■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラーメン二郎 上野毛店


仕事が休みではないけど、上野毛に行ってきました。

上野毛ってどこ?という方へ。

上野毛は、大井町線の二子玉川駅等々力駅の間にあるなんともローカルな地です。

さて、なぜそこへ向かったのか。

そうだね。

二郎だね。


『ラーメン二郎 上野毛店』に行ってきました。


さて、ここにいくまで、ちょっとヤバかったんです。

何がヤバかったかというと、14時で昼の部の営業は終了なのに、僕は、13時40分頃、上野毛駅を通過していたからです。

音楽を聴きながら大井町線に乗るべきではないですね。

駅と駅との間隔が狭いから、いつの間にか通過していました。

いいわけ終了


焦りながらも、二子玉川でUターン。

上野毛駅に到着したのは、13時50分!


ダッシュだっ!!


と駆け出したものの、目指す方角が分からない!

一人テンパる!!

一人勝手に悪態をつく!!

交差点付近をキョロキョロすると、小さく黄色い看板を発見!

そこか!!

ということで、ギリギリ到着。早閉まりもなし。

グッジョブ二郎!!

閉店間際だから、待ち時間もなく食券購入。

『小ブタ(750円)』にしました。

事前情報で、『上野毛店はニンニクが少ないから、マシマシ必須』とあったので、それに習い、『野菜マシマシニンニクマシマシアブラ』と言おうと心に秘めて、出来上がりを待ちました。

そして、コールタイム。

助手の方に、『ニンニクは?』と問われ、

『野菜マシマシニンニクマシマ・・・・』

と発声中に、

『野菜、多いけど、食べられる!?』

と詰問される。

初めての返しに驚き。

たどたどしく、『・・・だ、大丈夫ですっ!』と言うのが精一杯。

そして、野菜を「もりっもりっ」と盛ったところで、

『こんなもんでいい?』と尋ねられる。

『・・・そ、そんなもんでっ!』と返すのが精一杯。

すると、手際よくブタ肉をトトトトトッと乗せ、ニンニクを「バシーン!」と張り手一閃、気持ちよく張り付け出来上がり。

それがこれだ。
jirokaminoge.gif


今までの『二郎』の中で一番きれいに盛られています。

では、いただきますっ!

まずは野菜!

うん!アブラねぇ!!

言ってないもんね。

仕方なし。

野菜は少々茹でが甘いかもと思いましたが、スープに浸せばしんなりと良いアクセントになりました。

そして、そのスープはカネシ醤油が良い塩梅で効いていて美味しい。

醤油が効いているのだから、少々甘めなのだけれど、これはこれで良い。

個人的にはトンコツベースが効いている方のが好みですが、他店との差異を作る意味でも、良いスープだと思います。

麺は・・・

うん、やっけぇ!!

最近は麺がシコシコでコシの強いものばかり食べていたということもあってか、フニャラーな麺は残念。硬めにすれば良かったな、と後悔。元が良い麺なだけに惜しいことをしました。


そしてそして、やはり極めつけなのはブタ!!

ここのブタは何か特殊な味付けや仕事が成されているという感はないけれど、ブタ肉そのものの良~い味が噛み締められる!

シンプルなれど最上!!

やっぱり、チャーシューというのは、食感というのも大事な要因なのだな、と思わせる、しっかりとした食べ応え。素晴らしいの一言です。


総評:★★★☆


欠点のない、素晴らしい出来のラーメンでした。

量もさすが、満腹中枢を刺激しまくる多さだったし、満足!

未開の地で、良いものに巡り会えるっていうのは、やっぱり良いもんです。

これからも新たな地へ・・・

行ける暇が欲しいねぇぇぇぇ・・・。

jirokaminoge2.gif

スポンサーサイト



上野周辺


松戸からの帰り道に上野に寄りました。

uetyun.gif


いや、特に用事はなかったんですが、

乗り換えをしている時に、通過しちゃうのはなんだかもったいない。

と思いまして、上野駅で途中下車。

ぶらり。

アメ横(アメヤ横丁)に行ってみたものの・・・


何も欲するものがねぇ・・・。


アメ横って何がいいんですか?

『二木の菓子』が目当てなんですか?


よく分からないので、Wikipediaで調べてみたところ、

アメ横の醍醐味は『店員との交渉によっては価格がさらに安くなるかも』

というのが特徴らしく。


・・・めんどくさいね。


僕にとって欲しいものがなかったし、店員さんとの接触は、なるべく避けたい人間なので、ほぼ素通り。

そして、ぶらぶら歩いていくと、まさかの友人と出遭う!!

向こうはヘッドホンで音楽を聴いていたから気づかなかったみたいで、僕も通り過ぎた後に知ったため、挨拶もなく別れたのですが、


すごい確率だな・・・と。


僕らがほんの気まぐれで降りた場所、何の気なしに歩いていた道端で、たまたま出遭う確率。


そんな運命的な出遭いの確率を考えていると、いつの間にか『忍ばずの池』に。

shinobazu.gif


いや~・・・

不穏な天気!!


そんな雨の気配を知ってか、ただ時間帯がアレなのか、

ホームレスの方々は噂のわりに少なめ。

もっとひしめく団地状態だろうと思っていましたが。

しかしながら、ネコさんはたくさん生息。

shinobazuneko.gif


ぱっと見ただけで、10匹はいた。

しかも、皆人間に慣れている様子。

かわいいけど、この先日光の猿みたいにならないことを願います。


さて、こんな感じに内容のない駄文をつらつら書いちゃったほど、今眠い。

ちなみに、この後歩きで秋葉原に行きました。


4月、秋葉原に4回行っている



松戸駅 ゲームセンター事情


さて前回、松戸に行き、『中華蕎麦 とみ田』で食事をしたと記しましたが、ラーメンを食べて、「はいお終い」というのはちと味気ない!

ということで、未開拓の地『松戸駅周辺』を散策しました!

友人と一緒に東口をてくてく歩いていくと・・・

sonicbeam.gif


・・・・・

ソ・・・

ソニックビームキター!!


きっと地元の方々にしてみたら、見慣れてどうってことない場所なんでしょうけど、遠方から来た僕らのテンションは斜め上に上昇!

う~ん、期待が持てます。

ソニックビーム。


入店してみると、以外にも広い店内で賑やか。

2階にはアーケード筐体がひしめいていました。

しかも、まだまだ現行のゲームが50円でできる!!


やるな、ソニックビーム。


僕は初めて『MELTY BLOOD Act Cadenza』をプレイしてみましたが、なぜか知らずに「チャレンジャーモード」に。『月姫』はプレイしたことがないけれども、何となく『遠野秋葉』で対戦。


初めてやったけれど、数多の格闘ゲームの経験のおかげで、1勝1敗、あとちょっとで勝てるぅ~ってところでいろいろなコンボをかまされ、ドカドカやられて負ける。


ま、こんなもんですよ。僕なんて。


そしてしばらくソニックで楽しんだ後、またてくてく歩く。

ん・・・?

sonicbeam2.gif


ソ・・・

ソニックビームⅡでた~!!!


しかも閉まってる!?

いやぁ~、

過疎化!!


って訳ではない?

調子ノッちゃったってこと!?


そして、また奥へ奥へ歩いていく・・・


むむむっ!!

mecmaso.gif


『メクマソ』でた~!!!

(ほんとは『メクマン』)

し・か・も!!

marinecatcher.gif


『サブマリンキャッチャー』アター!!

たくさんの伊勢エビさんが隅っこに固まって待機中。

僕と友人は200円を使用し、伊勢エビをキャッチすることに挑む!!

エビちゃんを捕える三つ又のキャッチャー!

もがくエビ!

気分はまるで異世界人!


しかし、捕獲できず・・・。


エビちゃんは優雅に水の中を浮遊しました。


その後も松戸駅周辺を散策しましたが、もー、松戸は制覇した!

これでもう松戸に思い残すことはあるまい・・・・・。

と思っていましたが、

jiromatudo.gif



閉まっている『ラーメン二郎 松戸駅前店』


・・・・・・また来るぜ!

松戸!!



中華蕎麦 とみ田


大型連休の締めはこのお店にしました。


『中華蕎麦 とみ田』


このお店は、僕がよく閲覧しているラーメンのデータサイトで、

通算ランキング1位、今月のランキングも1位というなんともベタ誉めなお店なのです。

このお店の『つけ麺』を食べた多くの人が、美味しいと評し、

『日本一のつけ麺』と呼ばれるくらいの賛辞を与えられているようで。


それは食べるっきゃないっしょ!?


ということで、千葉県は松戸へ。


同行してくれた友人を連れ、千葉のラーメン激戦区松戸に上陸。

いや~、ここに来るまで長い電車の旅でした。

せっかくなので、松戸の髄まで楽しもうと思い、いろいろ散策もしました。

そのことはまた後日に記そうと思います。

とりあえず、今回の最大目標は、『中華蕎麦 とみ田』の『つけそば』を食べる!!

これに尽きます。

少し道に迷いもしましたが、12時30分、お店に到着。

めっちゃくちゃ並んでいるかと思いきや、意外にも並びはゼロ。

とはいえ、満席ではあったので、外にある2個しかないイスに着席して待つことに。

その間に『特製つけそば(中)(900円)』を購入。

待つこと10分ほど、店内に1つしかないテーブル席にサラリーマンの方々と相席となって座りました。

目前で食べる様を見ているのは、食べている本人よりも、見ている人のが気まずいですね。

目線を上に向けると、『東池袋大勝軒』の山岸御大と若い店主がにこやかに肩を組み合っている写真がありました。

カレンダーも『大勝軒』のもの。

若い店主はにこやかに元気良く接客をしながら麺の重さを量っていました。

さて、結構な時間を要したものの、遂に到着!

日本一のつけ麺だっ!

tomita.gif

tomita2.gif


さっすが400gともなると見た目も圧巻の量!


さっいただきますっ!!


まずは麺をつけつけ、

ズルルル~!!


(☆゚∇゚)☆ウママー


いやはや、こりゃ麺が特に美味しいですね。

プリプリとしていてコシがばっちり効いている。
小麦の風味もほど良く香り、抜群に美味しい麺です。


スープ!

正直いって、『六厘舎』の時と感慨は一緒。


『どん兵衛 超美味いバージョン』


もちろん、味の個性はお互いに違っていますが、

ハンパなく美味しいとまでは思えませんでした。


なぜに魚粉を入れるでしょうか?


お好みというわけではなく、基本形(デフォルト)としてそれを投入しておく意味合いが見出せません。

卓上に置いて、お好みでかけるシステムの方が良いと思うのですが。


スープ事態は『大勝軒』の流れを汲む、特濃スープ。

それにまたもや、『ゆず』の風味。

確かに際立つ個性をバランスよく配分してある美味しいスープだと思いますが、そこまで。頬がとろける美味さとまではきませんでした。


麺の方に縁取られた@型チャーシューは不思議な味わいでした。

肉の表面に何か塗ってあったのでしょうか?

何の味なのか分からぬまま食べ切ってしまったものの、その良い味付けや仕事ぶりは『ラーメン二郎 関内店』に匹敵する美味しさでした。


総評:★★★☆


お店のサービスはとても良いと思います。

スープ割りに入ってくる細切れチャーシューも心憎い演出ですし、

値段に見合う量にも満足満足。

行列ができることも頷ける、良い味とサービスはあると思います。


ただ、『日本一のつけ麺』だったか・・・?と問われると、


(・vv・) ハニャ???


これはお店側が、ではなく、評している人達が大風呂敷を広げさせてしまったってことでしょうね。

でも食べれてよかったです。精進して名実ともに『日本一のつけ麺』のお店になるように頑張っていただきたいと思います。

tomita3.gif




ラーメン二郎 鶴見店


いや~、遂に大型連休が終わってしまいました。

これからはそうそうお出かけもできないでしょう。


いや~、お金使ったなぁ~~~!!


電車代もばかにならないことを知りました。

これからは、少し地味に行動しようかな、と思っています。


さて、今回は『ラーメン二郎 鶴見店』に行ってまいりました。


はい!

また二郎だよっ☆


もう開き直っちゃう。

行くよ~。

これからも。


さて、この『ラーメン二郎 鶴見店』

今まで行った二郎の中でも、とびっきりアクセスが悪い!!

だいたい最寄り駅が『生麦駅』で、歩けば10分以上はかかるし、

坂道が多いのだから、大変です。

車を利用できる人にしか薦められない。


そんな『ラーメン二郎 鶴見店』に隣接するように『大黒屋』があります。

『二郎』の方は並んでいるけど、『大黒屋』のほうは、2・3人と閑散した感じ。

・・・なんだか、虚しくならないのか?と余計な心配をしちゃいました。


待ち人は4人程。道路沿いに違法駐車しているのだから、さぞかし気が急いているのでしょう。ソワソワ落ち着かない感じでした。

僕は『小ブタ(660円)』を購入。

しばらくして、カウンターの角が折れた場所、非常に落ち着かない席に陣取ることに。


それにしても、ここのお店はラーメン作りが特殊ですね。

店主らしき方が麺を茹で、ベースとなるところまで調理していますが、その後交代というように助手の方がスープの量を調整しトッピング。

その間に店主は奥手の冷蔵庫にあるジュースを飲んだり、イスに座って一服したり・・・。

昼間の営業を一時中止というのもあってか、『しんどそう』というイメージ。

『麺香房 暖々』の店主の10分の1も働いてないんじゃ・・・?

と思いましたが、ま、それはそれ。


程なくして、助手の方に、『はい、小ブタの方』と手を差し出される。

僕は『ヤサイニンニクアブラで』とスラ~っと返しました。

(いやー、コールがうまくなったもんだ)

そしてこれだ。
jiroturumi.gif


・・・・・・

知ってた!!

知ってたよ!盛りが少ないことくらい!!

でもよ~・・・

こりゃちょっと寂しいんでないかい??

スープばっかり多くて、中身が少なくないかいっ!?

と思いましたが、ま、これは普通のラーメン屋と比べても、一般的物量と言えるでしょう。


ではいただきますっ!


まずは、スープを一口・・・


「(゚ペ)アリャ?


薄い・・・。

いや、そりゃ脂も多いし、豚骨醤油の味わいはします。

だけど、コクっていえばいいでしょうか?

美味しいラーメン特有の深い味がなく、薄いんです。

薄味っていえば聞こえがいいでしょうが、味が薄いっていう表現だと、ラーメンとして致命的に聴こえます。

そんな感じです。

『ラーメン二郎』として、致命的に味が弱い。

麺は非常に良く出来ているし、チャーシューも少ししょっぱかったけれど、問題なく上出来なものでした。

ただ、量といい味といい、『これが二郎?』と疑わしく思っちゃう気持ちは最後まで拭えませんでした。


総評:★★


『二郎』を食べて初めて、『もう一杯いけるわ』

と思いました。


帰り際に見た国道1号には、たくさんの車が駐車していました。

路注してある車の中には品川ナンバーのものも。

遠方からでも、食べに来る人はいます。

他の系列店と比べてしまうのは、お門違いかもしれませんが、

比べられてしまっても、負けないという心意気は欲しいですね。



jiroturumi2.gif




川崎家 榎町店


川崎大師に行ってきました。

kawasakidaishi.gif


友人がお祓いをしたい、というので、僕もそれに同行し、ついでにラーメンを食べようと。


川崎大師の小道は平日のなんでもない日にくると、なんとも侘しい感じがしますね。

トントン飴の音がまた哀愁を誘います。


友人のお祓いは手際よく済み、おみくじを引くことに。


僕、大吉!

ヾ(〃^∇^)ノヤター


友人は不運にも凶!

うん、がんばれよっ!!

と送り出しました。


そして、すぐさま川崎に戻り、僕のお目当てである川崎のラーメン屋へ。


とはいえ、川崎のラーメンは結構食べ歩きました。

残っている中で、良さそうなお店・・・

ということで、こちら。
kawasakiya2.gif

川崎家 榎町店

以前に本店に行き、『くきわかめラーメン』を食べましたが、なかなか美味しかったし、こちらの方はまだ訪れたことがなかったので、行ってみることに。

友人もいたので、また『二郎』だと引かれかねませんしね。


京急川崎駅から歩いて10分程、お店の中はノーゲスト。

ノーゲストのお店、久しぶりだぁ・・・。

と思いましたが、堂々と入店。

券売機にて『中ラーメン(700円)』を購入。

お好みは『麺固め、普通』で。


程なくしてできたのがこれだ。
kawasakiya.gif


おうう!

家系お久しぶりっ!!

ではいただきまーす。

スープを一口。

・・・・・・

あれ?

味薄い・・・?

まっまさか!?

二郎の味にヤられて家系の味でさえ、薄いと感じてしまうように・・・?


アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ


しかし、少しずつかき混ぜていくと味がはっきりしてきた。

どうやら、タレは下に沈殿していたようで・・・。


随分とコクがありますね。

その代わり、チャーシューはお粗末でしたが・・・。


家系といえばそれそのまんまって感じですが、

万人が馴染める味わいは高評価に値します。

無性にラーメンが食べたくなって、近くにあったら良いお店だと思いますね。


総評:★★★


とびっきりインパクトがあるわけでもないですが、

街に根付く良い味は持っていると思います。

味の好みも選べるし、色々なトッピングも用意されている。
『ラーメンショップ』らしいお店でした。

『くきわかめラーメン』も意外と美味しくいただけるはずです。




品川プリンスホテル MAUNA KEA


ラオウの死を悼んだ日、あまりの寒さにスタコラお寺を去ってしまった後、ここに訪れました。

品川プリンスホテル MAUNA KEA(マウナケア)


品プリよ・・・?

品プリ


僕初めて。


そのコーヒーラウンジにて少し温まろうと。


以前に赤坂のホテルニューオータニにある、

『ピエール エルメパリ』

で美味しいケーキを食べたことがあるので、この品プリでも美味しいケーキを戴けるかな、と思っていました。

僕が注文したのは、

『レアチーズケーキ(桜風味)+コーヒーセット(1150円)』


しばらく待っていると・・・


『すみませ~ん、レアチーズケーキ、本日終了となっておりまして・・・。』

という。


なんっと!


仕方なく、『苺のショートケーキ』に。


そして、程なくして・・・

『すみませ~ん、レアチーズケーキ、本日品切れとなっているみたいでして・・・。』


さっき聞いたよ!?

と思いましたが、


ま、よくあること。
アフリカではよくあること。


そして、遂に到着。

cake3.gif


『苺のショートケーキ 喪章型リストバンドを添えて』


わ~い。

いただきま~す。

・・・・・


( ´・ω・`)フーン


いや、まずくはないよ?

もちろん、美味しいよ?

でもねぇ、特にすげぇ美味しいとは思えないんだよねぇ・・・

と、さも偉そうに語りたい気分に。


だいたい、場所代っていったって、

コーラとかオレンジジュースが730円もするって、

そりゃ少しは訝しく思っちゃいますよ。


4リットルくらい持ってこいというのだ。


ま、たまにはこういったセレブな場所で、まったりとティーなぞを楽しむにいいとは思いますが、ここでなくても他に良い店がたくさんあるのだから、場代でお金を獲るところには足を運びたくないというのが本音です。




麺香房 暖々


あの3000人がラオウの死を悼んだ日、

僕はラオウと会う前にラーメンを食べていました。


場所は『平和島』


個人的にはギャンブルによって退廃した街、と思っていましたが、今回初上陸。

最初の印象としては、なんか暗い街だなぁ、と。

ま、雨が降っていたからでしょうけど。


平和島駅から歩いて5分ほど、国道15号線沿いにかの店はありました。


麺香房 暖々


堀切系の流れを汲む、『ラーメン二郎』のインスパイア店です。


はい、

また『二郎』です。


13時30分頃、辿り着くと、店内で約5人くらい待っている。

とりあえず、入店して『ラーメン+大盛+豚(770円)』を購入。

ゆるゆると消化されるお客の流れに身を任せます。


にしても、このお店は11時から24時まで中休みなく無休で、店主独りで営業している凄い店!

考えてもみてください。

起きる→仕込む→ラーメン作る→片付ける→寝る→起きる→仕込む→ラーメン作る・・・・・・

この無限ループ!!

僕、無理。

ヤダ。

って思います。

でも、この店主は実際にそうしているのだから、凄い。

時折、つらそうに腰を揉むところも侘しさを誘う。

バイト雇えばいいのに・・・。

と思いましたが、なんだか人との距離をとっているような印象の店主。人付き合いが苦手なのでしょうか?


さて、程なくして席につき、店主の所作を眺めていると、

か細い声で『何か?』と尋ねられる。

僕は『野菜多めニンニクアブラ味濃い目で』と返しました。

そしてこれだ。
dandan.gif


・・・・・・・・・

・・・またか。

またこういうのか。

出てきたとき、

『やっちゃったぁ・・・・・』

と思いました。

以前に食べた『ラーメン大 蒲田店』同様、これ以上ねぇ!というくらいのバカ盛り

今回は取り皿なしでの挑戦です!


カーン!(ゴングの音)

さぁ、始まった。まずは野菜だ。

極彩色に彩られた野菜の頂点にはこれでもか!と言わんばかりにどろどろの脂がかけられている!身体に悪そうだ。

まずは脂を避け、カネシ(?)がかかったところから攻める!

おーっとここで雪崩だっ!雪崩発生!!

崩れる野菜山!テーブルに飛散したぞっ!!

それでもかまわず続行だ。

野菜食べる、野菜食べる。麺はまだ到達できないぞ。

野菜食べる、野菜食べる・・・・・

おーっと、やっと麺を掴める位置にまで到達だぁ!

麺をガシっ!野菜の重さでビーンという感じになってなかなか取り出せない。強引に引き出したぁ!

ズルル~!

やっとラーメン!やっとラーメンとなったぁ~!!!

しかしどうだ、このラーメン!

何か、甘い。

醤油の甘さというより、何だか菓子を彷彿させる甘さだ。
その表現は少々語弊を招く例えだが、そういう印象だ。


そして、豚だ。

ここでついに豚にかじりつく!

おお~っと、これはハムだぁ!

ハムの味がするぞっ!


さぁ、かっ喰らう野菜、ラーメン、野菜、肉、ラーメン、野菜・・・

長い戦いになってきた!

いつギブアップをコールするのか!

限界の瀬戸際まで立たされた!!


だが・・・


完食!完食致しました!!


心の中で自画自賛の賛辞を送っています!!

20分の奮闘!『野菜多め固め!』決まりましたぁ~!!!


いや~今回の戦い、『ごちそうさま』の声が一際大きかったですねぇ。


総評:★★★


気弱そうな店主をなめてはいけません。

野菜多めをコールした時、無表情に長いトングで、

わしっ!わしっ!!

と4回も盛ったあの豪胆ぶり!!


ただもんじゃねぇぜ・・・。

dandan2.gif




カリスマ豆富 かりたま


ラーメン好きな僕ですが、実は同じくらいに『豆腐』も好きなのです。


一日一個は必ず食べているのです。


健康的でない豪快な食べ物と、健康的でヘルシーな食べ物とで、中和を計っています。

今のところ、太らないのだから、これはこれで効果があるのでしょうか・・・?


そんな個人的な体質はさておき、今回は『セブンイレブン』にて初めて目の当たりした豆腐を購入しました!

それがこれだ。
tofu.gif


カリスマ豆富 かりたま

・・・・・・・

実にッッッ!!


実に大胆不敵!!


自身の商品にカリスマとはッッッ!!!


『男前豆腐』といい、最近の豆腐は過剰に見栄っ張り。

考え方によっては、たかだか数百円の食品がなにを偉そうに。

と思っちゃうネーミングがちらほら。


ま、それだけ作り出すものに自信を示すというのは、尊ぶべきことだと思いますが。


さて、そんな『カリスマ豆富 かりたま』

お家にて、『マイ豆富用しょうゆ』にて実食!

ダチョウの卵のような形状の豆腐。

そこに貼られた『かりたまシール』を剥がしてみると・・・、
tofu2.gif


Do you try it? (試してみるかい?)

キター!!!!


カッコつけやがって!?


コノヤロウ!


その包装フィルムを剥がしてみるとまるでプリンのような豆腐がプルン。

ということで、お皿に移すこともなく、まずはそのままスプーンで一口。


むむむっ!!

甘いっ!!


確かに、そんじょそこらの豆腐よりも断然味がある。

ねっとりとした甘い味わい。

そのままで食べても良い味わいがするのだから、

『マイ豆富しょうゆ』をかけて食べると、


(*´▽`)コリャウマー


そりゃ大絶賛するような美味しさとはいえないし、

感動して毎日でも買って食べようってほどではないです。


でも、この面白い形と、開けたら挑発的な文言が記載されていて、しかも二個楽しめるという演出はいいですね。

定価248円とありますが、200円切って売られていたら、すかさず買っちゃおうかな、と思います。



六厘舎


あれ・・・

あれ・・・?


なんで僕は雨の中、『大崎』まで来ているんだ・・・?

しかも、なぜ、並んでいるんだ・・・・?


なぜまた、『ラーメン』を食べようとしているのだ・・・!?


求めていたのです。

もう食べたかったんです。


それは、以前行った時に閉店していた『六厘舎』


早速第二楽章の始まりです。


このお店に向かっている途中、

『また閉まってたらどうしよう・・・・・』

とか、

『閉まっていたら目も当てられんな・・・・』

と痴態のあまり、記事に出来ないかも・・・と思いながら、

大崎駅から歩くこと5分。

むっ!!

開いてるっ!!

並んでるっ!!!


やったぁ~~~!!!!


と思ったのも束の間、オープン時間である11時30分到着なのに、

既に30人待ち・・・・・・。

大人気だなっ!!


ここのお店は『総入れ替え制』を取り入れており、

20分おきに12人入るというシステム。

ということは僕の入店できる時間は60分後っていうこと。


分かりやすいシステムだねっ!!!


・・・ということで、雨の中待ちまくります。


20分経過、歩く。20分経過、歩く。


文章にすると簡単ですが、この時間は長い・・・。

そして、次っ!というところで店の中が見えてくると、


『さっさと食えっ!!!!』


という毒電波を発しちゃう気持ちに。

待ってる人は、食べるのが遅い人に相当呪いをかけていると思います。

食べている人も相当焦ると思います。


そんな毒電波を発していると、店員さんが、メニューを持って先注文。

僕は『つけめん+めんま(850円)』を。

そして程なくして入店。

元気良くお出迎え。

そして狭い席に着き、数分。

でできたのがこれだ。
rokurinsya2.gif


スープに浮いているのは『魚粉』です。

鰹を乾燥させて、粉砕したものらしいのですが、

これが今流行ってるんだって!


僕初めて。


なにはともあれ、いただきますっ!

まずは麺をつけつけ、ズルルルっ!!


( ´▽)-3ウマー


やっぱり『浅草開花楼』の麺、美味しい。

ラーメン、美味しい。


もちもちっとしていて、噛み応えばっちり!

太麺好きな僕の好みに合っています。


さて、スープ!

んーと、恥を承知で言いますけど、


なんか『どん兵衛』みたい・・・・・・。


確かに、スープの濃厚さとその味わいの深さは『どん兵衛』と比較にならないほど、しっかりしていますが、第一印象はそれでした。

これは『魚粉』のせいでしょうかね・・・。


でも、かの松本人志さんも言っていました。

『どん兵衛は世界一旨い!!』

と。


その言葉を借りるのなら、確かに、相当美味しいです。

しかし・・・、やっぱりなんだか訝しく思っちゃう。


豚さんは一口サイズに切られたものが二つ。

優しい味付け。普通。


そうしてわっしゃわっしゃと食べ進め、スープ割りを注文。

それに触発されたのか、寡黙だった他の人たちも、

『スープ割りください。』の連発。

『少々お待ちください!』とさすがにいさめられる。


そのスープを飲んでいると、ゆずの香り(沈殿してたのかな?)。


またゆずかよ!!?


と勝手に思っちゃいました。


総評:★★★


つけ麺、美味しいっす。

あ、めんま、思ったよりも柔らかくて優しい味に仕上がっていて美味しいです。量も満足。

でも、どうかな?総体的に見ると、ここまで人気があるのが正直不思議です。

お店の味の堅実さと、サービス(入れ替え制とか)は納得できます。

けれど、あまねく数々の美味しい店を抑えて、このお店のつけ麺を並んでまで食べに行きたいか、と尋ねられたら、僕はかぶりを振っちゃいます。


だって、どれだけ早く食べるかを競うような気にさせちゃうのは、ちょっと、ねー・・・・・。
rokurinsya3.gif




味一献 土風炉 夢町小路


以前活動していたバンドが一同に集い、飲み会をしました。

5人編成のバンドだったのですが、この5人が全員揃うのは、


3年ぶり!!


あの当時は週に2、3回は会っていたのに、道が違えると、こうも会わなくなってしまうのですね~・・・・。


ということで、ちょっとドキドキしながらも、久しぶりの再会→飲み会。

会場はこちら。

tofuro.gif



品川駅にある『インターシティ』の地下1階、

『味一献 土風炉(とふろ) 夢町小路』

です。

ネットの口コミでなかなか良さげに評価されていたし、

クーポンも利用できる。電話予約してみたら空いているというので、

こちらに。


tofuro3.gif


入り口からして瀟洒(しょうしゃ)な雰囲気。

上から焼き場を見せる構造は、上目線になれるよい建築演出。

全体的に家やお店みたいな『セット』が組まれていて、

なんか昔懐かしい下町(浅草あたり?)を思わせます。


僕は『ラーメン博物館』を思い出しました。


予約をしておいたので、個室タイプの良い席に通してもらいました。



お料理の方はというと、

tofuro2.gif


この玉子焼きを見ていただければお分かりかもしれませんが、

全体的に仕事を成された、水準の高い料理が出てきますね。

値段に見合う納得できるレベルといった具合でしょうか。


こちらは、『玉子焼き』『つくりたて豆腐』『そば』

を売りにしているようで、『そば』は居酒屋業態としてはハイレベル。

わさびは生だし『鮫皮のわさびおろし』を使用、『そば湯』もあるのだから、力の入れ具合が伝わります。


『玉子焼き』は平均的。

『つくりたて豆腐』は微妙。

『彩菜炉房 がぜん』『鉄焼だし巻玉子』『すくい豆腐』には敵わないなぁ。


しかし、このお店、お料理やサービスがどう、というよりも、

店の演出が凝っていますね!


1時間おきに花火が上がるんですよ


それを見に席を立って写メールしたりしている人もちらほら。

この建物を建築した人、すごい苦心したんだろうな、と思いました。

お店事態は雰囲気があるし、良い演出もある。お料理も納得できるレベルだから、結構オススメできますね!



久しぶりに元バンドメンバーと飲みましたが、

皆良いところが変わってなくて何よりでした!

前あった時よりも、進化していましたね。


『今度は遠足に行こう!』という約束を交わし、それぞれの帰路へつきました。

何年経っても、良い仲間であれたらいいな、と思います。






ラオウ昇魂式


この伝説を今、記さねばなるまい・・・。


行ってきましたよ。

raou.gif


ラオウ昇魂式!!!!


この式のために、漫画喫茶で『北斗の拳』を読み、礼服まで購入。

(↑の一節のために6万円使ったよ☆)


いやいやいや・・・・・・


バーカ!!!!


って感じですね。ええ分かります。


なんか頑張っちゃったの。張り切っちゃったの。


今この記事書いている最中もニュース流れるのかなって気が気じゃないの。


さて、その『ラオウ昇魂式』

説明しますと、『北斗の拳』という漫画のキャラクターの中で、

『ラオウ』という人物がいます。

『ケンシロウ』との戦いを経て、『ラオウ』は、


『わが生涯に一片の悔いなし!(ドコーン)』


という言葉を残して、天に召されました。


そして、この『ラオウ昇魂式』

『ラオウ』の心休らかなる魂の昇天を願い、

高輪にある『高野山東京別院』にて告別式を行ったのです。


・・・・・・どう?

これ、リアルな話だから。


なぜ、『ラオウ』がここまで取り沙汰されたのか!?

映画の宣伝のため

その生き様の凄さによってなのですが、

それについては、原作を読んで知るのも一興だと思います。


正直、僕は熱狂的な『北斗の拳』のファンでも、

『ラオウ』のファンでもありません。


なんか、ごめんなさい。


それでも、色濃い思い出が出来ました。


まずはこれを見よ!!


raou2.gif



『ケンシロウ』が戦った『強敵(とも)』たちの遺影!!


・・・・・・・

『ラオウ』あんま関係ねーじゃん!!!


でも、その整列っぷりは圧巻。

そして、唯一の親族!!

raou3.gif



・・・『トキ』の写真ぶれてるーーーーー!!??


あまりの極寒のために手元もおぼつかない・・・・


そのあとついに焼香!!

raou4.gif


ラオウご対面~!!!!!

いやいや、皆さん厳かにご焼香・・・。


その後は中継車のモニターで境内の映像を映す・・・

という運びだったのであろうけど、


あまりの寒さに即退散!!!!


raou7.gif



確かに、ここまで来た(着た)のなら最後まで見届けるってのが、

筋(?)ってもんでしょうよ!?


だがどうでしょうよ!!?


17時に並んで、18時にやっと弔問して、またさらに1時間降り注ぐ雨、寒空の中待てっての!?


なんか、ごめんなさいっ!!!


・・・なんで謝ってんの!?


いや、すげぇよ!


ラオウ!!


raou6.gif




ドラフトマスターズスクール


船橋に行ったと前回に書きましたが、

決してカロリーメイトを買いに行ったわけではなく、

これを受講するために来たのです。

draftmaster.gif


キリン・ドラフトマスターズスクール。


なんか文字にするとゴルフっぽいですね・・・。


要すると、『美味しいビールの注ぎ方講座』ですね。


そのためにわざわざ船橋かよ・・・

と思いましたけど、それも運命(さだめ)。


しっかりと(ネタに)ものになるよう、みっちり3時間学習しました。


中には、『ほぉ~』

と思うものもあったり。


ビールの注ぎ方もいろいろです。


とはいえ、キリンさん。

営業も忘れない。

draftmaster2.gif


新しいお酒を薦められました。

ブルーベリーのお酒を試飲しましたが、とっても飲みやすかったです。

『ジュースだな!コレ!!』

って偉い人は言っていました。


偉い人にはそれがわからんのですよ。


講義を2時間ほど行ったら、実習。

draftmaster3.gif


せっかく来たし、『タダでビール飲めるならめっちゃ飲んでやろっ!』

と思っていました。

・・・・・・が、


ジョッキ半分くらいで興を失う。


なんか、もーいーや。

という感じ。


雰囲気がね。

ごくごく・・・プッハー!!

じゃなかった。

勉強会だもんね。


ってことで、電車代分も飲むことはなく、

つつがなく受講終了。

めでたく僕、ドラフトマスター


なんの感慨もなし!!!!!





カロリーメイト新味


『アニメ・カテゴリ』をなくし、『グルメ・カテゴリ』を増やしました。

僕はよくアニメを見ますけど、


アニメでネタ書けない・・・・・!


ってことで。


さて、『ラーメン二郎ツアー』を終えた次の日、

僕は千葉県の船橋に来ていました。


いつもなら、『どこの美味しいラーメン屋食べにいこ~♪』

とか思っているところだけど、

この日ばかりは、『今日はラーメンは食べたくない。』

と思っていました。


前回の記事でも書いた通り、あの『ラーメン二郎ツアー』

が一応のラーメン最終章の予定でした。


『もうしばらくはラーメンで記事を書くまい・・・。』


と思っていたのですが、


この記事を書いている現在、


『明日、どこのラーメン屋に行こう・・・?』


と考えてしまっています。


むぅ。

こりゃまいった。


とはいえ、これからは『ラーメン』という規制概念に捉われず、

なるべく広義に『グルメリポート』などをしていきたいと思います。


ということで、まずはこれ。
caloriemate.gif


船橋駅近くのコンビニ(ampm)で、カロリーメイト(ポテト味)を購入!


ぴこぴこ~。


僕はカロリーメイトは『チーズ味』『チョコレート味』にしか手が伸びませんが、今回のこの『ポテト味』、今まであるカロリーメイトの中で最も、


無難。


無難な味です。

この味に好き嫌い分かれるってことはないでしょう。

なんというか、ポテトフライのモソモソした感じ。

粉っぽい感じ。


カロリーメイトって美味しさを求めてとか、酒肴的に食べるものじゃなくて、『時間ないけど、何か食べておきたい』って時の非常食の意味合いが強いものだから、こういう味が一番かも。


とはいえ、ぴこぴこ。


カロリーメイトで一食を終えてしまうのはなんとも寂しいものだな、と思っちゃうのは、贅沢病ってことでしょうか・・・・?



ラーメン二郎 八王子野猿街道店2


前回に引き続き、お届けするのは、

『Coda:'jiro yaenkaido'#2 "assai Grave"』

(最終楽章:第二番「二郎野猿街道」『きわめて重々しく』)

です。


神田神保町店での戦いを終え、お腹は満たされまくっていたけれど、

今回の名目は『二郎ツアー』なのです。

つまり、もう一店舗行くのです。

それが、『八王子野猿街道店2』です。


とはいえ、すぐさまそちらへ向かえる程、僕らは大食いチャンプチームではないので、とりあえず、神保町付近を経由し、秋葉原へ。


マジ、秋葉原飽きた。


という感慨はこの際置いといて、時間つぶしに久しぶりに『スーパーポテト』に入店してみることに。


・・・・あれ?

なんか3~5階ぜんぶポテトじゃん・・・。

元々は3階だけだったはず・・・

なのに3層になっていました。

レトロなアーケード筐体があってなかなか楽しめましたよ。


さて、本題。

およそ17時くらいになった頃、

『そろそろ行こうか。』

ということで、

秋葉原~新宿~調布~京王堀之内

という経由で1時間程の電車の旅。

『ラーメンのために、がんばりすぎだろ。』

と思いますが、人生の彩りはこういうネタで鮮やかになるということで。


さて、京王堀之内という未開の地に降り立つと、


雨ザーザー・・・・・・・


あ~きたこれ。

また僕の願いは届かなかったんですね・・・。


仕方なく近くのコンビニで傘を購入し、ブックオフに立ち寄り、

18時、いざ『八王子野猿街道店2』へ!


・・・・・ってすんなり座れちゃったよ!?

ここに来て『ラーメン二郎』初の待ち時間ゼロ


いや、別に何分でも並ぶ気だったのに・・・。


まだ、お腹の食べ物は消化しきれていないというのに、

始まるショータイム!


『池袋東口店』と同じ仕様の『松屋』でおなじみな食券機で『小つけ麺(800円)』を購入。

一番左端のカウンター席に座って待つ。

『2』というだけに、移転したのが最近のため、店内は明るく広くてキレイ。

店員さんも3名という本店ばりの贅沢な配置。


そして程なくして、『ブタがニンニクをシュートしているナイスなTシャツ』を着たお兄さんが、

『ニンニク入れますか?』

と尋ねてくる。

僕は最後まで、悩んだ!

大いに熟考した!

そして導き出したのは、


『野菜増し増しニンニクで』


ここまで来てしまったのであれば、決死の覚悟である。

隣で座ったチーフも同様。

彼は『小ブタ+うずら、野菜増し増しニンニクアブラ』だ!

死なば諸共よ!!

そして出てきたのはこれだ。
jiroyaen.gif


僕のやつはちょっとわかりづらい?

じゃ、チーフの。
jiroyaen2.gif



・・・・・・・・・・

アッハッハッハァ!!!!

豪胆な笑いと自嘲の笑いがない交ぜな気持ち。

いや、ま、それくらいお互いすごい量なんですよ、コレ。

そして戦いの火蓋が切って落とされる!


そういえば、二郎では初のつけ麺。

とはいえ、まずは野菜でしょう。


・・・あれ?

なんか柑橘っぽい風味がするなぁ・・・・・。

ゆず、みたいな。


そして、麺を汁につけ戴くっ!


(゚ロ゚;)ウッ!!


麺の歯ごたえ強っ!

二郎の麺をシメるとこんなにキツキツになるの!?

いや、でもこの麺はいままで食べた二郎の麺とはちょいと違う。

少なくとも昼に食べた神保町店とはまるで違う。

しかし、この歯ごたえは面白い。

味ももちろん悪くないし、むしろ美味しい。


そして、不思議なのはスープ。

このスープはどうやら『ポン酢』が効いている印象。

おまけに唐辛子も入れていないのに、少々辛い。

今までの二郎とはまるっきり一線を画す味わい。

しかし、つけ麺として食べる趣向としては、素直にマッチしていて美味しいと思いました。


そしてそして、問題なのはコイツ。

jiroyaen3.gif


コイツが僕を悩ませる!

シビれさせるッ!!


画像では分かりにくいかもしれませんが、子どもの拳大程はあります。


いや~うめぇ!!

マジうめぇ!!!


でも、もういらねぇぇぇぇぇぇ・・・・!!!


という苦悶!

野菜を増したのなら、残さず食え!

というのは僕の原則にも根付いています!!


が、つれぇぇぇぇぇぇ・・・・・・!!!


隣の方も苦闘を強いられているよう。


それでも喰らう!

麺はいいんだッ!!

野菜もいいんだッッ!!!

jiroyaen3.gif


この肉がッッッ!

この肉が僕に悲鳴を上げさせそうになる!


総評:★★★★


たった二枚(というか2塊)の肉に悪戦苦闘。

最後には、少しずつはむようにして、ゆっくり嚥下。

本当にギリギリ、食べ切りました・・・・。


その後のお腹はさすがに意気ってご立腹。


さすが噂に違わぬ凶悪ぶりだったぜ、多摩地区代表・・・・・・。


その後、ゆるゆるとした足取りで帰宅。


恐ろしい戦いだった・・・・・・。


ということで、さすがの僕もラーメンを食べるのはちょいとお休みしようかな、と。


次回からは、ラーメンに捉われず、美味しいものを幅広く攻めていってみたいかな、と思っています。


(でも機会があればまたラーメン食べちゃうんでしょうけど・・・。)





ラーメン二郎 神田神保町店


今回2回に分けてお届けするのは、

『ラーメン紀行第一番:最終楽章』です。


『Coda:'jiro kandajimboucho' #1 "Grave"』

(最終楽章:第一番「二郎神田神保町」『重々しく』)


以前から仕事場のチーフと『二郎ツアーしようぜ!』

と言っていたのです。

一般的に評価が高く、そうそう行けなそうなところに行こう!ということを決めていました。


それを決行した日。

その日は朝から曇り空でした。

僕が休みになると雨が降るといわれていますが、

どれほど天気が悪くても、出かける際に雨が降っていなければ傘は持たないんです。

これは、僕の意地願いです。

今日こそは、雨に打たれず、美味しいものを食べよう・・・。

そう心を決めて出かけました。


集合時間は、朝の9時30分。

電車に揺られること約50分。

辿り着いたる神保町駅。

A3出口から外へ出て歩むこと2分弱。

見えた黄色い看板!


・・・・・あっ!

目の前で先頭を取られたっ!!!

惜しくも2番目。


・・・・ッゾ!あと30秒早ければ先頭だったのに・・・。


と少々悔やんだけれど、とはいえ2番手。

ファーストロットの一員だ。


そして11時を僅かに過ぎて開店。

僕は『小ブタ(700円)』を購入。

その食券をカウンターの上に乗せると、
店主と若い助手の方が黙々とラーメンを作っていく。

程なくして、店主が、

『小ブタの方、ニンニク入れますか?』

となんだか格好よく聞かれ、

僕は応える。

『野菜ニンニクアブラで。』

それがこれだ。
jirokanda.gif


実は神田神保町店は初めてではなく2回目なのだけど、

初めて来た時、1時間30分待った挙句、『大』を頼み、真に遺憾ながら、『お残し』をしてしまった苦い思い出があるのです。

今回は同じ轍は踏まぬ、ということで、小ラーメンを注文。

この後もう一戦、戦いが控えていていましたし。


まずは野菜っ!

うん、さすがファーストロットなだけあって、新鮮な野菜に茹で加減もバッチリ!シャキシャキしています。モヤシ多めな分、歯ごたえが良い!

そして麺を喰らう!!


(゚д゚)メチャウマー


やっぱり神田さんところは麺がモチモチとしっかりした良い歯ごたえで美味しい。

・・・・・とはいえ、凄い量!

湯切りをしている時にも思いましたが、ここのお店は小でも平ザルいっぱいに麺を入れてくるから恐ろしい!

そりゃ、大はきっついわ・・・。

と思いながらも、次はお肉!


ヘ(゚▽、゚*)ノ ジュル♪


っという感じ!

美味しーい!!

やや脂身が強いものの、それ故の旨みがジュルっと出る!

うわ~、身体に悪そうだけど、美味しいぞ~コレ。


スープは紛うことなき二郎の王道をいくスープ。

少ししょっぱめだけれど、野菜が多い分中和され、

麺をすする度に、豚骨醤油の凝縮された旨みを絡ませてくる。

あらゆる食べ合わせを試しながら、最後まで美味しくいただけました。

しかし、『小ラーメン』だというのに、その量には圧倒されましたね。


総評:★★★★


『只、我意あるのみ―』

っていう感じの王道。

『ラーメン二郎』の美味しいところを全部浚(さら)っています。

jirokanda2.gif



さ、次回は、

『Coda:'jiro yaenkaido'#2 "assai Grave"』

(最終楽章:第二番「二郎野猿街道」『きわめて重々しく』)


をお届け!!

おっ楽しみにぃ~。




ラーメン二郎 横浜関内店


雨は降れども行くぜラーメン。

ということで、雨脚は強くなる一方でしたが、関内の行列店、『ラーメン二郎 横浜関内店』に行ってきました。


中華街を足早に去り、関内の駅を抜け、伊勢崎町モール方面へ向かう頃、僕は走っていた・・・・・。

なぜならば時はもう17時30分。

関内店の開店は18時。

もしかしたら・・・・・・


ってやっぱり並んでるぅぅぅ・・・・・・


すでに15人待ち

並ぶの早いよ。関内店・・・。

ということで、17時40分に並んで待つ。

その間中、『Fate/Zero Vol.2』を読んでいましたが、程なくして開店。

ファーストロットの人たちが入っていく。

最初の人たちが入店してしまうと、意外と店の前にまでこれました。

これなら、早くいただけそうだ。

しばらく待っていると、助手のピアスのお兄さんが、

『大か小か?』

と聞きに回ってくる。

僕は既に、『小ぶた+汁なし+ニラキムチ+チーズ(940円)』を購入済み。

『小で、汁なしです』と伝える。


5分ほど経ち、ファーストロットの人たちがじわじわとたいらげ終わり、遂に僕も席に着く。

一番奥の席だ。

目の前で店主の麺さばきを眺めていると、助手の方が、

『小ぶた、汁なしの方、ニンニク入れますか?』

と問われる。

ならば応えましょう。

『野菜増し増し、ニンニク、アブラで』

それがこれだ。
jirokannai.gif


おひさしぶりっす!

関内二郎!!

いや~、楽しみにしていました。


わっしゃわっしゃと麺と汁を混ぜるように天地返しを行う。

もちろんほとばしる野菜!

テーブルを汚しながらも、美味しそうに汁と絡まった麺をいただくっ!


o(≧~≦)oウマー


こーりゃうめーや。

やっぱ、うめーや。

ニラキムチをトッピングしたおかげで、幾分スタミナ料理っぽいし、ブラックペッパーがかかっているから、スパイシーだし、汁なし故にさほど熱くもないから、ガツガツいけちゃう!!

にしても最上に美味しいのは、

豚肉!!

この@型のチャーシューは本気でウマイ!!

素晴らしい仕事が成されています。

このチャーシューの出来を見るに、このお店のお肉にはブレが少ないと思います。テキトーにぶった切ったものではなく、丁寧に作られ、食べやすく、しかも大きめにカットしてくれているから、最高!!

今までの二郎の中でダントツトップのチャーシューになりました。


総評:★★★★


やっぱり、関内店は美味しいです。

最終的にニラキムチの個性が爆発してしまっていたので、『総体的に美味しいもの』となってしまい、個々の持ち味が分かりづらくなってしまった点はもったいなかった。

次は汁なしではなく、ラーメンでいただいてみたいと思います。

助手の方が怪我をされて、昼の部はしばらくお休みするということですので、夜の部の並びはさらに激化するでしょう。

それでも、食べたくなる味は確かに、ありました。

jirokannai2.gif



追記:

その後、ギリギリ友人のライヴに間に合い、最初から見ることが出来ました。

終わった後、友人と話している時にラーメン屋に行ったことを看破されてしまったのは言うまでもありません・・・・・。



横浜中華街


友人が新たに結成したバンドのデビューライヴがあるということで、ひさしぶりに関内に訪れました。

開演までしばらく時間があったので、せっかく関内に来たのだから、珍しいところに行こう!

と思い訪れたのは、ここ。

chinatown3.gif


お分かりかもしれませんが、

雨の中華街です。


いや~、休みになると雨に降られましてねぇ~・・・・・。

ということで、本当は『赤レンガ倉庫』にも行こうと思いましたが、雨脚も強くなってきていたので、断念し早足で中華街を散策。

そして、見つけましたのは、ここ。
chinatown2.gif


世界チャンピオンの肉まん!?

すげぇじゃねぇか!!

店頭にある2つのモニターではメディアで紹介された番組を放送しており、人気を伺わせます。

ということで、『肉まん』『抹茶あんまん』を購入。

それがこれだ。
chinatown.gif


・・・・・ちっちぇえ。

1個90円なのだから仕方がないサイズかもしれませんが、小龍包を思わせる肉まん。

とりあえず、『抹茶あんまん』をいただいてみる。


一口。

二口。

終わり。


感想:普通。


・・・・・ん~、まぁ『抹茶あんまん』はそんな売りにしてないもんねっ!

大事なのは、『肉まん』さっ!


一口。

二口。

終わり。

感想:味濃い目だけど、

普通。


・・・・・いや、確かに美味しいですよ!

お肉の旨みを引き出す味付けがちゃんとしている。

でも、中華街の中華まんだったら、もっと美味しいのあるよなぁ・・・と思っちゃいました。

ま、それらは総じてお高めなんですけど。


でも、あの小ぶりの肉まんがかわいいっ!

と思ったりもするし、

働く人の多さが凄っ!!

と世界チャンピオンの味を作り出す人たちの多さに驚嘆したし、

ネタにもなったので、良しとしましょう。




家二郎 -本編-


ラーメン作りというのは、過酷な作業である。


と思いますが、そんな気概を気にせず、むしろ楽しんで出来るのが家庭料理の特権ですね。


さて、そんな気分で望むものの、その作業を担うのは、調理担当のチーフであり、それをレポートするのが、僕の役目です。

なんとも、楽な役割です。


まずは、実食の前日、『スープ作り』からです。

iejiro3.gif


こちらの元となるスープには、

『鶏手羽』『豚の背骨』『キャベツ』『長ねぎ』『たまねぎ』『根しょうが』が入っています。


これを煮込むこと、10数時間・・・。

iejiro4.gif


まさにブチ込まれる『豚肉』『背脂』

もうすでに白濁とし、乳化傾向を加速。

爆乳化となります。

そして、その日のスープは一旦寝かせ、

次の日、実食当日、

iejiro5.gif



なんか、背脂増えてねぇ・・・?

もはや、はんぺん

背脂のはんぺん祭り~~~♪


スープにブチ込まれていたお肉は取り出され、特製のタレで味付け。
iejiro6.gif


程よく煮込んだ豚肉にスープを入れ、味を馴染ませる。
iejiro7.gif



数時間後、遂に、

『いつでもできるよ。』

というゴーサインが出たので、休憩タイムにて、コール!!

『野菜増し増し、ニンニク、アブラで』

それがこれだ。
iejiro8.gif


一般的なお店ではなく家二郎なので、コソコソせず、堂々と360°からの撮影が可能!

まるでグラビアのような撮影をした後に、実食!


从リ ゚д゚ノリ ウマー


まず、心配であった麺ですが、残念ながら二郎の麺とは違いました。

とはいえ、形状と太さ、食べ応えは二郎の麺に近似していると思います。味はやはり、いささか鹹水(かんすい)が強いでしょうか?二郎の場合はうどんの風味があるけれど、これにはない。
あの特有のボソボソ感も感じず、上手に作られている麺という印象。

やはり、麺は作るしかない、のでしょうかね。

スープは、チーフ特製のカエシ醤油がとても上品で美味しい!

そんな印象故に、二郎とはまた一線を画します。

豚骨スープなのかカエシ醤油が起因なのかよく分かりませんが、二郎のあの濃厚で、すこぶる危険そうな味はなく、むしろまろやかで、あっさりしていて飲みやすい印象を受けました。

そして、出色なのはやはり、チャーシューでしょう!
iejiro9.gif



じっくり時間をかけて作り上げたチャーシューは、見た目しょっぱそうでしたが、味わいは思ったよりも優しく、柔らかでジューシー。

チャーシューというよりも、角煮でしたが、それはそれ。

美味しいものには変わりない、ということですね。


総じて、二郎としてどうか?と問われると別物で。

インスパイアの風合いが強い出来だとは思います。


どっちが良いとか悪いとかではなく、

美味しかったなぁ~~~



面白かったなぁ~~~


で今回は締めましょう。


製作者のチーフ、お疲れっした!

ごちそうさまでした。



家二郎 -interlude-


なぜにそこまでの衝動に駆られるか・・・?

夢の具現のため、さ。


ということで、前回に続き、今回も家二郎に挑戦の巻っ!


今回は本格派!


さて、そんな本格的な行動に移る前には、下準備が必要です。

スープとカエシ、肉、野菜などは調理担当のチーフにお任せし、

僕は麺を求めにここに訪れました。
nakadoori.gif


ここ鶴見の、仲通商店街『沖縄区』とも言われ、沖縄出身者や、2世3世の方が多くいらっしゃるようです。

そのため、沖縄料理店や沖縄物産など、沖縄にまつわるものがたくさんあるというのです。

一応、鶴見の観光地みたいです。


っていっても、おだやかーな、正直寂れた普通の商店街でした。

活気に溢れた感じはまったくなく、開いている店の方が少ない印象。


さておき、本題。

ここに何をしに来たのか。

それは、二郎の麺を再現するに、『沖縄そば』が一番近いのではないか?という情報を手に入れたからです。

そして、訪れたのはここ。
littleokinawa.gif


『(株)沖縄物産センター』

この店ですべての沖縄的な食品は手に入るでしょう。

すこぶる便利なお店ですが、この一店舗で事足りてしまうのだから、なんだか物悲しいものはあります。

沖縄独特の珍しい食品が数多くありましたが、そういったものには目もくれず、ただただ『沖縄そば』を求める。

そして発見!

どうやら、1人前用、1キロ、10パック入りと売られていて、

平均化すると1人前120円くらい。

それを16人前購入!!


その後、一応沖縄そばを試してみたくなったので、近くにあったお店に入店。
yardgi.gif


『ヤージ小』

というお店でしょうか?

詳しくお店の名前を調べておかなかったので、断言はできませんが、このお店の『ソーキそば(700円)』を注文。

それがこれだ。
soukisoba.gif


『ソーキ』とはあばら骨スペアリブのことらしく、味付けに『泡盛』を使用することで、その様な名称になるらしいです。

そのお肉がゴロッと4つほど。

お肉は、ホロリと柔らかく煮込まれており、味付けも程よく薄味で美味しい。

スープも鰹と昆布のダシがあっさりとしていて、優しい味。

麺は購入したものといささか違うものであったけれど、平打ち麺でほうとうの細いような印象。ツルツルと食べれるしクセがない分食べやすい。

総じて、夜食に食べたいな、と思いました。


さて、次回では本格派家二郎をレポート!

おっ楽しみに~。




家二郎 -序章-


なんかこのブログ、『ラーメン』『2次元音楽レビュー』がほとんどだな・・・


と思ってしまいますが、そこはご了承願いたい!


僕はそうして生きているのです!!


さて、今回はお家でラーメンを作ってみました!

しかも、二郎ばりのものを作ってみようじゃないかっ!

ということで、数々の情報を探ってみたところ、


『麺はどーにも再現できんよ。』


ということらしい・・・・・・。

つまり、二郎の麺というのは、自家製麺であり、それを代替するような麺は市販では存在しないようなのです。

とはいえ、その情報を鵜呑みにしたまま終えてしまっては、行動力のない男になってしまいます。

ので、近場でなんでも揃いそうな、横浜駅周辺で、探ってみました。


『高島屋』『QUEENS ISETAN』『そごう』『成城石井』・・・

それらの麺コーナーを探すものの、的確に『コレ!』というものはなく、むしろ有名ラーメン店による即席ラーメンの幅の利かせ様に驚いたくらいです。

それでも、なんとなーく、似ていそうな麺を購入し、帰宅。


今回は『麺を探す旅』

なので、スープは市販の出来合いのもので済ませちゃいます。

今回はこれ。
iejiro.gif


『幅広中華麺 (今村製麺総本家)』

『味噌ダレ』『豚骨醤油ダレ』のWスープ!


ぜんぜん二郎じゃねーじゃん・・・

という瑣末な問題は置いといて、できあがったラーメンが

これだ。
iejiro2.gif


なんか、紫色がキモい・・・

というのは、仕方がありません。

これ、レッドキャベツです。

他にもニラが入っていたり、ニンジンが入っていたり、ピーマンが入っていたりします。

お肉はバラ肉です。

そうです。

野菜炒めをラーメンに乗せただけです。


そんなことは気にせず、実食!!

うん!野菜は普通だっ

でも、ラーメンにニラって合いますね!

こりゃー普通に美味しい。

麺は、卵麺だぁ~~~・・・・・

ぜんっぜん二郎らしくねぇ・・・。

いや、今更二郎を引き合いに出せませんが。


スープは流石、84円と92円の合わせ技。

美味しいね。


今回の麺を確かめるための家庭ラーメン作りも、

卵麺を選択してしまうという凡ミスにより、失敗。

とはいえ、お家で美味しいラーメンが作れたのは僥倖といったところでしょうか。

(家でまで、ラーメン食べるなよ、という声はそら耳のはず。)



衣笠山公園


kinugasaeki.gif

なぜ、衣笠駅に来たのかと問われると、

ヒ・ミ・ツ

と答えてしまいますが、

ま、桜を見にきたのです。

hetaresakura.gif


・・・・・・こっちね。

kinugasa.gif



もう葉桜となってきていたけれど、花見をしていなかったし、

ゆっくり桜を見ることもなかったので、

たまには遠出をしてゆったりと眺めようかな、と。


ということでの『衣笠山公園』です。

さすが『山』というだけあって、駅から公園までの距離は短いのだけど、上り坂がなかなかに大変。

よいしょ よいしょ

と上っていき、歩くこと20分程。

てっぺん。
kinugasa2.gif


う~ん、良い景色だっ!!

横須賀の海が一望っ!!

目の前の電線が気になるところだけど、ウグイスの鳴く声やトンビが飛んでいるのを見ると、自然を感じる。

時期は逃してしまった感じだけれど、人も少なめで実にゆったりと景色を眺めることができました。

来年は京都で丸一日じっくりと満開の桜を眺めたいな、と思っています。

あ~、弘前もいいなぁ・・・・・。



追記:

久里浜駅の菜の花畑も綺麗でした。

kurihama.gif




ラーメン二郎 品川店


六厘舎がファックなことに休みでいらっしゃったので、

もの凄いお腹を空かせながらも、替えのお店を思案。

大崎のどこかで手軽に済ませるのはイヤ。

ということで、最も近い駅で、美味しい店・・・・・・。


はい、ここ。
jiroshinagawa.gif


また二郎かよ・・・・・・

と思われるかもしれませんが、ま、いつかはゆく道。

ならば行ける時に行きましょうということで。


っつーか、ここの品川店も目黒店に負けず劣らず(?)きれいではないし、薄暗い。

しかし、お昼時に集う人々は9割ほどサラリーマンの方々で、皆一心不乱に麺をすすっていた。

うん、これこそラーメン屋でしょう、と。


『小ラーメン豚入り(700円)』を購入。着いてから15分ほどで席が空き、着席。

お店の方は30代半ばっぽい麺あげ担当の方と40代半ばっぽいトッピングを担当している方。

2人ともなんだかお疲れモード

これがラーメン屋ですよね。

眠る間も惜しんでスープを作り、休む暇もなくラーメンを作る。

そりゃ、疲れるでしょう。

むしろ、店主が疲れているお店の方が美味しいと言われていますからね。

と厨房2人の所作を見ながら程なくして、

トッピング担当の方が、『スッ』と僕に手を差し出してきた。

コールタイムだ。

僕は『野菜ダブル+ニンニク、アブラで』

と言ってみる。


それがこれだ。
jiroshinagawa2.gif


なんか野菜ばっかりに見えますが、ちゃんとお肉もあります。

野菜は他の二郎に比べてキャベツが多めだけど、モヤシのシャキシャキ感が損なわれていないし、量も悪くない。

野菜の下にお肉がいたので、一口。

うん、ちょっとしょっぱめ。

目黒のお肉と形状は同じだけど、こちらの方がしょっぱめだから麺といっしょにかっくらう。

麺は二郎標準のやや太めの平打ち麺。

スープはやや豚骨よりも醤油の味が強め。

スープ単体では味が濃いので、様々な組み合わせをすることで、このラーメンは制覇できる感じです。

特に麺+肉の組み合わせは最高に美味しい!

しかし・・・、ちょっと麺少な目・・・?

いや、他の二郎と比べてですけどね。

色々な組み合わせで食べていたら、麺の方が先に終わってしまいました。

わずかに物足りなさを感じる量でしたが、ま、お腹いっぱいになったのは確かです。

総評:★★★

目黒店の方のスープに軍配が上がる感じでした。

とはいえ、遜色ない二郎のラーメン。

この分なら野菜がトリプルでもタワーでもいけそうですね。



六厘舎・・・・・


仕事が早く終わり、家に着くや明日のことを考え始める。

『明日は休みだ、どこへいこう?』

と。


そして、今回はなんとなーくこの間家で食べた『つけ麺』

を思い出し、『美味しいつけ麺を食べにいこう!』

と思ったわけです。

そして、つけ麺の雄といえば、

六厘舎です。
rokurinsya.gif


あ!?

yurusane.gif


いつもそう!

ラーメン屋って

『納得のスープが出来ませんでしたので閉店いたします』

とかいって勝手に休むの!!


グループ魂『ラーメンNo.2』を思い出す。

いいから食わせろ~黙って食わせろ~♪

って。

せっかく早起きしたのによぉ!?



ラーメン二郎 目黒店


『二郎はラーメンではなく、二郎という食べ物である。』

ということで今回は小岩店ぶりの直系店、

『ラーメン二郎 目黒店』

に赴いてみました。


17時40分、目黒駅に降り立ってみると、小雨がパラパラ。

傘をさすほどではないけど、どんより空は憂鬱にさせますね。



事前に調べておいた地図を忘れてしまったけれど、

目黒駅西口からまっすぐ歩いて、山手通りにぶつかったら右に曲がればよいことは覚えていたので、駅にある地図を確認し、歩きだす。


そして迷いだす・・・・・・・。


目黒通りに差し掛かったものの、そこから行けども行けども山手通りは出てこない・・・・。

時はもう18時。

もう開店してんよ・・・・・。


仕方なく一度駅に戻る。

そして再度確認し、歩き出す。

すげぇ、早足。

目黒通りをずんずん進む。

そして、遂に山手通りに差し掛かる!

やっときたー!!

と思い右折。

そしてさらに歩く速度を加速。

あっ!

行列だっ!!


ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !!


ということで30分かかって到着。

待ち人数は8人。

意外と少なくてほっと一安心。

jiromeguro2.gif


待っている途中で店主から、

『大か小か?』

扉越しに聞かれる。

前のおじさんはわざわざ扉を開けて、『小で!』と応えていたが、

僕は扉を閉められてしまったので、口パクで『小で!』と伝える。


程なくして、食券を買えるタイミングに。

最後まで豚にするか、ダブルにするか迷ったが、

『飲み物買うなら豚を増せ。』という名言を思い出し、

『小ラーメン豚ダブル(700円)』を購入。

奮闘していた部活後の女子高生らしい女の子2人が席を立ち、僕は奥の方へ。

厨房と座席に繋がる補助席みたいなところに座って食券を出す。

出した瞬間に『麺固めでお願いします。』と言ったものの、

助手の方が『あ~もうできちゃってるんですよね・・・。』という。

早っ!

仕方がないので『ああ、いいですよ。普通で。』

と言うやいなや、すぐさま『トッピングは?』と聞かれる。

早っっ!!

と思ったけど、とりあえず、『野菜増し増しニンニクアブラ増しで』

と言ってみる。

しかし、僕の声が聞き取れなかったのか、

『え?ニンニクヤサイアブラで??』

と受け答えられた。

『それで。』

押しに弱い僕は即答してしまいました。

それがこれだ。
jiromeguro.gif


あぁ~ん、野菜少な~い・・・・・。

しかしこれも運命(さだめ)。

いただきますっ!!


まずは野菜ですよね。

うん、モヤシのしゃきしゃき感がよい。良いアクセントになりそう。


麺をいただきます。

んっ、二郎らしい太めの平打麺。

うどんのような味がします。


そしてスープ。

ここのスープは豚骨の甘みが良くでているっ!

カネシ醤油の効かせが強いと聞いていましたが、そんなことはなく、

程よくスープと麺にマッチしています。


ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ


しかし、ここでの大事は豚っ!!

豚がしょっぱかったら相当苦戦する、と思いながら食べてみると、


(゚д゚)メチャウマー


程よい脂身と味付け。

二郎の中では、味は平均的ながらも飽きのこない、身体に負担のかからなそうなものに仕上がっているっ!!

それがいっぱいだぁ!!

『このブタが!!』

と食べる。

『このブタ野郎め、二枚同時食いだ!!』

と食べる。

それでもまだあるまだある

物足りない野菜と麺をカバーする豚の量に大変満足致しました。


総評:★★★☆


ここに二郎の世界標準があると思います。

グローバルスタンダードですね。


量を追えば味が劣る。

味を追えば量が劣る。


その中間点にあるかもしれません。

二郎を初めて知るにうってつけのお店だと思います。



池袋大勝軒 特製もりそば


っていう家庭用ラーメンを『ららぽーと横浜』『大丸』で購入してみました。

taishouken10.gif

また出た~!!!

山岸御大!!!


ん~、どこまでも広がっている山岸大勝軒。


ってことで家大勝軒、やっちゃうよ!


中身を開けてみました。
taishouken11.gif


チャーシューはでっかい!

でも、コレ大勝軒のチャーシューじゃないよね??


ま、いいわ。


ということで、お湯を沸かし、麺を茹でる。

茹で時間は3分が目安と書いていたので、2分40秒であげ、
『固め』に設定してみる。

そして水で洗うようにして『締める』!!

う~ん、ちょっと楽しいかも。

そしてスープにお湯を入れ、つけ麺の完成!
taishouken12.gif


では、いただきますっ!!

麺をちょいちょいと汁につけて、ズルルルッ!


・・・・・・

( ´_ゝ`)フーン


いや、全然大勝軒じゃねーし

カップ麺の方が断然香りは出ていた。

麺なんて、量にしても太さにしても形状にしても味にしても、
どこが池袋大勝軒なの?と思いました。

スープに至っちゃあ、普通の醤油味のつけ麺

大勝軒と書かれても、『どこが??』って感じです。


チャーシューも別に・・・。

メンマも別に・・・・・。


とはいえ、家でやるつけ麺っていいな、とは思いました。

ま、まずくはありませんしね。

たまにはこういった趣向も面白いと思います。

とはいえ、これで525円はねーだろうよぉ!?





ららぽーと 横浜


市ヶ谷で美味しい味噌らーめんを食べた後、

友人を連れて、行ってみたかった

『ららぽーと横浜』

に行ってきました。


休みとなれば雨が降るっ!

という定説を見事遂行した素晴らしい天気の中、

市ヶ谷~鴨居まで、長い距離を電車は走るよ。


そしてたどり着く鴨居駅。

正直ひなびた感じの町に突如現れたショッピングパーク。

地元商店街は大打撃~ブレインダムド!ふにゃ~って感じでしょうか。


とはいえ、僕みたいな人間も行くだけに、随分と活気はあるようで、

多くの人たちが『ららぽーと』を目指していました。

lalaport.gif


そんな『ららぽーと 横浜』に入った瞬間、

『ラゾーナじゃん!!』

と言ってしまいました。


こういったショッピングパークは増えていくんでしょうか??

最近このような大きい施設が増えて利用する人間としては楽しみでもありますが、地元の人は嬉しい反面、淘汰されるお店も増えていくのでなんとも言えないでしょうね。


とはいえ、この『ららぽーと横浜』。

様々なショップがあれども、僕の好きなお店は皆無

横浜線は利用しないだけに、『ここまで来る価値』を見出したかった。

それに期待したのは『大丸』!!


テレビの紹介番組など、メディアで取り沙汰されていた頃、

この『大丸』は、多くの専門店がひしめく横浜随一のデパート!

という触れ込みに期待していました。


しかし、中身は、

『高島屋』『QUEENS ISETAN』とほぼ変わらず・・・・・。

有名な洋菓子・和菓子のお店もあって、横浜線を利用する人には便利かもしれませんが、これでは横浜駅周辺のお店で事足りてしまっています。

期待しただけに残念。


もっと、もっと個性を!意外性を!!

と思っているだけに無念な結果。

施設内に入っている『イトーヨーカドー』のポッポでクレープを食して、『ららぽーと横浜』を後にしました。


・・・・・ってか場所柄、あそこの飲食店はこれからの生き残りが相当大変だろうな~と思いました。

18時過ぎくらいでお客さんゼロっていうお店も結構ありましたし。

がんばれ!鴨居!!



麺処 くるり


待望の休みっ!

しかも2連休!!

ってことで、今回は市ヶ谷にある

『麺処くるり』

に行ってきました!!


さて、この店、

以前、日テレで

『本当に美味しいラーメンベスト30』

で1位をとった店で、気になっていたんです。


んで、今回は友人と一緒に初、市ヶ谷!


外堀通りを飯田橋方面へ向けて歩くこと数分、

何か多くの人が待っている。

初めは『バス停でもあるのか?』と思ったけども、

それこそ、『麺処くるり』の行列。

最後尾に並んでみます。
kururi2.gif


もはや行列に並ぶことにも慣れた僕ですが、

もちろん行列は嫌いなわけで・・・。

ゆるゆるとした捌け具合には苛立っちゃいます。

前に並んだおじさんも何かに追われるように、
去っていってしまったり、

店の前まで行って、行列を見て、去っていく人々もいたり。

う~ん、もうちょっと行列を考えた仕様にすればいいのに・・・。

と思いながらも、1時間(13時45分~)。

やっと入店。

食券機で『味噌らーめん大盛り+味玉(750円)』を購入。


それがこれだ。
kururi.gif

ここまで並ぶとなると、期待するというより、

『こんな並ぶならどんなに美味しくても、もう来ないだろ。』

ということが頭に浮かぶと思います。

そんな期待と諦めが内包するなか戴く味噌らーめん。


・・・・・・・

(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!



最初は『辛っ!』と思ったスープだけれど、

麺と絡ませて食べるとこれほど美味しい味噌らーめんは初!

いや、ヤヴァイウマイ!!


事前情報で『天下一品』ばりのどろり濃厚という話だったけど、

『天下一品』ほど、どろりとはしていないながらも、

ゆるめなポタージュの風合いで、とろとろしている。


味噌が立つというより、スープ全体で引き立たせている。

確かに味は濃い!すごく濃いけど、味覚を失うような濃さではなく
味噌ラーメンとしての醍醐味を味わうための濃厚さ。

このスープは味噌ラーメンの中で、確かに1位だわ!

と思わせました。


麺はやや太めのちぢれ麺

これほどスープに絡んできて美味しさの相乗効果を演出する麺は初めてかもしれません。

単体なら特筆するような麺ではないと思うけど、

スープに合わせて、選びに選んだ麺という印象がありました。


チャーシューは脂分多めのとろとろ

脂分多めってのは、そりゃ美味しいのだから、特筆すべき点ではないかも。

とはいえ、この濃厚なスープの相性を考え、必要に迫られて、このチャーシューにしたというものでしょう。

味玉は良い仕事が成されていますが、最近は味玉もハイレベルなものが増えているから、標準な出来でしょう。


テーブルには各種調味料(カレー粉もある)があるけど、そんなものは必要ありません。

ってか、最後にカレー粉を入れてみましたが、濃厚スープでほとんど変化がありませんでした。


総評:★★★★


確かに並ばせるだけの味は持っていますね!

美味しい味噌ラーメン知らない?って聞かれたら、

今のところ間違いなくこの店を推すでしょう。

ただ、場所柄、行列、それらを加味して、行ってみるのは自己判断でヨロシクって感じのお店ですね。



行列のできるラーメン屋。


200703261445000.jpg


ではないようです。


さて、週末は年度末忙殺により、たいしたネタも、レビューの更新も出来ずじまい。


とはいえ、今日から2連休!

いろんなところにいってネタを仕入れてこようと思います。


では、Fate/Zero Vol.2でも読みながら、
このブログも楽しみに待っていてくださいねっ!!



てんか 鶴見店


金曜日は朝にすっごい雨降ったけれど、

昼頃にはもう快晴!

そんでもって風つおい!!


そんな金曜のお昼はラーメン!

って何だか自分ルールを作っちゃったようで、

『今日もいこ』と思ってしまうのだからしょうがない。


今回は

『てんか 鶴見店』

元は『つるみ堂』というラーメン店が改名(?)してこのお店になったようで。

何やら二郎風なラーメンを出す、という噂を聞き、春風吹きすさぶ中、ゴー!!

tenka.gif


店外にはたくさんのメニューが貼られているし、様々な注意書きはあるし、いろんな物は置いてあるしで、乱雑しているけれど、外見はなんとなく良い店っぽく見える。

入店すると、少々強持ての店主とおそらく奥さんらしき方二人で切り盛りしていた。

僕はとりあえず、基本っぽい『とろとろ肉そば+大盛り(750円)』を注文。

すると、奥さんが小さめなフライパンで肉を焼き始めた。

ふーん、ここはフライパンで炙るんだぁ・・・と思いながら程なくして、

『にんにくは入れますか?』

と二郎的発言!

店内にある注意書きを見ると、

『野菜増し、ニンニク増し、唐辛子増し無料!』

と謳っている。

こりゃ、完全に二郎をインスパイアしていらっしゃるね。

ということですが、ここは二郎ではないので、

『野菜と、ニンニク入れてください。』

と言ってみる。

そしてこれだ。

tenka2.gif

全然二郎じゃねぇ!!

と思ったものの、いただいてみる。

うん、

二郎じゃねぇ!!

麺は浅草開花楼製、チャーシューは宮崎県産黒豚、スープの醤油は五日市の本丸大豆醤油を使っている、と注意書きにもあるとおり、それぞれがしっかりと個性は発揮している。

特に

この浅草開花楼というのは調べたところによると、老舗の製麺所のようで、『六厘舎』『TETSU』など有名店にも出荷しているようです。

確かにこの麺はすごい!

中太麺では、歯ごたえのモチモチっぷり、噛み締めた時の弾力は今まで食べた麺の中でも相当なもの。

ただ二郎好きな人々には少しツルツルしていて上品さが気にかかるところでしょうか。


とろとろ肉といわれる、黒豚も美味しい。

ただ脂が強いため、胃がもたれそうです。

フライパンで焼かれているから、どうしても家庭的な味わいに。

贅沢を申すなら、やっぱり炭で炙ってほしいところです。


僕的に、如何ともしがたいのが、スープ。

確かに良い醤油を使っているのかな?ということは分かる。

ただ、味付けがしつこい!

鰹節を効かせた味付けが僕には合わないようです。


豚骨と醤油のWスープというのを後で知って、

ほんとかよ!?と思っちゃいましたが、

醤油と鰹節によるパンチが強すぎて、食べていく途中から飽きてくる。


『まだあるのかぁ~・・・』

と思っちゃいました。

総評:★★☆

『永福町大勝軒』のスープ。
『めん創桜花』のチャーシュー。
『ラーメン二郎』の麺と理念。

そのすべて亜流

といった印象でした。


つけ麺もオススメのようですが、

『TETSU』の亜流なんでしょうかね?

多くの有名店からの庇護も受けているようですが、

『ゆるぎない味ひとつ』を目指して頑張ってほしいですね。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。