■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



六厘舎


あれ・・・

あれ・・・?


なんで僕は雨の中、『大崎』まで来ているんだ・・・?

しかも、なぜ、並んでいるんだ・・・・?


なぜまた、『ラーメン』を食べようとしているのだ・・・!?


求めていたのです。

もう食べたかったんです。


それは、以前行った時に閉店していた『六厘舎』


早速第二楽章の始まりです。


このお店に向かっている途中、

『また閉まってたらどうしよう・・・・・』

とか、

『閉まっていたら目も当てられんな・・・・』

と痴態のあまり、記事に出来ないかも・・・と思いながら、

大崎駅から歩くこと5分。

むっ!!

開いてるっ!!

並んでるっ!!!


やったぁ~~~!!!!


と思ったのも束の間、オープン時間である11時30分到着なのに、

既に30人待ち・・・・・・。

大人気だなっ!!


ここのお店は『総入れ替え制』を取り入れており、

20分おきに12人入るというシステム。

ということは僕の入店できる時間は60分後っていうこと。


分かりやすいシステムだねっ!!!


・・・ということで、雨の中待ちまくります。


20分経過、歩く。20分経過、歩く。


文章にすると簡単ですが、この時間は長い・・・。

そして、次っ!というところで店の中が見えてくると、


『さっさと食えっ!!!!』


という毒電波を発しちゃう気持ちに。

待ってる人は、食べるのが遅い人に相当呪いをかけていると思います。

食べている人も相当焦ると思います。


そんな毒電波を発していると、店員さんが、メニューを持って先注文。

僕は『つけめん+めんま(850円)』を。

そして程なくして入店。

元気良くお出迎え。

そして狭い席に着き、数分。

でできたのがこれだ。
rokurinsya2.gif


スープに浮いているのは『魚粉』です。

鰹を乾燥させて、粉砕したものらしいのですが、

これが今流行ってるんだって!


僕初めて。


なにはともあれ、いただきますっ!

まずは麺をつけつけ、ズルルルっ!!


( ´▽)-3ウマー


やっぱり『浅草開花楼』の麺、美味しい。

ラーメン、美味しい。


もちもちっとしていて、噛み応えばっちり!

太麺好きな僕の好みに合っています。


さて、スープ!

んーと、恥を承知で言いますけど、


なんか『どん兵衛』みたい・・・・・・。


確かに、スープの濃厚さとその味わいの深さは『どん兵衛』と比較にならないほど、しっかりしていますが、第一印象はそれでした。

これは『魚粉』のせいでしょうかね・・・。


でも、かの松本人志さんも言っていました。

『どん兵衛は世界一旨い!!』

と。


その言葉を借りるのなら、確かに、相当美味しいです。

しかし・・・、やっぱりなんだか訝しく思っちゃう。


豚さんは一口サイズに切られたものが二つ。

優しい味付け。普通。


そうしてわっしゃわっしゃと食べ進め、スープ割りを注文。

それに触発されたのか、寡黙だった他の人たちも、

『スープ割りください。』の連発。

『少々お待ちください!』とさすがにいさめられる。


そのスープを飲んでいると、ゆずの香り(沈殿してたのかな?)。


またゆずかよ!!?


と勝手に思っちゃいました。


総評:★★★


つけ麺、美味しいっす。

あ、めんま、思ったよりも柔らかくて優しい味に仕上がっていて美味しいです。量も満足。

でも、どうかな?総体的に見ると、ここまで人気があるのが正直不思議です。

お店の味の堅実さと、サービス(入れ替え制とか)は納得できます。

けれど、あまねく数々の美味しい店を抑えて、このお店のつけ麺を並んでまで食べに行きたいか、と尋ねられたら、僕はかぶりを振っちゃいます。


だって、どれだけ早く食べるかを競うような気にさせちゃうのは、ちょっと、ねー・・・・・。
rokurinsya3.gif

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。