビーン!と引っ張ってやっと取り出す感じ。


この麺、やっぱり美味いです。


小麦がギュッと詰まっていると表現しようか、と思いましたが、これはそんな単純なものではないと思えた。

オーション、水、かん水、これらラーメンの麺を構成する成分の他に何か特別なものがいそうな・・・。

分からん・・・が、全ての構成物質が絶妙なバランス感覚で麺として成り立っている。

大量の麺なれど、飽きがこないのはその品質の良さ故。


『ちょっと麺の勉強してくるわ!』とでも言って、こちらのお店の麺を研究したいくらいに美味い。


んで、結局ちゃんと食ったの?って話。

jiroyaen4-7.jpg


汗水流して食べ切りました。

ほんとうに、ごちそうさまでしたぁ~!


総評:★★★★


相変わらず高品質、高カロリーなお店でした。

最強(狂)具合は大人しくなった気がしますが、素晴らしいお店です。

『ラーメン二郎』を全店回ってみて、やっぱり異端な存在であると再認識。

常に一歩前にあるような存在ですね。

行列店ともなれば、そのままの味を維持するので精一杯だと思うのですが、このお店は進化し続けている。

中々出来ないことだと思います。


次来るときもまた新たな驚きがある予感。

この先がいつまでも楽しみなお店。


多摩地区っていいな。



スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。