■ プロフィール

でんか

Author:でんか
働いていても、心はニート!
誰の心にもニートは潜む。

↓ニコニコ動画作品。
※閲覧にはニコニコ動画のIDが必要です。

■ カテゴリー
■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ モバイルサイト
QRコード
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
■ 訪問者総数
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ラーメンゼロ


ゼロがいい ゼロになろう もう一回


『ラーメン二郎 目黒店』でお食事をしましたが、ちょーっと物足りない。

・・・ってわけではなく、目黒に訪れた理由はこちらのお店に伺ってみたかったのです。

DSCN3456.jpg

『ラーメンゼロ』


『せたが屋』ブランドの新店。

厚岸のあさりや噴火湾のホタテ、昆布、スルメ、煮干し、鶏、豚、野菜、 果物等を大量に吹いてその旨味とエキスだけでスープを作りました。

とは自社ページの言。

無化調ってのはよく聞きますが、調味料を使わないお店は初めてではないでしょうか。

そのため、ラーメン業界ではかなり話題になっている模様で、この間の『TOKYO WALKER』でも取り上げられていました。


ということで、ミーハー心に火がつく13時40分。待ちは10名ほど。

これはしばらく待つかな~?と行列に接続したら、店内からスタッフの方が現れ、

『お客さま。お一人様ですか?』

→YES,

『では、先に食券を購入してください。』


そうか、こちらのお店は食券先購入なのか、と思いながらも、券売機で『ラーメンゼロ(850円)』を購入。

食券を渡すと、

『はい、ではそちらで少々お待ちください。』

と券売機の目の前で待たされる。


なにかあるのかな~?と思っていたら、

『では、あちらの席にどうぞ。』

という。



・・・・・・・・・・・


・・・・・10人すっとばしー!?



いいんすか・・・?

こんなちっぽけな人間が、立派に社会生活をしている方々を差し置いて先に戴くなんて・・・。


と思うけれど、思うだけで口にはしないのがオレ流。

ありがたく着席。


新店らしく、綺麗な店内。

上品な内装は、万人に受け入れられやすそうな、デザイン性。

そんな店内を眺めつつ、数分後に届けられるラーメン!

zero.jpg

もうまっ白!!


ではいただきまーす!!


まずは、その素材のみで構成されたスープ!

zero2.jpg

むぉぅ・・・、淡い味が・・・。

やはり、薄い味に思ってしまうのは確か。

しかし、素材の旨味はひしひしと感じる。

塩気がなければ、味は生まれない。

調味料なし、素材の旨味だけで味がするのだ。

どれほどの量の素材を投入されてあるのだろう。

それを思うと、凄いスープだと思う。

しかし、こと『味』というものはやはり弱弱しい。

ラーメンのもつ荒々しさ、旨味の豪胆さはこのラーメンにはない。

身体を気遣う人ならば、ぜひお薦めしたいスープといえる。

しかし、健康を考えてラーメンを食べるだろうか・・・。

単純に美味いラーメンを食べたい人には向かないかもしれない。


麺!

zero3.jpg

中細丸麺。

特徴があまりない麺だ。

しかし、このくらいの細さ・歯応えがこのスープには似つかわしい。

太麺だったらスープが負けてしまうし、歯応えが硬くても個性は出ないでしょう。


トッピング!

穂先メンマと挽き肉が興味深い。

穂先メンマを使用するラーメン屋さんは少なからずありますが、これがあるだけで、非常に上品な気がしてくる。

筋ばっていることもないので、アクセントとしても、優良ですね~。


挽き肉は、旨味を演出する代物ですね。

スープが優しいので、こういった旨味が豊富なものが入っているとパンチ力が増します。

しかし、せっかく稀にみるほど優しいスープなのだから、パンチ力をつけなくてもいいんじゃないかなーと思ったり。

どうせなよなよしているなら、その方向性で突き抜けた方がインパクトある気がします。


だから、卓上にある岩塩も、プラスワンという醤油の煮凝り(?)もいらない気がする。


コンセプトがかなり明確なのだから、それを貫き通す方が潔くていいと思うんですが。


総評:★★★


すげぇっ・・・!

まるで魔法っ・・・!


というくらい、凄さは伝わってくるラーメンでした。

『せたが屋』ブランドはほんとうにインパクトのあるコンセプトをぶつけてくる。

これだけ多くのラーメン店がある中で、突き抜けたものを考案し、それを実施できることが凄いですね。



財布の中にある小銭当てクイズで正解ににじり寄る人間はもっと凄いけど。

スポンサーサイト



なんでんかんでん 東京本店


ノーマネーでフィニッシュです!


深夜にラーメンを食べるという行為。

身体的には危険。

でも心情的には食べたい!


たまにはやっちゃう!?


ということで、仕事先の後輩の運転で環七へ。

車でラーメン食べに行くってやっぱ、いいなー。

車窓からの景色が知らない街を映すたび、ドキワク感が高まる。

そんな中、今回はこちらのお店へ!

nanden2.jpg

『なんでんかんでん 東京本店』


環七ラーメンの代表格。

以前はお店の前まで行ったきりでしたが、今回は入店!


って、社長いたー!!


というか、社長だと教えてももらわなければにわかに信じ難い風貌。

『マネーの虎』で見た感じと、何か・・・違う。


とにかく、テーブル席に通してもらい、メニューを眺める。

nanden3.jpg

nanden4.jpg

なんとも・・・独特な内容。

撮り忘れましたが、酒類も豊富だし、つまみメニューもたくさん。

お酒のおつまみが多いですね。

その中でもオススメのこちらを。

nanden5.jpg

手羽先の煮込み。


とても柔らかく煮込まれ、ショウガと醤油タレの味わいがシンプルに戴ける。

たしかにビールのつまみに最高だ!


・・・・・・って、ここ環七通りだよね・・・?


そうしてしばらくご歓談の後、注文しましたのは『半熟たまごラーメン(800円)』

博多とんこつは提供スピードも早い!

nanden.jpg

マネー成立です!!


ではいただきまーす!!


と、まず鼻腔をくすぐるスープの臭い!

nanden7.jpg


決して良い匂いとは言えまい。

そんなスープをズッ!と。


・・・・・・・まじか。


いやぁ、ラーメンって進化したんだなぁ・・・としみじみ思いました。

近年現れたラーメンは旨味の凝縮といえるものばかり。

しかし、こちらの豚骨ラーメンはまるで味が薄い。

これが戦争を起こさせるほど美味しかったとはにわかに信じ難かった。


・・・が!


卓上にあるものを使っていく内に理解しました。

このラーメンは自分好みにカスタマイズしていくものなのだ、と。

普通のラーメン屋さんなら、そのお店の100%の自己表現をして提供してくる。

しかし、この豚骨ラーメンは50%くらいに留めている。

あとは、卓上にある白ゴマ、紅ショウガ、辛子高菜、ニンニク、カエシ・・・。

有料トッピングでも変化はつけられる。

そうして楽しむラーメンなのですね。

だから、最初のがっかりした気持ちはいつしか吹き飛び、いつの間にか貪り食ってしまいました。

nanden6.jpg

やっぱり替え玉はしちゃいますね!

あっという間になくなってしまう麺。

矢継ぎ早にもう一回!



お腹も膨れ、ふと我に返る。

今ので1100円になるのか・・・。

手羽先も食べた。ビールも飲んだ・・・。


これは・・・儲かっているんだろうなぁ~・・・。


さすがマネーの虎のお店。

商魂は未だ健在かと。


総評:★★☆


ラーメンとしての美味しさについては正直もっと美味しいお店があると思います。

しかし、このお店ほど商売がうまいお店は少ないと思います。

なんだかんだ、納得のいくお店ではありました。

nanden8.jpg






ラーメン麺酒場 夕凪


雨が降れば傘をさす。


ということで、『ラーメン二郎 環七新代田店』でお食事後、渋谷。

こちらのお店へ。

nagi2.jpg

『ラーメン麺酒場 夕凪』


入口狭い。

照明の落ちたバー感覚のお店。

けっこうな賑わい。

『メガ豚骨(800円)』を注文。

夜は『夕凪』という店名で営業しているらしい。

注文してから数分で、すぐ出ました~。

nagi.jpg


煮干しの匂いが強~い。

鬼干しラーメンって付記されていた気がする~。

nagi3.jpg

写真ぶれた~


nagi4.jpg

だめだ~



しっかり煮込まれた豚骨で美味しかったです。


お酒を飲みながらゆっくり出来る良いお店でした。


DSCN3318.jpg

いい名前。






・・・・・・・・・だめだな。

酔っ払って食べたものを、酔っ払いながら書いた記事では支離滅裂になっちゃうな。


内容なき思惟は空虚 概念なき直感は盲目である


しっかりしないとな~。





極楽汁麺 らすた


ラスタのなれの果ては まるで今の俺みたい


ということで、前回のあらすじとしては、『ラーメン どん』が18時オープンでうなだれた。


18時には用事があったので、今回は断念。

代替というわけではありませんが、日吉といえばのこのお店へ。

rasuta2.jpg

『極楽汁麺 らすた』


17時のオープン時に到着。先客は2名でした。

さっそく券売機にて『らすた麺(850円)』を購入。

3番の席に着席し食券を渡す。

店内は4名の男性スタッフ。ちょっとB系な方が多いかも。

らすたっていう店名ですからね。

しかし、ジャマイカンな雰囲気は皆無です。

むしろこざっぱりした家系の様相ですね。


しばらくして、出てきました!

rasuta3.jpg

海苔しか見えねぇ~!


海苔をちょちょっとどかしまして・・・


rasuta.jpg

ラスタラスタピィ~ヤ!


ではいただきまーす!!


まずはスープを!

rasuta4.jpg

こっこれは・・・!

油っこくて味が、濃い!

いや~、かな~りキツい濃さがありますね。

家系の全部濃いめって言ったらこうなるのかな?

特に油の強さが目立ちます。

油、ラードの甘みと風味は好みなんですが、強すぎな気がします。

カエシの濃さも相当なもの。

全体的に味濃いっすね~!という感じでした。


麺は!

rasuta5.jpg

黄色い平打ち麺。

チュルッと啜りこめる不思議な感覚の麺。

ツルッ・シコシコといった食感で、面白い。

染谷製麺と銘打たれた箱に入っていましたが、個性がはっきりしていて良いと思います。

ただ、麺量がむっちゃ少なく思えました。


トッピングは豪華ですね。

海苔が6枚でチャーシューが2枚。味玉半分のほうれん草とネギ。

海苔の量には圧倒されましたが、特に凄いと思えるものは見当たらず。

麺量の少なさとスープの濃さにトッピングの特性が埋没しちゃった感じです。

これなら普通のらーめんの方がしっかり楽しめる気がします。


総評:★★


家系の濃いめ!

そのインパクトはあります。

でもあまり望むインパクトではありませんでした。

油とカエシの量で味を強調されても・・・。


日吉は慶応大があるので、飲食店の激戦区。

故にラーメン激戦区でもあるようで、このお店の近くにもたくさんのラーメン屋さんがありました。

しかし、三田にある『ラーメン二郎 三田本店』のような慶應生に愛されているお店が存在していないのが現状のよう。


・・・ってことは、ここら辺に凄いラーメン屋を作れば儲かるんじゃないのー!?


でも、『ポクポクチン』は潰れちゃったしなぁ・・・。難しいのかなぁ・・・。


ま、とにかく、近々『ラーメン どん』には伺ってみたいな、とは思っています。




つけめん あびすけ


ショック!ひろみショック!!


ということで、『ラーメン二郎』のインスパイア店が日吉に出来たという噂を聞きつけ、訪れてみたら、

DSCN3281.jpg

どーん!!


なんと、久しぶりのシャッター状態。

ネット上にほとんど情報がないので、営業時間も定休日も分からない。

お手上げ。

ってことで、仕方なくこちらのお店。

abisuke2.jpg

『つけめん あびすけ』

14時5分着。待ちはなく、店内に7名ほど。


つけめん専門店って初めて。

情報によると、元住吉『はっち』というお店の店主がつけめん専門店として立ち上げ、日吉では結構な有名店らしい。

入店すると、元気の良い男性と女性のスタッフの声出しが。

全体的にしっかり教育が施された、良い接客。

券売機にて、『味玉つけめん(大盛)(770円)』を購入。

こちらのお店は並盛と大盛は同額。味玉の料金が70円なのも良心的。


食券をスタッフの方に渡すと、

『冷たい麺と温かい麺、どちらがよろしいですか?』

と尋ねてきた。

こちらは、口頭でつけめんorあつもりを選ぶのですね~。

ちゃんと尋ねてくれるのは良心的だと思います。

今回はつけめんを選択。着席ししばらく待つ。


カウンターにはイラストでつけめんの食べ方が掲載されていたり、こだわりなどがびっしり書き込まれたメニューもある。

なんとなくチェーン店のような感じですが、ひとつ目をひくものがあった。

DSCN3282.jpg

??????


あびすけと二岡と五反田の間に何があるのだろう?

モナってこと??

(今は何となく分かりましたが、どうでもいいことでした。)


うちわの謎を考察していたら、出てきた!

abisuke.jpg

イイ麺の太さだっ!


ではいただきまーす!!


まずはスープ!

abisuke5.jpg


中々の濃度と粘度がある豚骨魚介。

しっかり煮込まれていることを謳う、豚骨スープ。

確かにまろやかな甘みがあります。


節系がかなり投入されていますね。

魚介のインパクトを演出するためでしょうが、やっぱり食傷気味な感もあります。

流行ってるなぁ~といった感覚で、悪く思わないけれど、良くも思えない。


麺はというと!

abisuke3.jpg

神奈川県内で五本の指には入る太麺と謳いますが、そういうのって訝しげに思っちゃいますよね。

『蓮爾 登戸店』だろ~『麺バカ』だろ~『玉』だろ~・・・・・

・・・そんなこと考えても意味がありませんね。太いから良いってわけでもないですし。


とにかく、このあびすけの麺は確かに太く、コシがかなりのもの!

モッチリした食感で歯応えの強い麺を楽しむ。

顎が疲れるほどの食べ応え。しっかり味わえるという感覚もある。


トッピング!

abisuke4.jpg

脂身の強いチャーシュー。

かなりの柔茹でだった味玉。

太めのメンマと、問題ない味わい。


最後にスープ割りをしましたが、豚骨の旨味が堪能できる上々の味わいに舌鼓を打ってごちそうさま。


総評:★★☆


無問題。

といった感想です。

料金も味も接客も問題ない。

ただそこには無難という言葉も付いてしまうところはあります。

僕は好き嫌いがはっきり分かれるようなお店を好ましく思っているので、こういった万人が納得するようなお店はなんとも評価し難いのが正直なところです。





食後、日吉をしばし散策し、ふとサンロードを見やると、


DSCN3298.jpg

シャッター上がっとる!?

やってんの!?













DSCN3289.jpg


6時からかよ!!!!!!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。