■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラーメン二郎 荻窪店 (3)


センター試験はどうだったかな!?

(遠い目で)



さて、センター試験2日目真っ最中であろう時分、『今日もマシマシ』サイトのユーロさんとでこちらのお店に訪れました。

jiroogikubo3-2.jpg


『ラーメン二郎 荻窪店』

前回、野菜マシマシをスルーされたのでそのリゾンベ。無料でガツトッピングをするというのが契機。

受験生ではないけども、入れてみようかな~と思いながら来訪。


12時10分着。外待ち1名。実質およそ7名くらい。

雪は降らなかったけれど、寒波吹きすさぶ中、待つ待つ。


10分程でやっと入店。

券売機で『大ブタ』を購入・・・・・・

と思ったら、『大盛』売り切れ!?

『ブタダブル』も売り切れぇ!?


イベントDayだからということなのか、残念ながら大ブタが購入できない。

仕方なく、券売機の前で大いに思案し、『つけ麺(850円)』を購入。

『ラーメン二郎 八王子野猿街道店2』以来のつけ。


ゆるゆると店内奥へ移動すると、店主より、『食券見せてくださーい。』と言われ、食券を掲げる。

しばらく間を置いた後、『つけ麺は醤油と塩があります。どちらで?』と問われる。


え?両方あるの!?


・・・・・・・・


少し思案し、『塩で。』と言うと、意外そうな顔で、『塩で!』と返答される。


程なくして席が空き着席。同時に食券を出し、『ガツお願いしまーす。』とオーダー。


店主と助手のドロさんとでコソッと『ここ、ガツだから。』みたいな会話。


なんだか、あくどい。


さて、出来上がっていくラーメンたちを尻目に、つけ麺はしばらくお待ち。

ドロさんがトッピングを開始。『ニンニク入れますか?』とコールタイム!

僕は『野菜ニンニクアブラで。』と返答。

総待ち時間30分程。提供されたのがこれだっ!

jiroogikubo3-0.jpg


これが荻窪の塩つけ!


ではいただきまーす!!


まずはスープ!

むっっ!!これは・・・っ!?

塩ダレの味が・・・強い・・・っ!


非常に二郎度の低いスープ。

確かにトンコツスープの香りで、二郎らしさがあろうか、と思うものの、塩ダレが風味のほとんどをかき消しているっ!

故にしょっぱくもある。

つけ麺なのだからそういうものであるとも思えるが、これは意外な変則パンチのスープでしたね。


麺!

シメられた荻窪店独特の四角い中太麺はツルツルでシコシコ。

麺の長さが短いから、ボロボロとスープに落ちていく。

結局、適量をスープに投入し、レンゲで掬うような形で食べ進める。

あまりスープに絡む麺ではないので、スープパスタのようにして食べましたが、『乙な味』という表現が最適かと思います。

やはり、二郎の醍醐味である、ズルズルハフハフがないのは微妙なところでしょうか。


野菜はまぁ・・・程々。

前よりは盛ってもらえたし、茹で加減も悪くない。

程よい食感を楽しめるものでした。


ブタ!

麺に添えられたブタは冷えていて、まるでハムみたいな風味がしました。

しかし、スープに浸して温めると、しっかりと荻窪のブタに。

そういえば、荻窪は塩スープだったら塩用のブタを用意しているという情報もあったのですが、この日はおそらく、醤油と同じブタ。

真相はどうなんだろ?


ガツは・・・こてっちゃんですね。

ちょっとしょっぱくて、ほんとに酒のつまみという感じでした。

かつお節もトッピングされましたが、塩つけには合わないですね。

余計しょっぱく感じてしまいました。


量は当然、物足りない。

以前よりも少なかったようにさえ思いました。


・・・・・あ、スープ割りするの忘れてた。

二郎でスープ割りっていう発想があまりないですからねぇ。


総評:★★☆


同行したユーロさんは『塩ラーメン』を食べていたので、そちらのスープも少しいただきましたが、こちらの方は程よい塩加減で全体的にはちゃんと二郎らしかった。

あと、やっぱり寒い日はラーメンの方が良いですね。

始終寒かったです。


創作的なラーメンもたまには良いものですが、片道1時間近くかけて訪れたのなら、やはりそのお店の看板メニューを食べるのが一番良いかな、と思う大寒前の日でした。



スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。