■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラーメン大 蒲田店


フレッシュな内にお届け!


久しぶりにお仕事が早めに終わったこの日。

お食事もままならなかったので、お腹はぺっこぺこ。


ぴこぴこ。


ということで、時間帯を見計らって、夜深くまで営業しているこちらに訪れてみました!

daikamata2.jpg


『ラーメン大 蒲田店』


23時30分着。店の戸が閉まっていたので、営業していないのか?と思わされましたが、しっかり『営業中』の立て札があったので、安堵。

外にある券売機にて、『ラーメン(600円)+焼豚(120円)』を購入。

本当はコマ切れチャーシューも欲しかったのだけれど、生憎品切れ。

もう少し早い時間に来ればあるのだと思いますが。残念。


引き戸を開けると、店内に1名。奥の方から、『イラッシャイマセー!』とアジア系独特な日本語でお出迎え。

こちらのお店は深夜は中国(?)の方が一人で調理を担当するようですね。

蒲田駅周辺という土地柄を考えると、色々大変でしょうが、がんばってほしいものです。


調理作業は高台が壁となっているので、何をどうしているのか窺い知ることができない。

店の奥に引っ込んだきりのまま帰ってこなかったり。何をしているのか分からない。


それでも、いつの間にか出来ているラーメン。

スタッフの方に、『お客サマー、トッピングは~?』と尋ねられたので、『ヤサイマシマシニンニクアブラで。』と返答する。

すると、スタッフの方はいそいそと高台越しに何かをしている。

背後から受け皿を取り出したっ!

これは、凄いのがでるのかぁっ!?

と思い、期待と不安を胸に、登場したのがこれっだぁ!

daikamata.jpg


・・・・・・・フツウ?


ではいただきまーす!!


まずは、アブラで雪化粧された部分を取り除き、まっさらなヤサイから!

ふむ、程よい茹で加減のヤサイが多かったのですが、キャベツがちょっと古い感触がありました。

時間帯的に仕方ないかもしれませんが、あまりフレッシュなヤサイじゃないなぁと思ってしまう味わい。

量も、以前食べた時の量↓
daikamata.gif

と比べると、かなり少なくなっている。

これも食材費高騰のためですかねぇ・・・。

もうあんなバカ盛りは出てこないんでしょうか。


あっさり食べ終わってしまったヤサイの後は、焼豚を。

ペラペラとしていて固めな見た目。

味は・・・あまりないなぁ・・・。

ブタそのものの味という感もあまりない。

業者で作られた既製品のチャーシューに思えてしまったので、ちょっと残念な出来でした。


麺!

堀切系のちぢれ中太丸麺。

この麺はなかなか乙な味ですね。

ボキボキした食感もよく、昔ながら(?)の下町っぽい麺。

こういった出来合いっぽい麺も久しぶりだと、悪くない。

量は少なめですねぇ。もの足りない。


スープ!

ライトな風合いながらも、意外としっかりした味で驚きの美味さ。

雪化粧の中に忍ばれたニンニクがスープに溶け込んでビリビリくる。

絶賛はしないまでも、中々に美味しいスープで、麺との相性も良かったです。


後はなるべくニンニクを補充しないようにしながら、しっかり完食!

ラーメンを提供されてから10分もかからずお店を後にすることができました。


総評:★★★


想像していたよりも、美味しかったです。

ただ、ラーメン大というのに、あまり大っぽくなかったのが残念ですね。

以前訪れた時、コールした際、店主(?)がニヤリとして出してきたあの挑戦的なラーメンを戴きたかった。

次訪れる時は、昼の部の早い時間で細切れチャーシューと共に挑戦してみたいと思います。




スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。