■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラーメン紀行 -京都編- ⑦


『ラーメン紀行 -京都編-』最終回です。


『中華そば ますたに』で食事をした後、『正伝寺』『上加茂神社』『清水寺』と訪問。

syoudenin.jpg


kamigamo.jpg


kiyomizu.jpg



・・・・・え?

別に普通の観光には興味ない??

ですよねー。


日が沈む頃、清水寺を後に、そろそろ帰ろっかーという頃合い、『じゃあ、最後はどこのラーメン食う??』というノリに。

『じゃーどうせならもう行けそうもないとこに行っちゃえー!』ということで向かいますは、京都府と奈良県の狭間、相楽郡木津町。

一応、京都府。

郡というだけあって、田舎のど真ん中。ブルヒット。

店なんてものはほとんどなく、あるのは道と家と山。ひさしぶりに田舎の暗い夜道を走る。

地図と格闘しながら、目指す住所へ。

すると、『あったーーー!!!』と店の前を通過。

通過した時に見えた景色はあまりに異質なものでした。

mutepou.jpg


『無鉄砲 本店』

いやまさか、こんな暗闇のド田舎に40人以上も並んでいるとは・・・。


後で調べたことによると、元々は奈良にあった本店が移転したとのこと。

いや、それにしてもなぜにこんなトコ!?

それでも並ばせるのだから凄い人気ですね。

これは期待に胸が膨らみます。


こちらのお店はログハウス仕立てな上に、待合所や子どもの遊び場まで用意された、今までのラーメン屋では見たことのない充実な施設

店主の心意気が見られますね。


並び始めてから、ゆるゆると行列を消化。捌けの回転は良いとはいえ、40人強の並び。おいそれと中には入れません。

待ち始めて40分ほど経過した頃、ログハウス前にあるイスまで辿り着いたところで、食券を購入。

ここは『トンコツラーメン』が看板メニューのようですね。
期間限定で『○○醤油ラーメン』というのがあるようで、今回は『秋刀魚の醤油ラーメン』とありました。

前回は『めひかりの醤油ラーメン』だったようですが、さすがに常連には成りえない場所にあるので、ここは無難に『トンコツラーメン+替玉(700円)』を。

事前に『麺の固さ』『ネギの増減』『スープの濃さ』を聞かれ、僕は『麺固め、ネギ多め、スープは普通』で。

これも後になって知ったのですが、スープは魚介系とのWスープが自分の好みの分量でできるそうです。

んー、惜しいことをした。


50分経過し、僕らはテーブル席に着き、多くのサイン色紙を眺めながら、出来上がりを待つことに。

それにしても、サインを書いている有名人らしき方、誰一人知らないんですけど・・・。

おそらく、関西の有名人なんでしょうかね。


さて、待つこと1時間。

遂にできたのがこれだっ!

mutepou2.jpg


暗くてよく見えないかもしれませんが、このスープ、濃厚×2くらいの濃さ。

1日目に食べた『天下一品』を彷彿させます。


ではいただきますっっ!!


そのスープはまさに特濃厚

トンコツが砕け、髄が溶けるまで煮込むという徹底された凝縮トンコツスープ。

確かにトンコツの髄が染み出てるっ!と思わせるその味わい。そこに、微かに魚介系の味もする。一応Wスープのよう。その配分は如何ほどか定かではありませんが、確かに、トンコツラーメンとして満足する味。


麺は普通のちぢれ麺。ドロリとしたスープに絡む絡む。

チャーシューは一般的サイズ。味付けは程よい醤油タレが効いて美味しい。

けど、二郎で慣れてしまった僕は物足りない贅沢病。


そして、特筆すべきはテーブルに置かれた食材。

『紅しょうが』『すりごま』『からし高菜』『ニンニク醤油』など、充実したサービストッピング。

特に『からし高菜』と『ニンニク醤油』は入れてみると、ニヤリとしてしまいました。味の変化を楽しむこともできるのは良いですね。


総評:★★★☆


確かに『トンコツラーメン』の真髄を体言しているような、美味しいラーメンです。

そして、このお店の特徴は『接客サービス』です。

食べ進めている途中で、店員さんが『スープの濃さはいかがですか?』と尋ねてきたり、帰る際にはお見送りもしてくれる。

行き過ぎたサービスは時折うざったいこともありますが、ここのお店のサービスはどこをとっても嫌味な感じはありませんでした。


辺鄙なところにあるからこそ、来てくれたお客さんに対しての気持ちの良いサービス。

それがリピーターに繋がる。


京都が誇る有名店は粋な心意気がありました。




さて、これで『ラーメン紀行 -京都編-』はお終いです。

次回からは関東に戻ってからのネタをお送りしようと思います。


それにしても、京都で食べたの『ラーメン』『いなり寿司』『チーズ』だけだよ・・・・・。

なかなかに狂った食事だったなぁ・・・。


それでも、充実した京都旅行を楽しめたのは良かったですね。


スポンサーサイト



ラーメン紀行 -京都編- ⑥


まったきたよー☆

一乗寺!!


マジ、車すげぇ便利!

僕も運転練習して、車移動できるようにしたいと思いましたね。


さて、再び一乗寺に来訪し、目指したお店はここ!

masutani2.jpg


『中華そば ますたに』

『天天有』『高安』に並ぶ京都では昔からの有名店のようですね。


店外に2・3人の待ちを確認。その後ろについてみると、調理場が見え、作業している姿が丸見え。

調理人の後背から見ているので、超ガン見

まー、見事に大ざっぱですね。

『二郎』を思わせる、大がまから平ザルで掬いだされる目分量の麺。

入れている醤油タレも見事目分量。

そんな所作を見ながら時を過ごすと、店内に案内。お座敷に通される。

座ってからじっくり店内を見渡すと、なんとも家庭的な様相。


なによりもびっくりなのは、従業員数!

調理人を合わせれば7人!

調理人2人はまだ良いとして、洗い場に2人、レジ係に1人、案内係に1人、注文を伝える係1人。


こりゃ多すぎ。


どんなに行列になろうとも、手持ちぶさたな人が出てくるだろう贅沢な人件消費。

家族間の経営なのかなー?と思ったものの、中国人の方と思わしき女性もいたから、雇っているんだろうけど・・・。

なんというか、人が多すぎて空回りしている感はありました。


さて、そんなことを思いながら、『ラーメン 大 (700円)』を注文。

程なくして、出てきたのがこれだ。

masutani.jpg


背脂バリバリィ!!

というのは聞いていましたが、まぁ、そこまでたいした量には思えませんでした。それよりもラーメン鉢に付着した汚れの方が気になりました。

背脂をチャッチャしたのなら、鉢を拭くくらいのことはしようよ。と思いますが、『ラーメン二郎』で慣れている身としては、そんなことは目をつむります。


ではいただきますっ!!

まずはスープ!!


むむむぅ!

辛いっ!!

そんなに辛ーッ!という程ではないのですが、見た目とは裏腹になんだか辛いっ!

何故辛いのかは分からない。けど、第一印象は辛さが目立ちます。

そして、スープの味事態は正統派豚骨醤油の背脂増しってところ。特に特筆すべき美味しさを見出せませんでした。

麺はヤワヤワのドロッとした印象。

町のガテン系御用達といった赴き。


チャーシューもペラッとした一般的なもの。


総評:★★☆


以前食べたことのある和歌山県の『井出商店』に近いかも。と思いました。そちらよりも辛さが目立つ仕上がりでしたが、正直、標準的な味わい。

立地条件からして、地元の大衆食堂として利用されていたお店が、幸運にも有名店になったのだと思います。


さて、次回でラーメン紀行京都編は最終回!

最後は京都府で随一の行列店!!

これをご紹介して関東に戻ってきたいと思います。

ではまた~☆





ラーメン紀行 -京都編- ⑤


『ラーメン荘 夢を語れ』でお腹いっぱいになった頃にはもう8時近く。

ということで、京都のDQNおじさんがいたペンションで一泊。


朝目覚めるとカラダバッキバキやぞ!!という状態ながらも、『伏見稲荷神社』へ。

inarijinjya.jpg


inarijinjya5.jpg


いや~・・・・

ここすごいわ!!


何がすごいって鳥居の数がハンパねぇ!!

いろんな企業やら個人が奉納しているこの鳥居。数えるのが不可能なくらい、行けども行けども続いていました。

inarijinjya2.jpg

かわぐちかいじも奉納しているよ。


稲荷神社のキャパシティは僕らの想像を超えていました。

まさに『キツネにつままれる』というように、迷宮をさまよっているかのよう。

本気で迷う人とかいるかもなー。

inarijinjya3.jpg

いなりずしも食べたよ。


上に行けば行くほど高まる自販機のジュースの値段。

売店で働いている人はここに住んでいるのか、それとも通っているのか。

お遍路さんをしている多くの宗教がかった人たち。


様々ながこの神社にはありました。

外国人の方々はさぞかし、サプライズ!したことでしょう。

inarijinjya4.jpg

阿佐田哲也の記念碑(?)もあったよ。

麻雀会のとなっていました。


そんな稲荷神社を後に、向かいますは京都が誇る老舗家系(家庭系)ラーメン!!

次回もお楽しみに~。

バイミ~☆




ラーメン紀行 -京都編- ④


比叡山焼き討ちもせず下山すると、時刻は18時を過ぎていました。

再び一乗寺に訪れ、目指すべきお店へ向かう。


『ラーメン荘 夢を語れ』


『本当に美味しいラーメンベスト30』でも名が挙がっていたこのお店、京都の老舗有名店『天天有』のすぐ隣に構えています。

そんな、京都最高峰の激戦区に突入!!

・・・・・・・

うおぅ!

すっげぇ並んでるっ!!

最初から数えてみると、34人並んでいました。

土曜だからより多いのだとは思いますが、『ラーメン二郎横浜関内店』ばりの並びよう。

客層も近くの学生さんらしき方々が多く、観光客よりも、地元の若者が多く見受けられました。

お隣の『天天有』は19時開店ということで、そちらにはそれほど待ちはいませんでしたが、この二店はラーメン屋の行列の中でも、相当異質な混み方をしていましたね。


最後尾に並び、ゆるゆると消化されていく人波を待ち、食券を買えるタイミングになるまで1時間


どうやらこちらのお店は、先に食券を買い、助手の方に見せるシステムのようで。

僕は、『小豚ラーメン(750円)』

と、

『お持ち帰りブタ』5個。


お持ち帰り用のブタは一つ900円。これ、土・日限定の販売なので、おみやげ用も含め、5つも買っちゃいました。

えへへ。


さて、まずこの『ラーメン荘 夢を語れ』は入店からして違います。

席に着く前に、食券機の反対側にある『おしぼり』を取り、その下にあるレンゲとお箸を取る。お箸は割り箸ではなく、使いまわせる普通のお箸が用意されているエコロジーっぷり。

おしぼり入れの近くには、お店がプッシュしているらしき地元ミュージシャンのチラシ。BGMもおそらく地元ミュージシャンの音が鳴っていました。

席に着くと、二郎系列では珍しい、小柄で若く細身な店主が湯切りをする姿。

カウンター10席の店内、京都で『ニンニク入れますか?』と尋ねている様。


う~ん、なんだか感慨深い。


それにしても、お客さんのコールがなんだか控えめ。

『ニンニク入れますか?』の問いに、『はい』、『いりません』という正当な返答ばかり。

『野菜増し』などの会話になってないカオスな返答をする人は見受けられませんでした。


その所作を眺めていると程なくして、遂に『ニンニク入れますか?』と問われる。

僕は『野菜増し増しニンニクアブラで』と答えになってない応えで返す。


待つこと総計1時間10分。

出てきたのがこれだっ。

yumewokatare3.jpg


あ~・・・・・・

すんげぇ。

やっぱりすげぇや。

もー表面張力状態のスープ。

しっかり盛られた野菜とニンニク。

最高だ。


ではいただきますっ!!

まずは野菜・・・・・

って触った瞬間こぼれたっ!

どぱどぱこぼれるのでやむなくおしぼりで拭く。


気を取り直し野菜。

ん~、茹で加減は二郎的に言えば、若干茹で過ぎでしょうか。

『ジャクジャク』という水分保有量が高い食べ応え。

でも僕はこれくらいが好みなのでお構いなし。


スープ!

こちらのスープはトロリとしたアブラの主張が強い。

アブラとトンコツの旨みがじゅわっと出ています。

甘みが強いスープですね。

そーいえば、このお店は醤油は何を使っているのだろう??

カネシ醤油ではないと思うんだけど・・・。


そんなスープを受け入れる麺!

こちらの麺は本当に素晴らしいですね。

麺に切れ込みが入っており、スープとの絡みが抜群に良い。

二郎系の中太麺。ボソボソ感よりもモチモチ感が強い。

店の奥にあるEBISUの製麺機を見るとなんだか嬉しくなりました。


そして、何より凄いと思ったのはブタ!

こちらのお店はブタの種類に『ウデ』と『バラ』があり、それが2枚ずつ入っている!!

これは、僕にとって革新的というか、コロンブスの卵を見ている心境でした。

ラーメンといえば、チャーシューは一種類のみが通俗的です。

しかし、こちらのお店は2種類!!しかもふたつとも違った個性を発揮!!しかも、うんまいっ!!!


脱帽っす。


いつの間にか出ていたマルジ系御用達の甘じょっぱい『別皿アブラ』も見事。


総評:★★★★☆


京都の人が羨ましい、とちょっと思っちゃいました。

関東には本家とも言える『ラーメン二郎』がたくさんありますが、総合的な面では、こちらのお店に勝てるお店はないかもしれません。

5つも買ったお持ち帰りブタも種類を選べるサービスっぷりも良い。

関東の二郎もお持ち帰りブタ、あればいいのになぁ~。

yumewokatare4.jpg




ラーメン紀行 -京都編- ③


天下一品のラーメンを食べ、お腹も良い塩梅になったけど、どーしよっかぁ?ということに。


あ、そういえば京都ってお寺もあるよねー。


というようなノリで比叡山延暦寺へ。

京都には何度か訪れていますが、今回は初の車移動!

いくらでも遠出できるのが素晴らしい!


まだ未訪であった比叡山。

峠を登る途中、『夢見ヶ丘』なる場所に辿り着く。

yumemigaoka2.jpg


B'zも来たんかなぁ~?

などと思いつつ、車を止めると、

yumemigaoka.jpg


・・・・・・

澄んだ瞳で遠く京都市街を見つめる謎の二人。

タイトルを見ると、『ハイッ!』(Hey!)とある。


いや、『ハイッ』って・・・・

なぜこんな地に箱根彫刻の森美術館のモノが寄贈されているのか・・・?

と思って調べてみたら、


情報ゼロ・・・・・


夢見ヶ丘で調べたらいきなり、FlyingShineでてくるし・・・。


ま、とにかくそのモニュメントに何の意味があるのか解りませんが、訪れた誰もが、笑みを浮かべたことでしょう。


そんな夢見ヶ丘を後に、比叡山ドライブウェイを登りまくると、かの有名な比叡山延暦寺に辿り着く。

enryakuji.jpg


enryakuji2.jpg


enryakuji3.jpg


・・・・・・

・・・・寒いッ!!

もう5月も末だというのに、寒うござんす。

そんな延暦寺にはたくさんのお寺が集合。
(あたりまえ)

見所は多々ありますが、『大講堂』にある歴史上人物のリアルな絵画は圧巻。


でっかいのがいっぱい。


とにかく、建築も含めあるもの全てが重厚な歴史を感じさせる場所でした。



さて、次回は、

yumewokatare2.jpg


今京都で最も並んでいると思われるラーメン屋!!

遂に行ってきました。

感動もんの凄さだぜっ!!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。