■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



麺バカ息子 徹


いつの間に『徹』なんてついたの?


ということで、今回は鶴見にある、『麺バカ息子 徹』に伺いました。

『まだ駆け出しのただの麺バカですが名を覇したいと奮闘中』とあるように、今回は挑戦的な新メニューが完成したとのことで訪れてみました。


その名も『ボンビーメン』

正直、

(;´∀`)・・・うわぁ・・・

なネーミングセンスだと思いますが、食べてみないことにはとやかく言えない。

ということで、20時30分着。待ちは店内に1名。

最近は多くのメディアにも取り上げられているようで、待ち客も多くなっている模様。

本当に、だんだんと名を覇してきているかも・・・と思えてきましたね。

さて、入口の券売機にはしっかりと、『ボンビーメン(700円)』が販売しており、ポチッと購入。

そのボタン上部には『つけ・セレブ』なるものもあり、その時はまだ販売していないようでしたが、最近スタートしたようで。

店主の創作意欲は止まることを知らない模様。

なかなか面白いお店になりつつありますねぇ・・・。


しばらく店内で待ち、席が空いたところで食券を見せ着席。

どうやら、この『ボンビーメン』は麺が専用らしく、ボリュームもあるようだ。

つけ麺では極太のものがあるだけに、多少なりとも期待は持てる。


しかし、他の多くのお客さんがその極太の麺を所望しているだけに、意外と待たされますね。

厨房内の3名は最早慣れた様子で手際は良いのだけど、手間がかかる分、時間もかかる。

これは極太麺を扱うお店の宿命というものでしょうか。


そんな中待たされること、20分強。

出てきたラーメンがこれだっ!

menbaka2-0.jpg


写真で見ると汁なしみたーい!


ではいただきまーす!!


まずは久しぶりの発言、野菜から!

麺を茹で上げてから1パック投入したシャキシャキのもやし。

これに肉味噌が絡む・・・。

って、肉味噌の味が薄い・・・。

それ単体でご飯が何膳もイケるような味付けが欲しかったですね。

この肉味噌の味わいだと、ただの炒めた挽き肉を食べているように感じてしまう。

こういうラーメンとは違う部分でも試行錯誤してほしいところです。


掴むぜ!麺!

230グラムだと謳う麺は中々にイケる!

この麺、中太丸麺でモチモチっとした食感が美味しい。

このお店の最大の売りである超極太麺も個性的で良いのですが、こちらの麺は正当な意味で良い麺ですね。

量もまずまずといったところ。


その麺と絡まるスープ!

券売機のところに、『新ブラック第2弾!』とあったので、黒味噌をメインとしたスープなのでしょう。

これが、実に飲みやすく、サラリとしているのに意外なコクがある!

本当にレベル上がったなぁ、と実感しました。


しかし・・・、全体を万遍なく食べてみると、味がよく分からなくなってくる。

これは、組み合わせの問題かと思います。

カツオブシと味噌を組み合わせることで、『ネコマンマ』の印象がぽっとでてくる。

雑多な感じがしちゃうんですよね。

『ボンビーメン』というネーミングに、見事マッチングしているものの、そういった味をプロのラーメン屋さんで食べたいか・・・というと、うーん・・・首をひねる感じ。

変わりダネとしては面白いです。

しかし、あまりにもアイディアメニューすぎて、プロらしさが窺えなかったのは残念です。


総評:★★☆


いや、しかし、本当に『麺バカ』になってきているので面白いお店です。

生粋の料理人あがりの店主ではないらしいので、味付けのセンスや匙加減はまだまだ修行不足を禁じえません。

だからこそ親近感があるともいえる。

店主のブログを拝見してみると、その慎ましさに応援したくなります。


次は『つけ・セレブ』も戴きに訪れようか、と思っています。

menbaka2-2.jpg



スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。