■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



せたが屋 京急鶴見店 (2)


二郎Tシャツ欲しいよぉ~。


さて、今回は2月6日にオープンした『せたが屋』の京急鶴見店に再度訪れました。

もちろん、『魚郎らーめん』を食すためです。


大抵のラーメン屋さんは初日は並ぶものの、その後緩やかに行列は減るもの。

しかし、『せたが屋』ともなると、なかなか行列は絶えない。

そこで、今回は22時という閉店1時間前に来店。


って、魚郎らーめん売り切れっとる~!?


並びはないものの、魚郎らーめんが食べれない口惜しさ。

仕方なく未食の『ひらつけめん(750円)』を食してみることに。


この時間帯でも店内は混みあっていて、僕が席に着いた後は待ち客がどんどん増えていく。

まだまだ人気はありそうですね。


厨房を眺めると、まだ大将の前島さんがいた。

本店は大丈夫なのか?と思いましたが、新店を軌道に乗せるまで見届けるのでしょう。


そんな厨房内、スタッフはたくさんいる。

数えただけで7人くらい。

アジア系の人も多く、お客さんとのコミュニケーションができないスタッフも見受けられましたが、こういうのは慣れでしょうか。がんばってほしいものです。


さて、つけめんは時間がかかるものの、食券を購入してから10分もかからず提供されたのがこれだっ!

setagaya2-3.jpg


黄色いねっ!


ではいただきまーす!!


まずはスープを少し啜ってみよう。

むぅ!?油が強い・・・。

意外にも魚介系のダシがラーメンのスープよりも弱い気がする。

ガツン汁でも足せばそれらしい味になるかと思いますが、つけめんのスープで『せたが屋』の売りである魚介のパンチ力が弱まる不思議。

その代わり、若干の辛味が増されていますね。


麺!

太めの平打ち麺。

温めにしめられ、すこしヌルリとしている。

これは水洗いが少なかったのか、それとも仕様なのか。

麺の食感は悪くない。普通の平打ち麺。

特性があまりない分、ヌメリが気になりましたが、それもまぁ許容範囲。


トッピングは無難な内容。

短冊状に切られたチャーシューや普通のメンマなどにはあまり大層な感慨も浮かばない。


スープ割りを注文してものの5分くらいで完食。

スープ用の器の縁が大きくて、飲むのに苦労しましたが、全体的には普通に美味しく戴けました。


総評:★★☆


とりあえず、つけめんを食べるなら、らーめんを食べた方が良いな、と思いました。

麺も平打ちではなく、中太ちぢれ丸麺の方が良い。

油がガツン!と来たのが逆効果という感じでしたね。


次こそは魚郎を食べるぞ!

鶴見限定の汁なしも食べなきゃ!


あと2回訪れるのか・・・・・。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。