■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラーメン二郎 立川店


2008年、大型新店オープン!

jirotachikawa2.jpg


『ラーメン二郎 立川店』


ついに30店舗目の『ラーメン二郎』の新店。

初日の27日はなんかもう、凄いことになっていたようですね。

深夜の1時頃から並びが生まれ、朝の9時過ぎくらいには死刑宣告だったそうで。

やっぱり『ラーメン二郎』の開店日って凄まじい!と思いながら、多くのレポートを読みました。


そういった祭りのあと、2日目。

9時55分着。


待ちなし。


(゚∇゚ ;)エッ!?


である。


もしかして、また整理券とか配ってあって解散状態?

かと思いながら恐る恐るシャッター前に立つ。

・・・・・・・・・・・・

半分開いているシャッターの向こう側では何らかの作業をしている様子が窺えるものの、立ち尽くす僕に対して特に配慮はない。


・・・・・・一番のり・・・ってこと?


なんか、すげぇ気恥ずかしい。

こんな他愛もないブログを書いている人間が初っ端ですいません。


その数分後にちらほらと並びが続いていく。

1時間30分という待ち時間は長いものですが、初日並んだ方々の苦労を思うとまるで大したことはない。

むしろ、一番最初という奇妙なプレッシャーが積もった1時間30分でした。


ということで、11時30分を少し過ぎた頃、荻窪店主似な助手(?)の方が『おまたせしました。どうぞ。』と即し、入店。

キレイな券売機に1000円を投入し、『大 ぶた増し(850円)』を購入。

12席用意されたカウンター、一番奥に着席。

『ラーメン二郎 環七新代田店』で助手を務めていた方もいらっしゃった。


店主は『あるある』というあだ名を持つ方。

この方が『あるある』さんとは露知らず。

初めてお見受けしたのは三田本店。次いで、ひばりヶ丘。

何気に3度目の面会だったようです。


さてさて、そんな店主さんが放つ渾身の一杯を眼に焼き付けましょう。

1ロット6杯。

経歴といい、風格といい、すでに堂に入った物腰で作業を進める。

湯切りも上手い。

新店の店主とは思えない堂々たる仕事ぶり。

上野毛で店主代行もやっていたらしいから、キャリアは相当ある方なのでしょう。


さーて出来上がり!

店主は奥からよりも真ん中から提供する方が楽だと判断し、助手の方にコールを任せる。

・・・むぅ、大ブタでファーストロット最後か・・・。これは焦るぜ・・・。

じわじわと提供されていく、ラーメンたち。

僕のターン!

差し出される手。

『ヤサイニンニクアブラで。』

助手の方が店主に伝言。

そして出たー!!

jirotachikawa.jpg


初めましてー!


ではいただきまーす!!


まずはヤサイから!

・・・・・・うん!アブラないね!

いいよ、そんなことはものともしないさ!

でもちょっと茹でが甘過ぎるんじゃないの!?

固いよー!?


次いで行きましょう!

麺です!

jirotachikawa3.jpg


麺茹でする前に拝見した麺はとても白いものでしたが、スープに浸り茶褐色になりました。

(写真では白いけども)

麺はツルッとしてプルッとしてモッチモチ!

ロット最後の麺でしたが、歯応えも程よい。

最近食べた中では『ラーメン二郎 ひばりヶ丘店』の麺に近いですかね?

それよりも若干太い気はしましたが。


ブタを見て!

jirotachikawa4.jpg


この大きさのブタがきっちり5枚!

まさに、上野毛のブタ!

肉感のある固めの肩ロース肉。

確かにこれは当たり外れがある気がします。

このブタがヘタに厚くてもモグモグが止まらない状態に陥るでしょう。

厚さは程よいと思います。

味付けは申し分ない。

肉ゥッッッ!!

って感じでこれはこれで。


スープも見て!

jirotachikawa5.jpg


これぞ非乳化タイプ!

っていうか、ちょっとライト過ぎるかな?

豚骨バリバリの濃厚な新鋭二郎ではなく、古株二郎のスープを彷彿させますね。

カネシ醤油のコクとみりんの風味、そしてニンニクの刺激を味わえる。

あまり生姜の風味はしなかったなぁ・・・。


『大』の量は程々に。

急いで食べ切り、ごちそうさま!

ありがとうございましたの声が気持ち良く響き、お店を後にしました。


総評:★★★


まだまだ新店。

『ラーメン二郎』のラーメンはどのようなベクトルで変化していくのか分からない!

進化したり新化したり深化したり・・・・・。


近くにある『ラーメン二郎 府中店』『ラーメン二郎 新小金井街道店』などとは一線を画すお店を目指していくのでしょうか。

なんにせよ、これから先が楽しみですね。


何より、近隣に住む人々が羨ましすぎる!!

jirotachikawa6.jpg


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。