■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラーメン大 蒲田店


もはや休みとなれば行くしかない・・・!

と思う今日この頃。


寝る前に、

『今日はどこ行こうかなぁ~♪』

と悩むのが楽しみのひとつでもあります。

AVOS(アボス)
(Adult Video Only Sunday)


みたいなもの。


ってことは、

ROH(ロー)
(Ramen Only Holiday)


を実践しているってことかっ!?


・・・・・何いってんだろ。


そんなことはさておき、

今回は、

『ラーメン大 蒲田店』

に行ってきました!


元は『ラーメン二郎 蒲田店』だったようですが、

店名を変更してこの『大』というお店に。

話によると、このお店の『盛り』は凄いっ!!

ってことで・・・・。


蒲田駅西口から降りて、工学院へ向かう道を数分歩くと発見!

daikamata2.gif

やっぱり黄色い看板って目立つなぁ~・・・

と思いながらも、14時40分、食券機で『ラーメン+焼豚(720円)』を購入!

入ってみると、もうお昼時を過ぎているためか、割と空いている。

店員さんはひとりきり・・・・・・


・・・って電話しとるっ!!!


これじゃー、『麺カタメで~』とか言えないわ~。

とか思いながらもとりあえず着席。


電話中ながらもお客さんの存在に気づいた店主は、

タボに麺投入。

電話をしながらラーメン作っとるっ!!

いや、いーんですけどね。

重要な用件かもしれませんし。

でも、『あ~今回はちと期待できないなぁ。』と思っちゃいますよね。


して程なくして電話も終わり、『トッピングは?』と聞かれる。

『野菜マシマシ、ニンニク、アブラで』

と言ってみる。

それがこれだ。
daikamata.gif


バーカ!!

と思いました。

そりゃコールした時に店主も『オッ(半笑い)』と笑みを見せますよ。

隣のカップルも驚きますよ。


そびえ立つ野菜の山

う~ん。

ナメてた。


店主から取り皿を受け取り、

レッツバトルスタート!!


まずはそのまま野菜を一口・・・。

・・・・ん~ずいぶんフニャっとした食感だなぁ・・・。


・・・・あっ!!

野菜溢したっっ!!


ん~取り出すのも難しい・・・・。

とりあえず、別皿に野菜を移そう。

麺がフニャフニャになっちゃう・・・。

ということでイソイソと野菜を移す。


そしてがっつく麺!!

お~、言ってもないのに固めでボソッとしている!

そりゃこのラーメン食べきるの相当時間掛かるもんな、

固めに設定するはずさ!

スープもいただくが・・・・・

あれ??

薄い・・・・?

確かに二郎特有の豚骨醤油のスープだが、あきらかに薄味。

そっか!だからカネシ醤油がカウンターに置いてあるんだっ!

と思い、サーっとかける。

ん~、でもやっぱりパンチが弱い。

豚骨の煮出しが足りないのか、スープに力がない。

野菜が(異常に)多めなのだから、もっと味付けは濃くてもよいと思うんだけど・・・・。

焼豚は二郎らしからぬ、普通のチャーシュー。

味付けはスープと同様薄味。肉そのものの味を楽しめという感じ。


アブラをトッピングしてもらったもののタワーな野菜にゴーリゴーリと多量にかけられていたため、別皿にもってしまうと、あまり用をなさない。

適度に食べ進めては、カネシ醤油をかけ、味に飽きてきたら、
唐辛子をかける。この繰り返し。

本鉢を食べ進め、程なくしたところで、別皿の野菜を投入。

元にもどった!

見た目はもう、『へい、ラーメンお待ちっ!』といって出された状態に。

でも、きっちり食べますよ!!

お残し厳禁ですからね、二郎は!!


何とか食べ切り、ぬるい水道水を飲み込み、こぼれた野菜を片付け、

ごちそーさまっ!!

総評:★★★

勝手に野菜増し増しにした自分が悪いとはいえ、こういったお店に来たのならば、やはりそれくらいのものは食べておくべきだと思うんです。
それでもベストな味付けにもってくるのが二郎系だと思うんです。

でも、細切れチャーシューも食べれなかったし、もっと野菜少な目で食べたら印象が違うかもしれません。


食べきった後、カウンターの上にお皿を乗せた時、店主が、

『おっ、早いね。大丈夫?』

とおっしゃったので、

『大丈夫です。ごちそうさまでしたっ!』

と言いました。

心の中では、

『・・・ッゾ!ナメんなっ!?』

と思いました。
スポンサーサイト



池袋大勝軒 職人道 55周年 中華そば


働いていると休憩に行くタイミングが合わず、食事もできないことがよくあります。

昼に食べて10時間以上何も食べていない・・・・。

という状態で、仕事が終わり、


さぁご飯だぁぁぁ!!!!!

という意気込みで、コンビニに行ってみると、

発見!
taishouken9.gif


なんじゃこりゃぁぁぁ!!!!

山岸さん、ここにも手を出していたんですね・・・・・。


ということで、お腹も空いていたこともあり、
いつもは買わないカップめんをつい購入。


カップめんから諸々の調味料を取り出し、『粉末スープ』と『かやく』を入れて、熱湯を注ぐ・・・・・。

すると発ちこめるあの大勝軒独特の動物系なスープの香りがっっ!!


『すげぇな!!エースコックに出せねぇ味はねぇな!!』


と言ってしまいました。

そして、上ぶたに『液体スープ』と『メンマ』を乗せ、5分待つ。


空けてみると・・・・

うん!大勝軒の匂いするっ!!


すぐさま入れる液体スープとメンマ。

いただきますっ!


と掬い上げた麺。

・・・・・・・・・


『なんだ、コレ??』


と言ってしまいました。

全然、大勝軒の麺じゃなーし。

そしていただく!


・・・・・


『ハッ!!!(笑)』

と言っちゃいました。


評価は↑で理解してくれれば、と思います。


っつーか、池袋大勝軒のカップめんって、

平成15年から7つも出てたのね・・・・・・。

んで、4月には新作も出ちゃうのね・・・・・。


うんっ

楽しみだっ!!!

(いろんな意味で)





ラーメン二郎 小岩店


いや~、ラーメンってほんっとにいいもんですね~。

ということで、お休みができたら行っちゃいます。

今日も今日とてラーメン紀行。


今回は、

『ラーメン二郎 小岩店』

『二郎』の中でも最近、人気が上がってきており、

『ラーメンデータベース』上では今月のランキング1位状態!

最近は仕事場でも密かなブームとなっている二郎なだけに、

ここは行ってみましょう!小岩まで!!


・・・・・とその前に秋葉原へ。

秋葉原で数多のお買い物。

最近の秋葉原はなんだか落ち着いた雰囲気だなぁ~と勝手に思う。

17時くらいまで秋葉原をうろつき、リビナヤマギワのインテリア・ショップで物欲を溜めた後(チェアーが欲しい!)、

総武線に乗って小岩へ!

う~ん、小岩って飲食店が多いんですね。

商店街も北と南で広がっていて随分と便利そう。

『二郎』もあるしいい町だなっ!


ということで、まずは散策。

古本屋に立ち寄って『特攻の拓』を探す。

やっぱりどこも25巻以降がない・・・・・。

とはいえ、SLAM DUNKの24巻が売られていたので、即ゲット!

いい町だな小岩っ!!


17時35分、『ラーメン二郎 小岩店』に到着。

シャッターが閉められているが、今回は開く気配。

並んでみる。先頭だ。

すると、どこにいたのか、ぞろぞろと並び始める。

僕を先頭にいきなり20人くらいの列にっ!!

すげぇな・・・。


そして18時ちょっと前、ついに開店っ!!

食券機で『小ぶたダブル(昼・夜10食限定)(750円)』を購入。

一番奥の席で待つ。

店主も助手も若い方で、新鋭さを覗わせます。

座った右隣には『EBISU』の製麺機

これであの二郎特有の麺を作るのかぁ~・・・・

欲しいなぁ・・・・・(店に)


と思いながら程なくすると、

『ニンニクは入れますか?』

と聞かれる。

今回は、

『野菜、ニンニク、アブラ増しで』

とコール。

で、コレ。
jirokoiwa.gif


わ~い、お肉お肉~♪

という様相。


では、おひさしぶり二郎。

いただきますっ!!!

まずは、野菜を一口。

うん、さすがさっき茹で上がったばかり、歯ごたえがあって良い!

そして麺!

・・・・・・・

(゚д゚)ウマー

確かに柔らかめではあるが、自家製麺らしいモチモチした歯ごたえは健在。スープと絡めるとそりゃもう最高に美味しい。

そして、定評のある、ぶた肉。

・・・・・・・

(゚ロ゚;)ウマー!

ん~、美味しいっ!!

でも少々味付けが濃いかっ!?

スープは『カラメ』コールはしていないけれど、味が濃いめ。
とはいえアブラが乳化してはいないから、クドさはない。

さっ食べ進めよう!

わっしわっし食べていくと様々な味の発見があります。

ぶた肉はトロトロで脂ののりが良く、『うまいなぁ~』と思えるところもあればパサパサな部位もある。

たった一杯のラーメンの中でこれだけブレがあるのだなぁと思わせます。

野菜の盛りは確かに控えめだけど、存在感はしっかりあるし、麺とスープの絡み方も上々。

そして・・・・、

あ~もう入らない・・・・。

という状態になってくるっ!

でも、もちろんまだある麺!肉っ!!

小岩店の盛りは少なめと聞いていましたが、
それは二郎の中の話でありまして、やはり多いものは多いです。

でも、もちろん最後までしっかり食べ切ります。

最後は味を確かめるべく、スープを一飲。

うん、美味しかった!!

総評:★★★★

『ラーメン二郎』を何店舗か食べてきましたが、
美味しいと言われているお店にばかり行っているだけに、
他のお店と比べて優劣はつけられません。


とはいえ、食べた後の満足感は確かにあります。
そして、食べたその後一日過ぎてもお腹が空くことはありませんでした。

ラーメン一杯でいろいろな発見ができる二郎のラーメン。

やっぱり、『面白い』

まさに小宇宙(コスモ)だわ。

jirokoiwa2.gif




スラムダンク 完結!


slamdunk2.gif


slamdunk3.gif



揃いました。

SLAM DUNK完全版全24巻。


秋葉原に23巻。

小岩に24巻。


2つとも古本でしたが、状態が良かったので即決で購入。

家に帰ってビールとチーズを食べながらじっくり読みました。


やっべぇ、感動・・・・・・。

ほろり涙しちゃいますよ、コレ。


怒涛の最終戦は圧巻。

絵だけで状況・心情を表現しているのは相当な作画力と構成力が必要だと思うんですが、

この漫画は本当にその表現が極まって、凄い。


『感動』と『熱』の伝わり方が半端ない。

いやいや、素晴らしい作品です。


さて、次は何を集めようか・・・・?

『寄生獣』の完全版でも買おうかな??



一風堂 横浜ポルタ店


最近、金曜となるとラーメンを食べる機会が増えたんです。

先々週は『ラーメン二郎 三田本店』

先週は『東池袋大勝軒』『AFURI』


そして今週は、

『一風堂 横浜ポルタ店』


過去に一度行ったことがあるんです。

でも、だいぶ前の話だし、特にラーメンというものに
これほどの興味がなかった頃だったので、

行った→並んだ→食べた→帰った

というフツーの昼食程度にしか捉えていませんでした。

そして今回はしっかり味わってみようかな、と。


さして並ぶこともなく、待ち時間ゼロで入店。

オーダーは『赤丸新味 麺カタメ』
ippudo.gif

いつまで『新味』という『ケンちゃんラーメン 新発売!』状態なのかは分かりませんが、確かに『新しい味』と言えるかもしれない。

博多とんこつラーメンというと、豚骨臭があってまず匂いでやられることがありますが、このラーメンは匂いからして臭みがない。

女性にも好まれるはずです。


『西麻布 五行』で知った『焦がし』がここでも僅かに使われていたんですね。
『五行』ほど、強いインパクトはないけど、アクセントとしてうまくツボをついています。
存在感は印象に残りました。

麺は『カタメ』オーダーに当てはまったベストな茹で加減。
とはいえ、『二郎』で慣れてしまった僕は、すぐに『替え玉』を。

うん、麺自体は特筆するものではありませんね。
標準的な細麺でしょう。


一風堂の系譜にあるお店はどこも内装に気合が入っていますね(外装がよいところもありますが)。

横浜ポルタ店は大きい囲みのテーブルはちょっと避けたいけれど、
イスやテーブル、インテリア、観葉植物などを用いて、
人を不快にさせない仕様を作り上げていますね。

サービス面でも良いオペレーションが行き届いています。
常に多くの店員さんがいますが、それぞれきちっとした接客ができています。

一風堂の系譜はどこも接客が良いですね。

『ルイボスティー』の常備も好感でした。

総評:★★★☆

とんこつラーメンとしての特性は押さえ気味だけど、
試行錯誤の結果が伺える一杯。
携わる人々の努力が伺えるお店です。

ラーメンとしては標準だけれど、『人の力』で
点数が上がるお店ですね。



Tadashi YANAGI


紆余曲折ありましたが、ラーメンを食べたらケーキ購入です。

お目当てはこのお店。

tadashiyanagi.gif


『Tadashi YANAGI』というお店で、この店は海老名にしかないっぽいんです。


本店が海老名。

支店も海老名。


なぜ同じ地域にしかないのか・・・・。

横浜とかに出来たら行きやすいのになぁ。


とはいえ、わざわざ遠出してもいいな、と思うくらい、

ここのケーキは絶品っ!!

特に、

ジュピター
jupiter.jpg


モンブラン
20070326042013.jpg


は、ほんっとうに美味しい!

行った時には『ジュピター』が品切れだったため、購入できなかったのが残念!!

購入したのは、

『モンブラン』
『ガトーショコラ』
『デリス・ピスターシュ』


あと新商品の難しそうなフランス語のケーキ。


誕生日パーティーにこのケーキを持っていったら皆喜んでくれました。

よかったよかった。


近くにお寄りの際はぜひ召し上がってみてください。






支那そば 勝丸


ゆるさねぇ・・・

ゆるさねぇゾ・・・!!

武丸ゥ・・・!!!


って思わされた『寿々喜家』の突発的休業。

仕方なく、お腹を空かせたまま、海老名までブーン

ebina.gif


わーい、海老名だぁ~。

ビナウォーク、久しぶりぃ~、と思ったもののお腹の空きっぷりはハンパねぇ。

普段『ラーメン二郎』を食べなれているせいか、

『もうこりゃ普通のラーメンじゃ満足できんっ!!』

っていう思考回路はショート寸前


とりあえず、海老名で美味しいと言われるラーメン屋を検索!

ん~なになに・・・?

『黒田武士 綾瀬店』が美味しいって・・・?

どうやって行くの・・・・・?

ってバスで15分っ!!?

hyodo02.gif


遠すぎるわっ!!

それでは誕生日パーティまで間に合わんだろうがぁっ!!!


ということで近場で検索。

すると、ビナウオークには『ラーメン処』というご当地ラーメンが食べれるフードコートがあるという。

う~ん、こういうフードコートのお店はよかった試しがないのだけど、
ま、初めてだし行ってみるか!ということで選ばれしお店は

コレ。

katumaru2.gif


『支那そば 勝丸』

本当は『喜多方ラーメン 大安』に行ってみたかったのだけど、
生憎このお店もお休み(ファッキン!)。

その他のお店は食べたこともあるし、モチベーション的にはこのお店が良いかな、と。

日本に約100頭しかいないという幻の豚を贅沢にも焼豚に使用!
という謳い文句の『梅山豚焼豚麺』を食べてみようかと思ったけど、
生憎品切れ。

そりゃ、日本に100頭だもん。希少ですよね。

ってか、そんな豚を食べていーんでしょうか??


仕方なく、そのワンランク下っぽい、『上肩ロース焼豚麺(1000円)』を戴いてみることに。

それがコレ。

katumaru.gif


では、いただきますっ!!

うん、支那そばっていうカテゴリがどういうものになるのかよく分からないけど、正統派な醤油味。特に醤油が強いわけではなく、あっさりとしながらも醤油ラーメンとしての特徴はある。とはいえ、普通

麺は縮れた極普通の中華そば。柔らかめが気になるところでしたが、
問題なく、普通

上肩ロースは流石の出来。
味付けがどうこうという以前に、豚肉そのものが美味しい!

総評:★★☆

まずくはありません。むしろ、なかなかの美味しさです。
ただ何か特徴を述べろ、と言われると、閉口しちゃいます。

チャーシューは美味しかったのですが、それってお店の力もあるとは思いますが、豚肉が良いものを使っていれば、まずくする方が難しいと思うんです。だからあまり評価の対象に出来ません。

まるで『醤油ラーメンを作ってみろ!』と海原雄山に言われ、まず最初に出てくるもののよう。

本人のベストは尽くしているのだけど、何か物足りない。
後で山岡さんにダメ出しされるような感じに思えてしまいました。



寿々喜家


友人の誕生日がありました。

贈り物というのは悩みのタネですが、今回のプレゼントはなんにしよーかなー、と思案し、『とりあえずケーキを用意しよう!』と思ったんです。

物を贈るのって難しいからね。

センス問われちゃうからさ。


ということで、向かうは海老名

なぜ海老名かというとそこにお気に入りのケーキ屋さんがあるからなんです。

んで、どーせ行くならやっぱり美味しいラーメン食べようっ!てことです。

横浜~海老名の相鉄線上で美味しいラーメン屋を探したところ、

上星川にある『寿々喜家』というお店の評判が良い!!

そして、行ってきました。


上星川、寿々喜家
suzukiya.gif


!?

suzukiya2.gif


!!!??

ちょっ・・・・

おまっっ・・・・!!!!

どこにも木曜休みとか書いてねーゾ!!?


でも完全に閉まっているシャッター・・・・・・

『ジャンクガレッジ』の時は半分閉まってはいたけど、

ここは『もう閉店しますた』というように、完全戸締り・・・。

その時、耳元でMr.Childrenのうたがささやいた。


つまずいて抜かれたけどびゅんと追い詰めて

ちょっと自分にプライド取り戻せたはずなのに

この手が掴んだものは またしても

フェイク



だって!!!!

ハッハーーーーーー!!!!!!!!!!



ジャンクガレッジ


早めに仕事が終わった日がありました。

17時からフリーダム!!

ってのはやっぱり最高です。


その日はお昼ご飯も食べずに、

『終わったらどこいこ~??』

とか考えて、ウキウキでした。

お食事で悩んでいたのは、

『ラーメン二郎 横浜関内店』

に行くか、

『ジャンクガレッジ』

に行くか。


二郎の関内店は数回行っていたけど、
ジャンクガレッジは未体験だったので、
悩んだ挙句、後者の方に決定!!

一路大崎へ!!!


大崎にたどり着き、『つけ麺大王』の脇道を通ってまっすぐ、

しばらくすると、

何も書いていない白い看板の下に2名ほど待っているお客さんがいる。

到着したのが、ちょうど18時ちょいすぎだったので、ベストな時間。


でも・・・・・・。


お店の人が一生懸命シャッターを開けようとしているのに開かないっ!!

どんなにがんばっても上に上がらぬシャッター・・・・・。

仕方がない、というように、シャッターは半分下ろしたままの状態で営業開始!!


ただでさえ狭くて中に入りずらいお店なのに、さらに狭まる。

こりゃ~相当な穴場感が出てますな。


ともあれ、入店。

事前情報で調べていたので、僕が購入したのは、

『まぜそば+豚増し+インド(1050円)』

高いっ!!!

と思いますよ。こりゃ。

でも初めてだし評判の良いものを食べておこうかな、と。

前の二人はこのお店がどういうシステムか分かっていないようだったので、オーダーする際にも少し時間がかかっていた。

確かに、このお店は『無料トッピング』があったり『有料トッピング』があったりして、システムが分かり図らい。

なおかつ、いつ『無料トッピング』を言えばいいのか分からないし、
『有料トッピング』は券を先に出すのか、後に出すのか分からない。

前の二人は色々な悶着があったものの、若いながらも丁寧な説明をしたお店のお兄さんには、なかなか好感を持てた。

さて程なくして、『まぜそば』が出来た頃合に、
『トッピングはどうしますか?』と聞かれる。

『無料トッピング』の種類はこれ。

ニンニク
チーズ
焦がし
節(ぶし)
油多め
課長(化学調味料)

ちなみに『有料トッピング』は、

豚増し150円
インド150円
海老辛マヨネーズ130円
辛しマヨネーズ100円
海老辛100円
なめ茸100円
目玉焼き100円
温玉100円
チーズ(1枚)50円
ベビースター50円
生玉50円


僕が選んだのは、『ニンニク、チーズ、焦がし』

出たのはコレ。
junk.gif


うん!!!

ジャンクフーーーード!!

では、いただきますっ!!

マゼマゼした後麺を一口、ばくっ!!


むむむっ!!

この麺はっ!!

極太麺と中太麺が混ざっていて、おもしろい歯ごたえ!!

モチモチっとする麺があったり、ブツッとした食感もあったり食べ進める度、おもしろい食感と出会える。


『まぜそば』なのでスープというより、タレ。
タレの味はしょっぱめ。でも、麺と絡ませると美味しい。

@型のチャーシューは久しぶり。パサパサ感もなく悪くない出来。

『豚増し』にした豚はまるでシーチキン!味付けがかなりしょっぱめ。

焦がしはガーリックチップのことだったようだけど、悪くはないといった感じでしょうか。

チーズは僕的には必要。クセのあるアクセントが出ました。


食べ進めていく途中で、

『インドください』

と言うと、

junk2.gif


のっかった~!!

グロ~い!!!

『インド』とは『キーマカレー』のことのようで、
さっきまで食べていた醤油味の強い油そばがいきなり、カレーラーメンに。

お店の人は『足りなければ言ってください』

とおっしゃっていましたが、

全体的に味が濃すぎて、これ以上追加できませんでした。


総評:★★★☆


美味しいと思うより、斬新だなぁと思わされました。

色々なトッピングもあるし、味にバリエーションを付けられるのはおもしろい。若い人には相当好まれるお店だと思います。

音楽もレッチリや、リンキンだったりするし。

とはいえ、僕にはちょっと味が濃すぎた。
豚増しの豚がまず、しょっぱい。
チャーシュー増しができればいいなと思いました。

新鋭のラーメンを食べたいっ!と思う人には超オススメ!!


それにしても、隣で食べていたピザ野郎はクッチャクッチャうるさかったなぁ。

ああいう音を発てて食べる人は、他の人の食事が不快になることを知ってほしいですね。

junk3.gif




Key作品


200703220118000.jpg

恵比寿にてAFURIのラーメンを食べた後、恵比寿ガーデンプレイス内の三越に行き、このお財布を購入しました。

前の財布の小銭入れのボタンが填まらなくなってしまったので、
購入を決意してから一月・・・・・。


良いものが買えました。


『PAL'LAS PALACE(パラスパレス)』というブランドなんですが、

藍染めの生地を使っているのにも魅かれたし、
内装のデザインが和柄というのも魅力的。

何より、

saifu.gif



留め具が鍵っ!!

鍵っことしてはね。

うん。


美的ランクAマイナーは超えてました。




阿夫利 -AFURI-


200703210204000.jpg

3月20日で東池袋大勝軒閉店

そのニュースを放送するだろうな、と思いニュースを録って、
今このブログを書きながら見ています。

いや~、9時30分でオーダーストップ、

17時30分過ぎても並んでるんですか!?

すごいですね。


それにしても、笛吹アナ

(店内で食べている人を見て)

『み~んな、つけてるなぁ~』

って・・・・・。


んっんー。

それはさておき。


そんな東池袋大勝軒の『特製もりそば』をいただいた16日、

仕事に行くまでにはそこそこ時間があり、お買い物でもしようと思ったのです。

そこで、恵比寿に好きなお店があるので、行ってみることに。

恵比寿に着いて、買い物をして仕事に向かおうと思ったけど、

『ラーメン二郎』で大盛りの上の量に慣れしてしまった僕は、

大勝軒で美味しいつけ麺をいただいたものの、

『まだ足りない・・・・・・』

と感じ、せっかく恵比寿に行くのなら、軽く戴いてみようかな、と。


んー、

狂ってるねぇっ!!


で来てみたのが、

この店。

afuri2.gif


恵比寿での有名ラーメン店といえば、この

『阿夫利 -AFURI-』だそうで。


あんまりにも並んでいるようなら止めておこうかなと思っていましたが、ちょうどお客さんが捌け、すぐ席に座れそうだったので速攻の2軒目。

券売機には多様なメニューが用意されていましたが、
僕はこの店の基本メニューっぽい塩ラーメンと、この店お薦めの鶏油(チーユ)を購入(合わせて800円)。

店内は奥に広がっていく長方形な仕様。

スタッフは全員若々しく、オシャレに気を使っている印象を受けました。

なぜか『バズライトイヤー』のアニメを流しているのが変化球的オサレか。


店内を眺めながらしばらくすると、

afuri.gif


でた。

んっ、

器がオシャレ!(写真ではよく分からないと思いますが)

『い~い仕事してますねぇ~』とか言いそうに。


それよりも、お味の方ですよ。

麺を一口戴いてみると、

う~ん、麺がちょっと固めかなぁ・・・。

わずかに粉っぽい感じがするけど、これは時間が経てば解決する問題でしょう。

スープの味はさすがに鶏油が効いているだけあって、
塩のあっさりした味に、インパクトが加わっている。

美味いっ!!

と思うより先に、

良いもん使ってんなぁ~・・・

ということが思い浮かぶ。

量もそんなに多くないし、2軒目だというのにスープも残さず
ペロリと戴いちゃいました。

総評:★★★

うん、さすが渋谷区のお店だと思います。
イタリアンを食べるような感覚でラーメンを食べました。

でもね、

僕こんなラーメンじゃ満足できないの~~!!!!!

オサレな料理が食べたいならラーメンである必要がないの!僕は!!

もっと、こう・・・

ガッッッツーン!!!

っていう衝撃なラーメンが好きなんです。

でも、このお店のメニューは多種多様だから、中には

ガッッッツーン!!!

っていうインパクトのあるものもあるかもしれない。

でも、僕がラーメンに求めるものはこのお店のベクトルの軌道上にはないんだろうな、と思いました。



東池袋大勝軒 後編


山岸さんが見えたことで俄然テンション上がる人々。

(僕も心の中ではテンションが上がりましたね。相当。)


山岸さんは日テレの人々に取材を受けていたり、

旧知の方らしき人たちと談笑したり、

熱心なファン(?)の方にサインをしていたり、

子連れのご夫婦と一緒に店の前で写真を撮ったりしていた。


しばらくすると、立ち上がり、杖をつきながら、お客さんたちに


『すいませんねぇ~、ありがとうございます。ありがとうございます。』


とお礼を述べながら、お店の奥の住居へ入っていった。


挨拶をされている時は、初めて会った人だったけど、温和そうで、

安西先生を想起させた。

anzai.jpg



それからお店の外に出てくる様子はありませんでした。

会えて、お礼を言われたことが今では嬉しく、良い思い出となっています。


山岸さんが去ってから程なくして、前の腐女子2人は『中華そば』のためファストパスされる。

そうか、『もりそば』は時間がかかるんだわ。

とか思いながらも、後続の『中華そば』と『あつもり』の人々に
続々とファストパスられる


でも、いい。

あとちょっとで食べられる。


そして、『もりそばのお客さま、どうぞ』
と即され、中に入る。


店内は昭和の雰囲気のまま、お店の中だけ時が止まっているように、
セピア色に色あせている。キッチンの奥に見える猫の写真が愛らしい。

テレビが発色する色だけが現代を映していたが、心地よい古さに浸れる空間。

これこそが、歴史なのだと思わされた。

失ってしまうのは本当に残念だと思う。

taishouken3.gif

これはいつの12時30分??

昭和のいつごろなのだろう・・・・・

・・・・・って12時30分かよっ!!

2時間30分待ちかぁ・・・・・・。

長かったなぁ・・・・・・・。


とまるで富士山登頂!というような感慨に浸る。

そして席に座ってから程なくして、

taishouken4.gif


デター!!!!!

『特製もりそば(650円)!!!!』

んー、心していただきますっ!!


麺をつけ汁に浸し、

ずずずっ!!


んっ!

美味しいっ!!

美味しいよぉ~・・・・!!


と、ここまでの苦労も相まって、感動する美味しさでした。

ここで食べれた感動で評価が上がってしまうだろうな、と思っていましたが、実際には相当、美味しい。

今まで食べた大勝軒の中では感慨を抜きにしても最も美味しかった。

何より美味しかったのはチャーシュー!!

これは絶品と言えるハイレベルな味でした。

味玉も今まで食べたことのないような、柑橘系(?)
ん~正直記憶が定かではないのでうまく言えないのですが、
特徴ある味付けで、美味しい。

少し残念だったのは、麺の締めが少々甘かったかもしれません。

でも、柔らかめだけど、歯ごたえがしっかりとある麺は美味しかった。

隣の方は『中華そば』を食べていましたが、

そちらも相当美味しそうでした。

スープ割りはできないということでしたので、残念ながらスープは飲み干すことができませんでした。

が、全体的には大変満足できる味でした。

総評:★★★★☆

僕の中で、つけ麺はラーメンを超えられないと思っています。
でも、今回食べたつけ麺発祥の聖地はラーメンに劣らぬ美味しさを持っていました。

この東池袋大勝軒は3月20日で終了してしまいますが、
未来に出会うかもしれない最高に美味しいつけ麺が現れることを願って、
敢えて最高点ではなく星半分落とさせていただきました。

大変美味しかったです。ごくろうさまでした。


帰り際に撮影。


taishouken5.gif


taishouken6.gif




東池袋大勝軒 前編


先週の16日は、実に濃厚な思い出となる日でした。

つけ麺発祥の聖地、

東池袋大勝軒に行ってきました。


こちらのお店が来たる3月20日に閉店するということで、
全国各地から訪れる人々によって連日長行列状態。

僕が行った16日も、朝の10時着でこの状態。

taishouken1.gif



・・・・・・・

朝10時でコレっすよ!??

(営業開始は10時30分から)

先頭は何時からいたんだろーか??


いや~、噂には聞いていましたが、実際体験してみると、
凄いわ、この行列。


しかし、この店がなぜこんなに連日多くの人を並ばせるのか?


東池袋大勝軒の歴史を少し紹介します。


山岸一雄氏が『東池袋大勝軒』を開業したのは、1961年6月6日。
阿佐ヶ谷の『栄楽』というお店で修行をし、中野で坂口正安氏と共に『中野 大勝軒』を開業。順調に売り上げを伸ばし、後に代々木上原に『大勝軒』を本店として開業。『中野 大勝軒』は支店となり、山岸氏はそこを店主として任される。その後、現在の東池袋に居を構え、現在まで至る。


46年間の長きに渡り、行列を絶やさなかった店であり、
その長さの分だけドラマがあったのでしょう。

『プレイボーイ』誌で書かれていた記事を読んでみると、
このお店が愛されている理由が窺い知れました。

『プレイボーイ』誌を読んで少し驚いたのは、
山岸氏は東池袋店でのレシピを包み隠さず弟子に教え、本人が納得するものが出来ると思ったところで暖簾分けをしていたそうです。

暖簾分けするにしても、特に『暖簾代』をもらうことなく、
多くの『山岸大勝軒』を広がせていく。

これは結構凄いことだと思います。

心得のない人でも山岸氏のネームバリューを付けられるということにもなると思うんです。

大勝軒のイメージを悪くしてしまうお店が出てきてしまうかもしれない。

それでもできるのは、弟子以上に自分のお客さんを信じていたからでしょう。


いつまでも絶えることがなかった行列店。

そして、『つけ麺』の発祥の地。

多くのフォロワーを作った伝説のお店。

この店ほど多くの人から名残惜しまれるラーメン屋はないでしょうね。



とはいえ、僕は残念ながら初にして最後の東池袋大勝軒。

食べられなくなる前にラーメン狂としてはいただいておかねばっ!

と思った次第で並んでみたわけです。


・・・・・・にしても、


寒ぃぃぃぃ・・・・!!!!!


暖冬ってのは、


嘘だッッッ!!!!


と思いました。

すこぶる寒かったです。

10時30分、ファーストロットの人たちが入ったところでやっと人が歩き出す。

そして膠着・・・・・・。

んーーーー、

『ラーメン二郎 神田神保町店』でも味わいましたが、

『すっげぇ並ぶ時は、いつも寒い!』

じわじわ・・・・

じわじわ・・・・

と縮まっていくお店との距離。


お店の裏側のところあたりで香ってくる大勝軒独特のスープの香り

この時点で11時30分。もう90分待っている

すると、お店の人が前から順にオーダーをとっている。

前の腐女子2人(REBORN!の同人ライトノベル?を読んでいた)は『中華そば』だったが、

僕は『特製つけめん』を頼むことに。

あとは『あつもり』しかなかった。

そりゃこの行列だものな、事細かなオーダーは無理だろーと思いながら待たされることさらに30分。

やっとお店の角を曲がり、店正面の通りに出てくる。

あっ・・・・!!

ありゃー、山岸さんだっ!!!

taishouken2.gif
(奥の方ね)


ってことで後編に続くっ!!



続・納豆ダイエットしていますか?


aruaru2.jpg

前に、このブログで納豆のネタを書きましたが、

あの記事を読んでくれた友人が、


『2コ135円ってそんなに高くなくね?』


と言ってきました。


んんんん・・・・

んだとぉぉぉ!!!???


・・・・ッゾ!コノッ!!


ということで、奮起した僕は、アホみたいに高い納豆を買って
高い納豆というものの真価を検証しようと思い立ったわけであります。


たまたま、池袋に行く用事があったので、

池袋『東武』にてお買い物。

さっすが天下の東武さん。

食品売り場には法外な値段の優れた食材がたくさん置いてあり、

納豆も何品か置かれていました。

そして購入しましたのが、

コレ。

nato3.gif


『天然わら納豆 ふくふく』

これ1コ、630円です。

そうです、わら納豆です。

これ1コの値段でラーメン食べれますよ。


推薦文もありました。

この推薦文によると、この納豆は、

『わらに生息している天然の納豆菌の自然力を活用して作られています。』

と、『買ってはいけない』の著者が推薦しています。

今現在はパックのものが主流ですから、わらで包まれた納豆の取り出し方もきちんと説明書つきです。

nato4.gif


ん・・・・・・?

nato7.gif


無気力な少年デター!!!

KO・U・FU・N☆

(はわわ~ パクッちったぁ~~~!!!!)


・・・・・いや~、わら納豆を折り曲げている姿、

なんかエロチックですね。


ということで、説明文のように、僕も死んだ目をしながら

わら納豆を折り曲げてみる。


nato5.gif

納豆デター!!!!!


キモーい!!!!!


ん~、わらの秘境を広げてみると、そこにはたくさんの茶色い大豆ちゃんたちの群れ。

崇高な匂いも発しております。


ということで、説明文のように、スプーンで納豆をほじくり出します。

nato6.gif


大収穫~!!

結構な量です。

でも一回で食べきる!!

これが本当の贅沢ってもんでしょうよ!!


ということで美味しく炊けたご飯と一緒に、

いただきますっ!!


・・・・・んむっっ!!

豆ェェェッッ!!!!!

という味。

お豆さんの主張が出ています。

力強い味です。

豆の味が強いために、少量でご飯をいただけます。


でも、正直なところ、

前回紹介した納豆の方が好みです。

とはいえ、わらも大豆も完全無農薬

安心・安全を追求する納豆セレブさんにはオススメ!!




どろり濃厚 金曜日


さすがに、眠いです。

鼻血を出した次の日の16日、超早起きして、

伝説の『東池袋大勝軒』に行ってまいりました。


この内容については後日、詳しく記そうと思います。


そして、バンドニート的音楽レビューも『涼宮ハルヒの憂鬱』から離れ、新たなお題目で批評させていただきたいと思います。


次回からの作品は、

コレ。

fate.gif


よろしくお願いします。



ライヴっていいな。


『ラーメン二郎 池袋東口店』を堪能し、
正規の目的であるライヴを見に、江古田に再び舞い戻る。

江古田に戻ってすぐ、ちらりと見ましたが、やっぱり


『どっと屋』はやっていなかった。


ま、もうどうでもいいです。

二度と行かないでしょう。


ということで、ライヴです。


東京さにはたくさんのライヴハウスがあるって聞いているけど、
江古田は初めてだぁ~、という感じで、

ライヴハウス『クラブドロシー』に初入場。


入ってみての印象は、


狭っっっ!!!!!!!

ステージと客席の間には暗幕があり、スタートすると暗幕が
右から左へ流れ、ステージが見えてくるという演出。

ステージは狭いながらも奥域は広そうだし、そこそこ動けそう。
客席との隔たりもほとんどなく、演者と聴者が密接にライヴを楽しめそうな感じだ。

とはいえ、お客さんが多くて狭っ!!!

もー、人いきれですぐ座りたい衝動に。

見に来ている人は、ほとんど学生さんだと思われ、身内でのライヴなのかな?と思いながら、いくつかのバンドを眺める。


正直、それぞれのバンドに対してのコメントはしづらいです。


とはいえ、スルーで終わらすのも、後味が悪いので、
このブログの意義を考えて、あえて批評させていただきます。


僕が勝手に思うに、演じる者にとって重要なのは、
何を訴えたいか、だと思うんです。

自分が作った曲でもいいし、演奏のテクニックでもいい。
衣装でもいいし、好きな人への告白でもいい。

ただ自分たちが好きな音楽を演奏したいだけでもいい。


僕がライヴで見たいのは、演者の圧倒的な主張なんです。


今回見させていただいた各々のバンドは、何をしたかったのか、ライヴをして何を伝えたかったのか、僕には分からなかった。

プロを目指しているのか、それともみんなで楽しくライヴをやっていたいのか、何がしたいのか、よく分からなかった。

オリジナルの曲をやっているようだったけれど、そのオリジナルもプロになるために本気で作ったものなのか、楽しむための曲なのか?

その方向性を見せることだけでも印象は違うし、
今僕の中で渦巻く言葉たちもきちんと提言したくなります。


偉そうに書いていて申し訳ありませんが、
僕も一介の演者のはしくれとして
己を律する意味も込めて、訴えさせていただきました。



ラーメン二郎 池袋東口店


"想定外なことに『どっと屋』休業!
その後でんでんがとった行動とは!?"


そうです。池袋に舞い戻りました。


一緒にいた友人を説得(電車賃を出すということで納得)し、一路池袋へ。

狂ってる!

あなたは存在自体狂ってるわっ!

と言われても仕方ありません。


ということで、池袋に舞い戻り、行き先は、そう、

『ラーメン二郎 池袋東口店』です。

只今ご乱心中のため、強制的にここにさせてもらいました。


18時40分頃に到着し、店内を見ると、5・6名の待ち。

ほっと安堵。

松屋でおなじみの食券機で『ブタ入りラーメン(700円)』を購入。

舌ったらずな印象の店員さんに食券を渡し、十数分ほど待つ。
(そういえば、ここは食券を先に渡すシステムなのか、と後になって気づく)

ラッキーなことに一番奥の席に通され、席に座る。

カウンターにはGABANのコショウはなく、100円ショップで売ってそうな容器の中に、コショウと唐辛子、カネシ醤油が置かれていた。

ということで、『トッピングは?』と聞かれると、

『野菜増し増し、ニンニク・アブラ増しで』と言う。

友人は『野菜少なめで』(アウトロー!)だ。


出てきたラーメンがコレ。

ramenikebukuro.gif


二郎らしからぬ受け皿付き!

ふーん、確かにお客さんに女性客が多いから汚らしい感じを払拭しようというのでしょう。

店内も全体的にキレイだし。

でも、『二郎』なのだから、気にせず、汁を溢せばいい!セルフで拭きますから!!

と思ったけど、ま、汚いよりキレイな方がそりゃ、いーわな。
その配慮は良いサービスだと思います。


さ、いただきますっ!!

まず野菜を一口・・・。

ふむ、フニャフニャしてなくてしっかりとした歯ごたえがある。

けど、味しないからカネシ、かけかけ。


程よくなったところで、麺をわしづかみ!

うん、極太麺だ。しっかりとした歯ごたえもあるし、食べ応えはある。

スープも適度な脂と豚骨の旨みが良いバランスで出ている。

豚肉はきちんと切られていて、脂身も肉もほどほどに柔らかく、美味しい。


さー、一気に食べ進めましょう!!

ということで、ペロリといただいちゃいました。

総評:★★★

んー、確かに美味しいです。
しかし、二郎としてのポリシーみたいなものが希薄に感じました。
麺も普通だし、野菜も他店舗に比べても遜色ないけれど、
言うなればスープが少々上品か。野性味がないというか。
女性客も視野に入れた店作りという風合いでした。

二郎好きには少々物足りないだろうな、とは確かに思います。
でも、全体的に見れば、池袋の中では良心的設定で良い店でしょう。

jiroikebukuro.gif

ごちそうさまでしたっ!


"お腹を満たしたでんでん。ってライヴはどうしたっ!?"

そそそ、ライヴにもちゃんと行きました。

そのことについては次回に続きま~すよ。



江古田どこだどっと屋


14日、前に一緒にやっていたバンドのボーカルが
ライヴをするということで、江古田に行ってきました。

江古田ってどこ??

って感じでしたが、調べてみると、

東京都練馬区!

池袋から西部池袋線で3駅!

・・・遠っ!!

と思いましたが、ひさしぶりに彼女のライヴを見てみたかったので
行ってきました。


そして、遠出するのだから、ラーメン狂としてはやはりご当地ラーメンを食べるしかねぇわけですよ!

そして調べてみると、江古田には、

『どっと屋』

という『ラーメン二郎堀切店系』の関連店が有名らしく、そちらに行ってみることに。


知らない土地は得てして迷いやすい。

入念に地図を調べてから散策する。


南口を降りると、すぐさま商店街。

前に行った荏原中延に雰囲気は似ている。

そして地図を頼りに歩いていくとすぐに見つかる。

dotya.gif


着いたのは17時ちょい過ぎ。

このお店の営業時間は17時から。

『ちょうどい~や~』と思ったら・・・・・・


・・・・・・・開いてない。


今日定休日??

いや、定休日は月曜だ・・・・・。


仕方ない、17時30分まで待つか・・・・・。


と思い商店街を散策。

olive.gif



・・・・・・・・

エキセントリックなヘアカット店の看板を発見。

やるな。

さすが『臨死!!江古田ちゃん』の舞台だけありますね。

rinshi-ekoda.jpg


そして17時30分になってもう一度再訪。


・・・・・・・開いてない。


待て!中からラジオの音が聞こえるっっ!!!

じゃー、やる気はあるんじゃないかっ!?

よし、18時まで待ってみよう。


ということで、寒い(身も心も)思いをしながら、コンビニとかゲーセンとかに立ち寄りながら、18時に再々訪。


・・・・・・・・開いてねぇ!!!!


ファッキン!!!!


ということで、このお店にTERU!!

プル縷々ルルウルルウルルルルルルルッルル・・・・・・


・・・・・・・・・・出ねぇ!!!!!!!!


ファキーーーーーーーーーン!!!!!!!!


koume.jpg



"どっと屋が想定外の休業!!どうするでんでん!!
ライヴの時間まであと少ししかないぞ!!!"


ってことで次回に続くゥゥ!!!




休みだぁぁぁぁ!!!


ということで白い日にお休み。

8日ぶりの休み!


ヽ( ´¬`)ノ ヤタ~!!


ということで、せっかくの休みに突入する夜はハッピーに過ごしたいと思い、

コレ買った。

slamdunk.gif


スラムダンク完全版の21巻。


あ~もう21巻まで買っちゃったかぁ・・・・・。


毎週金曜日に仕事が終わって、帰り際に本屋に寄り1巻ずつ買っていたのです。

(今回はご褒美ってことで買っちゃいましたけど。)

このスラムダンクを読みながらビールを飲み、何か一品をつまむ。

これが幸せなんですよ~。


しかし、もう21巻。

桜木花道

『ヤマオーはオレが倒す!!by天才桜木!!』

だって。

うは~、続き気になる~(知ってますけどね)

早く読みたい!けど、終わってほしくない!

という気持ち。


んんん。

さ、今日もやることいっぱいだぁ!

まるっと楽しまなきゃ!!







皆さん納豆ダイエットしてますか?


aruaru.jpg

高校生の頃から体重がほとんど変わらず、

最近も『痩せた?』と言われます。

これも納豆ダイエットのおかげかなぁ??


ということで、最近ハマッた納豆があるんです。

コレ。

nato.gif


会長賞よ!?

紙包装だゾ・・・・?

一粒一粒が大きくて食べごたえがあって美味しい。
2コで135円。納豆のわりに高いのです。

納豆で贅沢してます。


せっかく高い納豆なので、


nato2.gif


玉子の黄身と刻んだネギ。

これに美味しい醤油を注いで、
美味しく炊けたご飯と一緒にいただきますっ!

仕事上がりにいただくご飯も美味しくなくちゃねっ!!


そういえば、納豆で思い出したのだけど、

アンパンマンで納豆マンっていうのがいたんです。

ワラの形状をしていて口から納豆を放出するという荒業。

それもなかなかにエグい攻撃ですが、

なにより衝撃的だったのは、

その場で一緒に戦っていたカツドンマンに納豆をぶちこみ、

katunato.jpg


『ミーは、ただのカツドンマンじゃないです!
納豆カツドンマンです!』


・・・・・・おい!最強じゃね!???





ラーメン二郎 新規店舗のご案内


日曜だというのに、朝から雨が降り、12時から最後まで仕事・・・。

日曜はたいてい長時間労働を余儀なくしているのです。
人手不足人件費って、難しい問題です。

そんな不穏で滅入りそうな空気を吹き飛ばすべく、美味しいものを作って食べる!

日曜はいつもそんな感じで乗り越えてます。

先週はカボチャを使って、煮物コロッケパンプキン・スープを作りました。

パンプキン・スープ、めちゃウマでしたよぉ!!


では、今週は!?


そう、僕は最近『ラーメン二郎』にご乱心であり、

腕の立つ料理人のチーフも蒲田『大』を食して以降、
二郎系に魅せられている。

ああいったすっげぇてんこもりぃ!のラーメンを
うちで作ってみよう!!

ということで、出来たのが、

コレ。

ramen.gif



わざわざ『肉のハナマサ』まで行って、背脂煮豚もやし2kg購入。

麺はどーしても二郎系の極太麺がない!ということで、タンメンの麺を。

調理場の面々で作り上げた会心二郎系ラーメン

背脂をここまで強調したトッピングはウチだけじゃないかな(笑)

僕のコール『野菜増し増し、ニンニク・アブラ増し』で。


お味の方は・・・

辛っ!

ニンニク辛っっっ!!

ちょいとニンニクの盛りが多すぎました。

別角度からの激辛ラーメンという様相。

しかし、スープはほぼ二郎系と言ってよい程の出来栄え。

さすが。

ただ、麺がタンメンの麺だったから、ツルツルだし、すぐに柔らかくなってしまう。

これで二郎系の極太麺だったら正しく『ラーメン二郎』でオープンできるよ!!

と思いました。


ということで、家に帰った現在もニンニクのニオイが時折香ってきます。

ramen2.gif

ごちそうさまでした。



絶望しそうだ。


2ch6336.jpg

いや、マジか!?
と思いました。

現在週刊少年マガジンで連載している『さよなら絶望先生』
アニメ化されるとの噂が広まっています。


僕は週刊少年マガジンで連載している漫画をふたつしか読んでいませんが、その内のひとつがアニメ化されるのです。

(もうひとつは『はじめの一歩』です。)

世界の『ホント』を授業する、毒入り学園ギャグコミック

と帯には書いてありますが、ホントにアニメで表現していいのでしょうか・・・?

どうせやるなら、ゴールデンでやってほしい。

『コナン』の枠外して、お茶の間に気まずい空気を作ってほしい。

ま、どうせやるのは深夜枠なんでしょうけど。


やるからにはディープな内容で届けてくれよぉ!?

カップリング中毒の藤吉さん。
fujiyoshi.gif


硬派オタクの万世橋くん。
manseibashi.gif


ちゃんと表現してくれるんだろうなぁ!?

オゥ!?

とはいえ、本当は『かってに改蔵』の頃でアニメ化してほしかった。

羽美ちゃんの残虐シーンを見せてほしかったなぁ・・・。

umi.gif




ラーメン二郎 三田本店


200703091045000.jpg

ついに行ってきたんです!

ラーメン二郎 三田本店!!

いや、ほんとに感無量な気分だったんですよ。


3月9日の晴れた日でした。

その日は昼の12時から仕事が入っていたけども、
なぜかどーしても行きたかった。

きっと僕にも二郎特有の中毒症状が出てしまっていたのでしょう。

そんなジャンキーさながら、朝の早よからラーメン食べるだけのために田町まで出向く。

10時から15時くらいまでという短めの営業時間のため、
どの時間に行っても並んでいる、という噂がありましたが、
僕が到着したのは10時10分頃、待ちは3名でした。

狭い店内で懸命にラーメンを作っているのは二郎の創始者、
『総帥』でした。

とりあえず、食券機で『ぶた入りラーメン(600円)』を購入。

待つこと数分、狭い通路を通り席に着く。

目の前で総帥が作っているのを目の当たりにすると、
そんなに熱心なファンでもないのに厳粛な気持ちに。

店を切り盛りする店員は3人、総帥と助手、もうひとり・・・

ってもうひとりは『高田馬場店』でラーメン作ってた人じゃん!

・・・・って食券拭いてるだけぇぇぇ!!!????

いや、なんというか、本店での彼の方の立場はそこなんでしょうか。

たまにする会話がなんというか、上司に合わせて迎合するようなぎこちなさが伺えた。

なんか、すげぇ。

程なくして助手の方が『ニンニク入れますか?』と聞いてきたので、

『野菜増し増し、ニンニク・アブラ増し、カラメで』と頼む。

そうして出てくる溢れんばかり(ってか溢れた)のラーメン!


温い水道水をちびりと飲み、いただきますっ!

野菜を一口・・・・・

おっ。

麺を一口・・・・・

おおっ。

豚肉を一口・・・・・

おおおっ!

美味しいっ!!


すっごい美味しいですよ、コレ!!!

今まで食べた、二郎のラーメンで一番美味しかった!

麺、スープ、豚肉、野菜、すべてが文句の付けようのない味。
キャベツが多いせいか、トゲトゲしさのない、優しい味がします。
そうして、一心不乱に食べ進めます。

・・・・が終わらぬ麺!

まだある肉!!

『まだある』、『まだ終わらん』という二郎独特の感覚もまた格別

最後まで本当に美味しくいただけました。


そうして帰り際にはもう十人以上の長蛇の列が出来上がっていました。

ということで、

総評:★★★★★

僕の中で初めての5点満点です。
多分このお店以上の感慨を持てるラーメン屋はないんじゃないかなぁと思います。

ラーメン屋ってほんとに唸るほどあるから、他にもこのお店より美味しかったり、インパクトのあるお店が、この先現れるかもしれませんけど、このお店ほどの『思い入れ』『感慨』に勝るものはないかもしれません。

『二郎を制覇しよう!』と思ってもいますが、この『思い入れ』『感慨』があるだけに、これ以上のお店は出てこないんだろうなぁ。

いや、でもほんとに美味しかったですよ。



特攻の拓っておもしろ。


wanibutisan.jpg

最近、僕の仕事場では漫画『特攻の拓』が流行っています。

彼らの発する言葉のひとつひとつが面白いんです。

でも、あの漫画をリアルタイムで読んでいた頃は
相当影響を受けていました。


誰かに呼ばれる度に、

『あ?』

とか

『お?』

とか言ってました。

中学生の頃です。


クラスで絵のうまい女子が、クラスメイトのデフォルメ絵
描いていたので見てみたら、

僕の絵は振り向きざまな格好で、

『あ?』

と描いてありました。


今まさに回顧しております。


ん・・・?


サ・・・"サバイ"よ!もう5時だぁ!?

ソクトンして寝っぞぉ!!







高田馬場 ラーメン二郎。


200703051332000.jpg

たまの休み。

いや、休みでなくも美味しいラーメンを食べに行くのが
僕の趣味なんです。きっとマイブームなんです。


ということで、3月5日は

ラーメン二郎 高田馬場店に行ってきました。


僕にとって高田馬場は非常に遠いところ。
山手線で渋谷を越えるとめちゃ遠く感じる。

それでも行くのはそこに二郎があるから。
最近二郎系にご乱心なのです。

早稲田があるだけあって学生のための飲食店が多い街、高田馬場。
この二郎もそのひとつ。

13時頃到着して、早稲田通りを小滝橋方面へ歩くこと数分。
見えた黄色い看板二郎の証

入店するも、満席ではあるが混んでいる感じはなく、
入って左手にある食券機で小ブタラーメン(750円)を購入。

奥にある地下へ向かう階段で待つシステムのようで、
そこに並んで待つ。

待つこと10分。席へ着く。

程なくして、店員さん(この時は多分店主不在)から
『トッピングは?』と聞かれるので、
『野菜多め、ニンニク多めで。』と返す。

出てきたラーメン(写真なくてすみません)。

うん、意外と普通な印象。思ったより多くない。
いただきますっ!

スープの味が意外にもあっさりしている。
もちろん脂は強いが、醤油タレが弱い

カラメ推奨

麺はまるでうどんのような食感
モチモチしていて美味しい

ブタは大きくブッタ切ったもの。
これは今まで食べた二郎系の中で最も美味しい

野菜は普通


総評:★★★☆

味にバラつきがあると言われる二郎なだけに、評価は難しいが、
もう少しパンチがある方が好み。
限りなく星4に近いが、神保町・関内・京急川崎に比べると
この日の高田馬場店は僅かに劣る。

でも、美味しかったです。

早稲田大学に通ってたら、行くね

そんで激太ってるね。






まずはご紹介。


200703040930000.jpg

今住んでいるお家にはフィギュアが2体だけおります。

フィギュアを持っているだけで引かれることもありますが、
それも仕方のないことです。僕は負けません

現在は玄関のインテリアのアクセントとして

エフェクターたちと一緒に鎮座しております。


まだ、きっと増えていく


溢れかえったら、ぜひ


キモい!!

とおっしゃってください。


え?


もうキモいって!?


!?


Fate/stay night ねんどろいど やさぐれ凛 (ノンスケールABS&PVC可動フィギュア) Fate/stay night ねんどろいど やさぐれ凛 (ノンスケールABS&PVC可動フィギュア)
(2007/02/22)
グッドスマイルカンパニー
この商品の詳細を見る


Fate/stay night ねんどろいど へたれセイバー (ノンスケール PVC塗装済み完成品) Fate/stay night ねんどろいど へたれセイバー (ノンスケール PVC塗装済み完成品)
(2006/10/20)
グッドスマイルカンパニー
この商品の詳細を見る




もはや始めまして。


これ程に放置していても僕を待っていてくれてた・・・。

今まですまなかったねぇ・・・。

僕が不出来なばかりに、こんなに長いこと、晒しものにしてしまって。


ということで、2006年夏に創めたこのブログ。

時を経て、ついに復活っ!


とはいうものの、やろうとしていることは変わりません。

お薦めの紹介や、

僕のラーメン紀行

日々の心象


などなど。


変わってしまったのは、僕ひとりでやるってことだけ。

今まで携わってきてくれた2人もそれぞれでブログ書いてます。

それもチェックしてください。

ついでに広告もチェックしてあげたら当人たちは喜ぶやも。



ということで、再出発のブログ、スタートするよっ!!

churuya.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。