■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



純連 東京店


エッジ(ウィルコム)ってやっぱ疎外感あるわ。


さて、今回は高田馬場に降り立ってみました。

高田馬場は飲食店の混沌さは日本一なんじゃないですかね?

学生、サラリーマンなどなどを相手に熾烈な競争をしております。


そんな数多の飲食店の中、やっぱりラーメン屋も乱立しているわけで。


今回訪れたのはここっ!

jyunren2.jpg


『純連 東京店』


いつかは訪れたいと思っていました。

札幌の名店が東京で食べれるわけです。

『すみれ』と同様、いつかは札幌で食べてみたいのですが、とりあえず、近場の味を堪能してみようと。


高田馬場駅早稲田口を出て、早稲田通りを小滝橋方面へ。

途中、『ラーメン二郎 高田馬場店』があり、オープンしたばかりの時分。

待ちは8名程。

初めて『ラーメン二郎』をスルーし、苦笑い。


そんなテンプテーションを回避しつつ、『純連』に。

17時45分着。待ちもなく入店。

店に入るとすぐに券売機がある。

やはりここは、『味噌ラーメン(800円)』でしょう!

と思いながら財布を覗くと、1万円しかない!?

そこで、店員さんに『すいません、両替してください。』と言うと、

『隣に両替機ありますけど・・・。』と訝しがられる。

・・・ほんとだ!

気付かずちょっと赤っ恥。


という悶着がありながらも、席に座る。

コの字型のテーブル席に8名ほど。奥行きのある店内で、調理場が遠い。


食券を出し、しばらくすると出てきた出てきた。


jyunren.jpg



めそ・・・あ、いや、何でもない。

味噌だぁー!!!!



ではいただきますっ!!


まずはスープ!

うん、これぞ札幌の味噌ラーメン!!

と思わせますねぇ。


やはりスープは熱々。

思ったよりもサラッとしていて、濃厚でコクがあるという言葉はあまり浮かばないものの、優しく穏やかな気分になれる味。


それを受ける麺はシコシコっとした玉子入り多加水ちぢれ麺!

これこれぇ!という麺は数回しか行ったことのない北海道らしさを思わせる。

高田馬場でノスタルジーに浸りながら、熱々のラーメンをすする。

しみじみ美味しいと思えてくる。


具材は無難な仕上がり。

『すみれ』といい、くずしぶたは札幌味噌ラーメンの基本なんですかね?

パサブタ気味だったので、もう少し柔らかく煮てあれば、中々申し分なかったと思います。


総評:★★★


このお店が家の近くにあったら、ほんとに足繁く通うとは思います。


ただ、こういった趣のラーメンは本場に行って食べたい。

もっと美味しい味噌ラーメンはいくらかあると思うし、800円という値段を考えても若干釣り合わない味だと思います。

しかし、北海道という僕にとって遠い大地、懐旧させる味、それはとってもぷらいすれす。


いつ行けるか分からないけれど、行きたいですね。

本場北海道の名店に。


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。